トップデッキトラベル@アールズコート/ロンドン

日本人の共通する特徴は、日本国内で生きていくうちに培われた日本的な感性だね。
それは、何か失敗したら恥ずかしいので、常に計画を立て、予約をするってこと。
普通の日本人だと、旅に出る前に考えることは、トラブルを避けることだけ。
すべて計画通りに、日本で計画し予定したとおりに旅が終わることが、日本人の旅の目的になる。
だから、長期個人旅行をする人も、「海外で安い切符が買えないと大変だから、全部日本で切符を買っていこう」と、世界一周航空券を購入して、あらかじめ旅行コースを決定しておこうと考えたりする。
また、旅先で誰も友達になれなかったらさびしいから、日本から誰かと一緒に旅に出よう、なんて旅行の同行者を募集したりする。
でも、これは(切符を予約しておくのも、旅行同行者を捜すのも)、大間違い。
世界中どこでも、安売りの切符はある。
なぜって、極東の島国の日本人よりも、他の国の人たちは外国旅行がもっともっと日常的なことで、世界中に安い切符がないほうがおかしいからだ。
例えば、ロンドンのアールズコート、ここはオーストラリア人のバックパッカーの集合地だ。
地下鉄の駅を出れば、そこには、安売り切符屋があって、世界各地への料金表を店の前に示している。
もちろん、表の通りの値段かどうかわからないので、店でいろいろと聞いて、条件の合う切符を入手すればいい。
学生なんかだと、学割が効いて、極端に安く切符が買えることもある。
僕は、やはり日本人でけっこう心配性なので、ロンドンでは大手の「トレイルファインダー」という大手旅行代理店で切符を買う。
ある町からどこへ行こうか迷っている時、旅行代理店へ行って、安い切符のあるところへ飛ぶというのも、個人旅行の楽しいところだよね。
(注)
例えば、このボードには、ロンドンからの片道切符では、
東京まで、295ポンド
バンコクまで、245ポンド
メキシコシティまで、185ポンド
イスタンブールまで、99ポンド
リオデジャネイロまで 299ポンド
ロサンジェルス138ポンド/往復269ポンド
ニューヨーク 102ポンド/往復168ポンド
などと書いてある。
もちろん、この値段で確実に、すぐに買えるというわけではないので、この値段ですぐに飛べるというわけではないんだけどね。
旅行同行者を募集することについては、また別に書きますけどね。

【写真】アールズコートのトップデックトラベルの世界各地への航空券の料金表
【旅行哲学】世界中どこでも、そこに行けば、安い切符は存在する。
italy france uk
east europe route
一等ユーレイルパス21日間の旅
europe
index worlld list
london-scotland-international house

xxx