ラリッサ駅、国立博物館、オモニア広場の映画館、ピレウス港、イスタンブール帰りの日本人旅行者に出会って、次の目的地をトルコにする@アテネ/ギリシア

【パルテノン神殿@アテネ/ギリシア(1996)】
1988年4月24日、今日は日曜日で、アテネ滞在3日目。
昨日23日は、さっそくアクロポリスの丘に登って、パルテノン神殿を見た。
あと、ハドリアヌス門、ゼウス神殿を見たが、全く記憶に残ってない。
近代オリンピックの一回目が開かれた、オリンピックスタジアムは、それなりに和んで、いい感じだったけどね。
日本も、あの伝説の東京オリンピック(1964)のスタジアムは残しておくべきだったのに…。
政治家と、土建屋の金儲けのために、あのすばらしかった国立競技場を、いつの間にか解体してしまった。
昔の国立競技場は、日本が発展するきっかけとなった、あの東京オリンピックの記念碑だよ。
その記念碑を解体して、わけのわからない、奇妙なデザインの競技場を作るとか。
いまさら東京オリンピックをやる理由なんて、もともとないわけだよ。
日本のメディアは、自分の新聞を売る(金儲けの)ためには何でもする。
新聞を売るために、戦争をあおって、国を破滅させ、国民を殺すのも平気だ。
だから、誰も必要としない東京オリンピックをでっち上げて、新聞を売りたいのだろう。
残念ながら、2020年には、新聞という媒体自体が、存在しないだろうけどね。
テレビはまだ一応、存在だけはしているだろうが、みんなが同じ競技を見て、「感動をアリガトウ!」というはずもない。
僕は麻布に住みだしたときからずっと国立競技場のスポーツセンターの会員だったので、国立競技場には愛着があった。
夏の昼下がりに、スポーツセンターの大きなマットの上で、本を読みながら、ごろごろして、うとうと昼寝をするのは気持ちよかったね。
というわけで、2020年のオリンピックをだしにして、金儲けをするために、がんばっている皆さん。
恥を知りなさい!
しかし、僕が旅をしているのは、バブル崩壊前の1988年の春だ。
このあと日本のバブルが崩壊して、経済が停滞し、景気対策のために、誰も欲していない2度目のオリンピックを開くなんて、そんな馬鹿な話は思い浮かぶはずもない。
ノートを見ると、アテネの印象として「アクロポリスの丘の下は、完全に銀閣寺道化している」と書いてある。
これは、観光客向けの店がたくさんあって、胡散臭いという意味だ。
だから、アテネの印象としては、あまり良くなかったのでしょう。
でも、観光客としては、一応見るところは見る。
24日のノートを見ると、「YMCA当たり→ホテルは休業」とある。
これを読み解くと、いま泊まっているホテルを移動しようと考えたんだね。
アテネの中心に宿を取っていて問題なのが、騒音が絶えないってこと。
これは、アテネに住んでいた人とも話したのだが、ギリシア人は、理由もないのに車に乗って、走り回っている。
その車の騒音が、町から絶えることがない。
常にうるさい。
深夜になっても、いや深夜だからこそ、車の騒音が意識される。
ギリシア人は、用事もないのに、車に乗って走り回り、クラクションを鳴らすものなんだ。
用事もないのに車に乗って街を走っているのだから、ギリシア経済は。破綻するよね。
僕のホテルは、シンタグマ広場から出ている通りに面しているので、目の前の細い道を車がひっきりなしに通る。
夜になるとうるさくてたまらない。
もう一本、道をずれれば、騒音はなくなるだろうと考えて、YMCAに行ったのでしょう。
YMCAにホテルがないと確認して、ラリッサ駅へ行った。
ここから国立博物館へ歩き、ギリシア文明の遺物を見る。
そこからオモニア広場へ歩き、上映する映画が興味深かったので、映画館へ入った(笑)。
映画はドイツ製で、ヨーロッパ人の若い観光客が、男女グループで盛り上がっていた。
正直、アテネで2番目に印象に残っているのが(一番目はパルテノン神殿)、この映画館だった。
そのために、1996年にヘルシンキから東欧を縦断して、アテネに着いたとき、真っ先にこの映画館へ行ったものだ。
次に、ピレウス港へ行ってみた。
ピレウスはアテネの外港で、エーゲ海の島々への船が出ているところ。
僕のノートには、「オモニアから、20分、30ドラクマ」とある。
ピレウス港では、島々へ向かう船を眺めただけ。
ここで日本人旅行者と出会って、ビールを飲んだと書いてあるが、すっかり忘れた。
アテネに戻ってうろうろ歩いていると、日本人旅行者を見つけたので、声をかけて、シンタグマ広場横の安食堂に入る。
彼は、イスタンブールからバスで着いたばかりだって。
イスタンブールのことは考えないわけでもないが(旅行者は常にどこかへ行くことを考えている)。
偶然アテネの町で歩いていた日本人旅行者に声をかけたら、イスタンブールから来たばかりだった。
ということは、神は僕に、「イスタンブールへ行け」と告げているのでしょう。
だったら、アテネからイスタンブールへ行く。
僕は即座に決定した。
uk greece turkey egypt kenya europe
world index
ギリシア旅行記 / greece-turkey-greece-egypt
xxx