トレド鉄道駅からアルカンタラ橋を渡ってトレド市街地へ@トレド/スペイン
1988年1月、パリ・オーステルリッツ駅からマドリッド・チャマルティン駅へ到着。
しかし、マドリッドは王宮とプラド美術館を見たら、他に何もない。
さらに、さすがに冬だったのでちょっと寒かった。
もっと暖かいはずの地中海岸にあるバルセロナへ移動しようと考える。
チャマルティン駅の切符売り場で列車の時間や空き具合を相談する。
列車を決めて、銀行へ行って、トラベラーズチェックを両替して、と考えていたら、駅の窓口でクレジットカードが使えるとのこと。
そうなれば、即、翌々日のバルセロナ行きの切符を買ってしまった。
一日空けたのは、もちろんスペインの古都、トレド観光のためだ。
マドリッドへ来て、トレドを見ないことは考えられない。
トレドはマドリッドから、簡単に日帰りできる観光地なんだから。

僕はヨーロッパ旅行は原則的に鉄道を勧めている。
ヨーロッパの文化はその鉄道によって成立しているのだから。
マドリッドからトレドなんて簡単なところを、現地ツアーの観光バスに乗って旅するようでは、旅人としては研究が足りない。
また、ローカルバスでもダメだ。

なにしろトレドはマドリッドのアトーチャ駅から列車で、たった1時間10分(注)。
途中でアランフェスの町を通るので、そこで降りてみるのもいい。
鉄道の本数も1日に10本以上もあるからね。
しかも、トレドの町はトレドの中だけを見ては、まだ不十分なんだよ。
トレドはその三方を囲むタホ川の対岸からトレドの全景を見るのがポイント。
トレド駅からの殺風景な道をたった20分ほど歩いていって、左へまわりこむと、前方にトレドの町が浮き上がってくる。
タホ川にかかるアルカンタラ橋を渡って、トレドの町へ入る。
これがトレドの正式の入り方なんだからさ。
トレドには、日本でも人気のあるエル・グレコの美術品も多い。
町並みは中世のままで、道が細くて、大型の車は通行不能だ。
歩いてまわるには、ちょうどいい大きさかな。
僕のトレドの記憶としては、スペイン市民戦争(1936−39)の時のトレドの包囲戦を、昔の戦争記録映画で見た記憶がある。

この時は、共和国軍がトレドを包囲攻撃して、それをフランコ軍が守りきったという戦いだ。
その歴史はアルカサルの中の博物館で知ることができる。

【旅行哲学】トレドを歩いて、まだ市民の自由や共産主義が信頼されていた時代のことを想うのもいい。
注:現在はスペイン高速鉄道(AVE)で、アトーチャ駅から35分で行けるようです。往復割引あり。

21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記目次』 / 一等ユーレイルパス21日間の旅(1988/09/12-1988/10/03)

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS(1988/09/03-1988/09/12)

europe asia world index 東欧縦断旅行