明朝の出発が決定し、旅の準備をするが、旅に出たくない気持ちがあると自覚して、ギリシア正教会で神に祈る。@アテネ/ギリシア

アテネにて(1996)
1988年5月18日、今日カイロへ飛ぶつもりだったが、昨日は予約が入らなかった。
しかし、オフシーズンでもあるし、遅くとも数日うちには飛べるだろう。
準備をしながら、「トラベルブルー」が起きているのを自覚している。
すべて順調に準備が出来ているのに、急に旅に出たくなくなる症状。
特に、このアフリカ旅行には、トラベルブルーの条件が揃っていた。
まず、僕がいま出ようとしているアフリカ旅行には、はっきりした期限がない。
いつ帰ってくるのかわからない。
どういうルートを取るのか、それも全くわからない。
1987年9月に、日本から英国へ来て、いろんな旅を続けているが、一応目的があり、一つ一つの旅のはっきりした終わりが予想できた。
例えば、ロンドンでは、ケンブリッジ英検特級(CPE)受験特別クラスでの勉強生活の終わりは、CPEの受験だった。
その後のフランスからスペインへの旅、バルセロナでのスペイン語学校、アンダルシア旅行、北アフリカ旅行、ヨーロッパ旅行は、CPEの結果を待つための時間潰し。
ロンドンに戻って、試験結果を見ることで、第一段階は終わった。
もともと僕がロンドンへ来たのは、CPEの受験が目標だったのではない。
CPEは、海外に出るための理由付けの一つだった。
離婚して、南麻布の家を引き払ったのをいい機会に、一年程度ヨーロッパで過ごしてみようと考えただけだ。
一年もヨーロッパにいるためには、学校に通った方が暇つぶしできるだろう。
その、ケンブリッジ英検特級(CPE)の試験には、見事合格した。
だから、2回目のロンドン滞在から、僕の海外旅行は第二段階に入ったわけだ。
バルセロナで知り合った、日本料理店「小雪」のマスターの言葉がすべての理由だった。
「ピラミッドは見ておいた方がいい」という、ただそれだけのアドバイス。
日本に帰国する前に、エジプトへ行って、ピラミッドを見るのが、一応、この旅の目的となっている。
エジプトへ行くなら、ついでに、アテネでパルテノン神殿も見ればオトクではないか、とセコイ僕は考える。
基本的にはケチなので、ギリシアまでくれば、トルコを見るのも安い。
安ければ、それほど興味がなくても、行ってしまう。
エジプト旅行だから、アテネからカイロのフライトを調べる。
すると、エジプト航空が、カイロからさらにケニアのナイロビまで、路線を持っているのに気がついた。
そうなれば、ナイロビまで飛ぶのは自然なことでしょう。
北アフリカは旅をしたし、エジプトにも行くわけだが、この時はまだ、ブラックアフリカへは行ったことがない。
ケニアへ行っておけば、アフリカ旅行をしたと堂々と言える。
それにケニアが楽なところだったら、バスで安く陸路国境を越えて、別の国に旅してもいい。
状況によっては、ビクトリア滝を見ても、南アフリカへ行ってもいい。
それは、現地に行けば、わかる部分もあるだろう。
こういう考えだから、アフリカ旅行計画などは立つはずもない。
さらに、アフリカからヨーロッパへ戻ったら、ヨーロッパの国々を旅したいと考えている。
そうして、またロンドンへ戻り、そこから日本へ戻るかもしれない。
軽く米国を経由すれば、世界一周旅行の体裁は整えられるのだし。
まあ、いろいろ考えても、無駄だ。
考えることは、僕の旅がなにかに導かれているということだけ。
イライラする気持ちを抑えるために、朝からビールを飲んだ。
切符を頼んでいた「ヒマラヤトラベル」へ行った。
すると、明日のフライトにOKが出ていた。
カイロからナイロビも、ナイロビからカイロ経由アテネのフライトも、予約が取れている。
予約が取れたことを確認して、日本円をドラクマに両替する。
5万円のトラベラーズチェックを2枚、つまり10万円が、10万7千ドラクマに替わる。
それで航空券の代金9万8千ドラクマを払う。
切符を受け取って、間違いないことを念入りに確認する。
この時の記録を残していないが、明日正午12時に空港へ行くように言われた。
フライトは、午後1時か2時ぐらいだったのでしょう。
だから、僕はアテネを午前11時に出る。
アテネからカイロの飛行時間は、1時間半程度。
だから、まだ十分明るいうちにカイロへ着ける。
昼ごろだと、ちょっとカイロ出発の時間が遅いが、寝過ごす心配もない。
ヒマラヤトラベルを出て、本屋へ行って、ガイドブックを買うかどうか迷った。
エジプトとケニアのガイドブックは買わないと決めた。
立ち読みして、だいたいの情報はつかんだから。
それと、北アフリカを旅したときの経験で、日本のガイドブックは信用できないと判断していたからだ。
「Lonely Planet Africa」は、この時は買わなかった。
必要ならば、現地で購入できるだろう。
この時期、ギリシアにもトルコにも、日本人旅行者がたくさんいたので、エジプトやケニアでも、日本人旅行者と出会えると考えている。
彼らかの持っている、ガイドブックを見せてもらえばいい。
何かあったときのために、ドルの現金を用意したいが、それは明日、空港で両替すればいい。
アテネの町を歩いていたときに見つけておいた、日本料理店へ行ってみた。
話のネタで行っただけだが、特においしくもなく、かといって食べられないほどまずくもない、カツ丼が千円程度。
ビールも高かった。
続いてアテネの本屋を見て、「THE HUNT FOR RED OCTOBER(レッドオクトーバーを追え)」を買った。
アガサクリスティの探偵小説も、2冊ほど買ったが、タイトルは記録してない。
アテネの町を歩いて見つけた、ギリシア正教会2つで祈る。
ホテルへの帰り道に、月と金星が夜空に見えた。
神が僕を見守っている。
僕は神の導きに従うだけだ。
uk greece turkey egypt kenya europe
world index
トルコ旅行記  / greece-turkey-greece-egypt
xxx