アテネで予防注射とマラリア薬を入手したら、無料でした。続いて、シンタグマ広場付近で、興味深い日本人とつまらない旅行者に会う。@アテネ/ギリシア

1988年5月16日、この日は、予防接種を受ける。
1980年に、天然痘は地上から根絶されたので、予防注射は必要なくなった。
コレラの予防接種も今ではあんまり重要視されていない。
ただ1987年では、海外旅行に出るときは、一応コレラの予防接種はするものだったと記憶している。
僕も日本を出る前に、コレラの予防接種は受けた記憶がある。
ただ、よほど不衛生なものを食べない限り、現在ではコレラにかかる人はいなくなった。
しかもコレラの予防接種の有効期限がたったの6か月で、今では検疫所でもコレラの予防接種は積極的に勧めてはいない。
アフリカへ行くときに問題になるのは、「黄熱病(YELLOW FEVER)」だけだ。
黄熱病の予防接種を受けてないと、入国できない国もある。
ビザを取る要件として、黄熱病の予防接種を受けるように定められていることもある。
アフリカや南米の国々では、黄熱病の流行があったりして、旅行者に現地で予防接種を強制することもある。
黄熱病の場合は、予防接種の有効期間が10年と長いので、海外旅行好きな人は受けておいた方がいいでしょう。
日本でガイドブックを信じて、その通りに予防接種を受けると、とんでもないお金がかかったりする。
予防接種も、間隔をあけてするようになっているので、スケジュールを作って注射をしなければならないとか。
でも海外では、それほど厳密ではないようだ。
ロンドンで、ケニアのビザを取った後、トーマスクックのオフィスに行ったら、予防接種のリストがあった。
アフリカへ行くというので、相談したら、予防接種のリストだけで、膨大なものになった。
しかもそれを、一日で全部射つというので、ビビッて、止めたことがある。
ケニアまで行くのが目の前に迫ってくると、予防接種はして置いた方がいいかも。
というわけで、アテネで、予防接種を受けに行った。
アテネの観光案内所で調べたのだろうか。
僕の手許の旅行ノートには、メモが残っている。
VACCINATION CENTRE
アレクサンドロス AVE. ソフィア AVE
AMBELOKIPI
バス シンタグマから3番、13番
記憶に残っているのは、市バスに乗っていったこと。
降りる場所を、いかにもギリシア人らしいおばさんに教えてもらったこと。
オフィスに入っていって、予防注射をしたいというと、なにをしたいか質問された。
僕は、コレラと、黄熱病の予防注射を受けたいと申告する。
すると、アフリカのどこへ行くんだと聞かれる。
ケニアだと言うと、「ケニアなら、黄熱病の予防接種は不要だ」と言われる。
そこを「ケニアからどこへ行くかわからないので、黄熱病は必要だ」と粘る。
わざわざ、市バスに乗っていったのに、あっさり追い返されたら、努力が無駄になるからね。
コレラと、黄熱病の予防接種をしてもらって、イエローカードをもらう。
ついでに、マラリアの薬ももらった。
料金を聞くと、なんと「無料」だと。
無料だから、予防接種を嫌がったのかと、1人で納得する。
日本で予防接種を受けたら、結構なお金がかかるので、非常にうれしかったです。
黄熱病のイエローカードは、南米を旅するときにも、非常に役に立ちました。
アテネの市街地に戻り、旅行代理店を数件回って、料金を比較する。
やはり、「エジプト航空のアテネ発ナイロビ行き、往復ともカイロでストップオーバー可」という切符がいいと思う。
ただ、予約が入るかどうかが問題。
いろいろ考えると、疲れたので、今日はこれまでにして、明日考えると決めた。
「世界旅行主義」では、「一日に一つのことをすればいい」となっている。
今日は、自分で予防接種センターへ行き、コレラと黄熱病の予防接種をして、マラリア薬をもらったので十分。
思いがけなく、無料だったしね。
いつものシンタグマ広場横の食堂のカウンターに座り、通りを歩いている日本人旅行者を見つけて、次々声をかける。
1人は「ローマの女」とメモしてある。
彼女は記憶に残っている。
ローマで旅行関係の仕事をしていて、知り合った男性と、近々ロンドンで結婚式を挙げるのだとか。
旅行関係者だと必ず面白いネタを持っているものだ。
彼女は日本人の中年男性にお願いされて、ローマのある種の女性を紹介した。
日本人男性が、イタリア女性とお付き合いしたあとで、約束の料金を値切った。
イタリア女は値切られたので泣き叫ぶし、男性は話がわからない人で、その場を収めるのが大変だったとか。
でも、旅先の話としては、変わっていて、面白かった。
あと、「ニューヨーク男」とメモしてあるが、これは多分、普通の人だったのでしょう。
全く記憶に残ってないからね。
次の「千葉男→頭悪し。昔のタイプ」とメモしてあるのは、文字通り頭が悪かった。
旅先での話は、どれだけ面白いネタを話せるかに尽きているわけだが、だらだら自慢話をするだけ。
その自慢話も、もともとたいしたことはない上に、オチがないんだから(涙)。
旅先で、オチのない、他人の自己満足話を聞かせられるほど疲れることはない。
そのつまらなさを、30年たったいまでも、思い出せるのだから。
ある意味、スゴイ人だったのかもしれない。
日本人旅行者の皆さんと別れて、本屋に入る。
「SINISTER TWILIGHT-THE FALL OF SINGAPORE」(NOEL BARBER)という本を見つけたので、購入。
これは、日本軍のシンガポール攻撃を、連合国側から描いたものだ。
明日は、アフリカ行きの航空券を購入する予定。
カイロ経由ナイロビ行きの往復切符は、それでいい。
問題は、予約の日付だ。
どれだけエジプトにいて、ケニアにいるのか。
ケニアからさらにアフリカを旅するのか、いつヨーロッパに戻るのか。
そんなこと、現地に行ってみなければわからないからね。
uk greece turkey egypt kenya europe
world index
トルコ旅行記  / greece-turkey-greece-egypt
xxx