アテネからカイロの、明日のフライトの予約を今日入れようとしたが、予約が入らず、暇潰しに悩む。@アテネ/ギリシア

アテネにて(1996)
1988年5月17日、今日中にアフリカ行きの航空券を買いたい。
昨日はアフリカ行きのための予防接種を受けて、日本人旅行者とも話をした。
日本人旅行者と話をするのは楽しいが、ちょっと飽きてきたかな。
それにしても、この時代は海外を旅している日本人が多かったんだと、本当に驚いてしまう。
この旅行記の元になっている僕の旅行ノートには、その日に出合った日本人のことがメモしてある。
覚えている人も覚えてない人もいるが、とにかく、町を歩いていれば、日本人に出会ったからね。
トルコのイスタンブールやカッパドキアで日本人に会った時は、日本のゴールデンウィークにぶつかったせいだと考えていた。
でも、いまは、ゴールデンウィークも過ぎて、夏休みにはまだまだ早い5月半ば。
ギリシアの旅行シーズンは、まだ本格的に始まってもいない。
それなのに、昨日は、シンタグマ広場横の安食堂で、通りを歩いていた日本人を3人も見つけて、次々と声をかけて、話をしたのだから。
このあと僕は、1996年にも2度目の世界一周旅行をしたが、その時代だと、日本人旅行者ははっきりと減少していた。
僕がこの「最初の世界一周旅行(1987-1990)」を書いているのは、「日本のバブル時代の海外旅行の記録」を、残しておきたいからなんだよ。
いまいくら長期旅行をしても、時代が変化してしまったから、ノリが違う。
旅先の日本人の、日本と自分の未来に対しての揺るぎない信頼、がないと、旅は楽しくないからね。
さて、航空券についてはだいたい調べてある。
最後の決断が出来ないだけだ。
航空券は、ただ買っても意味がない。
そこに予約が入ってなければ、使えない。
これからエジプト、ケニアへと旅をして、いつ戻ってこれるかわからない。
ケニアの状況も不明だ。
ケニアが居心地がいいなら、ちょっと足を伸ばして、アフリカの国を少し旅をするかもしれない。
それは現地に行かないとわからないだろう。
しかし予約を入れておかないと、予約が入らない(予約が入りにくい)恐れがある。
その感覚がつかめていないんだ。
朝から確認のために、旅行会社を当たっていった。
「ヒマラヤトラベル」「トラベルエクスペリエンス」「シーウィンドホリデーズ」「USIT」。
結局、ヒマラヤトラベルで買うことにした。
ここが一番安かったわけではなくて、話をしたおじさんと気が合ったからだ。
何度も相談に乗ってもらってたし、世間話もして暇を潰していた。
アテネからイスタンブールの航空券も、ヒマラヤトラベルで買っていたので、一応信頼できる(かな?)。
切符は3か月有効の、アテネからナイロビへの往復切符で予約変更が可能。
往復とも、カイロでストップオーバーできる。
料金は、98000ドラクマ。
1ドラクマが0.9円なので、88200円。
なお、僕の旅行記で書いている値段は、税金や手数料なんか全部含んだ、ポッキリ値段です。
海外では、日本のように、表面的に安い値段を表示して、それにいろんな料金をつける、サギみたいなことはしません。
この切符を使うことにする。
行くと決めたんだから、すぐ飛びたい。
僕の考えでは、アテネからカイロへ飛ぶのが、明日5月18日。
エジプトを一通り見るのに10日くらいかかると考えて、カイロからナイロビへのフライトが、5月29日。
ナイロビでなにをするのかわからないが、2週間もあれば、なんとかなるだろう。
現地でしばらく過ごして、ナイロビからカイロ経由でアテネへ戻るのが、6月13日と決める。
もちろんこのとおりに行くとは考えていないんだが。
予約変更可の切符なので、現地の状況を見て、フライトの日付はまた変えるつもりだ。
しかし、まず最初の、明日のアテネからカイロの予約が入らない。
このフライトは、アテネからカイロで接続してそのまま、ナイロビへ行くらしい。
それで、混んでいるのだそうだ。
どういう理由であれ、決断したのに飛べないというのは、精神的によくない。
ヒマラヤトラベルのおじさんに、出来るだけ早い予約を入れるように頼む。
明日18日がダメなら、明後日の19日。
しかも昼のフライトでないといけない。
土地勘のないカイロで、暗くなってから宿探しをするなんて、危険すぎるからね。
昼のフライトで、カイロへの到着が、まだ明るいうちでなければならない。
空港からカイロの町までも、ある程度時間がかかるだろうし。
予約が入ったときに航空券と交換で、お金を支払う約束をする。
旅行代理店に金を払ってしまったら、旅行者の立場は弱いからね。
明日の出発を今日決めるというのは、半年も一年も前から予約する日本人は、驚くかもしれない。
が、海外では普通のことだ。
日本人には「海外旅行は何か月も前から計画するもの」という思い込みがある。
それを利用して、日本の旅行会社の中には、直前の予約に「緊急発行手数料」などというボッタクリをするところもある。
僕はいつも、現地で2日後、3日後の予約を入れて、切符を買い、出発までの暇潰しを考える。
アテネでは、ぎりぎりまで出発の決断が出来なかった。
それは、ケニア旅行が怖かったせいなんだろうけどね(笑)。
軽く精神的に不安定になっていたのか、この日は日本人に声をかけたりせず、部屋でビールを飲んで、とっとと寝ました。
uk greece turkey egypt kenya europe
world index
トルコ旅行記  / greece-turkey-greece-egypt
xxx