さっそくアテネの観光に取り掛かるが、パルテノン神殿を始め、主要な観光地は歩いて回れるので、あっさりと済んだ。@アテネ/ギリシア

【パルテノン神殿@アテネ/ギリシア(1996)】
1988年4月23日、今日は土曜日だ。
昨日22日は、ロンドンの宿を出て、飛行機に乗って、アテネに着いて、ホテルを捜して泊まるだけで終わった。
考えてみれば、移動だけの無駄な日だったと言えるかもしれない。
でも、旅をするということは、移動するってことだ。
移動が面白く感じられなければ、旅自体がつまらない。
なんでも初めての経験だと刺激的で、飛行機に乗るだけでもワクワクするものだが、慣れてしまえば、退屈なものだ。
旅行代理店やインターネットを使って、アテネのホテルを予約してあって、送迎の手配もしていたら、仕事をしているようなものだね。
ドキドキするようなことではない。
どんなに手配がしてあっても、手違いが起きて予約が出来てないとか、そういうことはよくある。
ただ予約トラブルでドキドキするのでは、予約しない方がスッキリするだろうね。
ネットの画像を見て、気に入って、あるホテルを予約をしたとする。
しかし実際に泊まってみると、ネットで期待していたようなことはほとんどなく、しかも従業員が泥棒(または下品なスケベ野郎)だった。
なんてよくある話だ。
今では、ネット予約自体が、全く信用できなくて、ほとんどは期待ハズレで、泣きながら旅から戻ってくるもの。
実は、僕が予約をしないで旅をするのは、ドキドキするためなんだ。
初めての町へ着くと、送迎の手配をしてないから、空港で調べて、町へ出る方法を調べる。
いろんな交通手段があるが、その中から選ぶのだって、その場で考える。
空港には、面白そうな旅行者がいるかもしれない。
そうすれば、話しかけて一緒に行動することもあるだろう。
そういう興味深い人が見つからないにしても、町でホテルを捜すのも、これまた刺激的だね。
旅にとって、どんな宿に泊まるのかは、とても重大なこと。
泊まるホテルがキモチいいところならば、旅先の町自体が大好きになるものだ。
ところで、ホテルを調べても、ゼッタイに選びきれない。
ネットを調べれば、情報はたくさんあるが、信用できないものばかりだ。
インターネットの初期で情報が少なかったころは、誰かがどこかの町で泊まったホテルの情報が一つしかなかったなんて、よくあったもの。
すると、そこに旅行者が集まって、ワイワイ楽しく過ごした。
わかりやすく言うと、ロサンゼルスダウンタウンにあった「ホテル加宝」みたいなところだ。
ここは、部屋が広くて値段が安く、日本人街のリトル東京の近くで、日系スーパーも日本人コミュニティもあったので、とても居心地がよかった。
すると、いろんな人が集まってきた。
このホテルはなくなってしまったが、いまロサンゼルスのホテルを捜しても、ずらりとホテルリストが出てくるだけ。
ホテルの選択肢は増えたが、実質的には、何の役にも立たない。
値段が安ければそれなりだし、別に面白くもおかしくもない、退屈なホテルだらけだ。
しかし今でも、現地に行って自分で探せば、気持ちのいいホテルが見つかるかもしれないね。
旅の王道は、ホテルを見つけるにしても、自分の目で見て、スタッフと話をして、決めるってことなんだよ。
もっと大切なのは、自分の目で見て決めたら、後悔しないってことね。
だって、現地に行って自分で決めれば、それが「運命」なんだからさ。
わかりやすく言うと、インターネットで婚活するのと、たまたま出会っていろいろあって結婚するようなもの。
インターネットには、個性のない、ありふれた、たいくつな、普通の人たちしかいない。
しかし、実際に追求していくと、人間は結構面白いものなんだよ。
どこまで暴けるかってことなんだけどね。
インターネットには表面だけの情報しかないので、そんなものに頼ってはダメだ。
自分で直接ぶつかっていけば、現実には、面白いことはたくさんあるし、面白いことを起こすことも出来る。
例えば愛想の悪いホテルスタッフがいたとしても、こちらのもって行き方によっては、仲良くなることも出来る。
気が合わなければ、存在を無視することも可能だ。
さて、なぜだらだらと、インターネットの悪口を書いたかと言うと、アテネの文章を水増しするため。
というのが、アテネの観光地を見て回ったことを書いても、つまらないでしょう。
ネットには画像も歴史も、一応のことは載ってるんだし。
きれいな写真集や、ウソだらけのガイドブック、頭ででっち上げた旅行記でも読んでいた方が楽しいよ。
というわけで僕は、アテネの「ホテルアマゾン」で、午前9時に起きる。
アテネの午前9時は、昨日までいたロンドンではまだ午前7時。
シャワーを浴びて、目を覚まし、午前9時半には町へ出た。
まず、50ポンドのトラベラーズチェックを両替する。
次に観光案内所へ行って、アテネの町の観光地図をもらう。
それから向かうのは、まず第一に、アクロポリスの丘だ。
アテネの町は小さいので、シンタグマ広場からアクロポリスまでは、朝の散歩にちょうどいいくらいの距離だ。
この程度は、若者ならば、歩いて欲しいよね。
どうせ、丘を登らなければならないんだし。
夏の暑い時期は、朝早く行った方がキモチいいけどね。
アクロポリスの丘には、パルテノン神殿が立っている。
このパルテノン神殿というのは、観光客に非常に評判が悪い。
その理由は、修復工事がずーーーーーっと続いていて、常に足場が組んであったこと。
だから、きれいなパルテノン神殿の画像は、本当は存在しない。
実際に行っても、早い話、工事現場を見ているようなものだ。
ただ、足場が見えないほど遠くから眺めれば美しい。
観光写真の中には、画像に修正を加えて、足場を消したものもあるとか。
だから、パルテノン神殿自体は、それほどのことはないが、アクロポリスの丘から眺めるアテネの全景は、なかなかのものだ。
それほど大きいものではないので、見終わるのに時間はかからない。
続いて、ハドリアヌス門へ歩き、さらに、ゼウス神殿を見た。
ここはノートに書いてあるが、すっかり忘れてしまった。
ただ、その次に行った、オリンピックスタジアムは覚えているよ。
これは第1回近代オリンピックスタジアム(アテネ競技場)。
1896年の第1回大会が行われた競技場。
町の中にあるのに、誰もいなくて、ひとりで競技場の観覧席に座ったり、トラックを歩いたりした。
これは結構楽しかった。
町をあちこち歩いていると、時間が潰れるもの。
絵はがきを買って、実家の両親と、ロンドンのK君、東京のK君のお母さんに、絵はがきを書いた。
シンタグマ広場のちょっと北に、安そうな食堂を見つけた。
1人で外を眺めながら食事をしたり、本を読んだりと、時間潰しするにはちょうどいい。
この日から、だいたいここで食事をとることにしました。
通りに向いた窓側に、一人用の席があるので、町を観察するには最適だしね。
一日あれば、アテネの主要な観光地は歩いて見て回れる。
明日は、考古学博物館に行く。
アテネの外港ピレウスへ行って、観光船でも見ましょう。
島に渡って観光するには、1人では寂しい。
僕はエーゲ海の島々を見るつもりはない。
やはりエーゲ海は、カップルで来たいものだ。
まだシーズンではないしね。
そろそろ、アテネから次はどこへ行くのか、決めなければならない。
そう考えていると、神の使いがやってくるものなんだ。
それは、明日書きますね。
uk greece turkey egypt kenya europe
world index
ギリシア旅行記 / greece-turkey-greece-egypt
xxx