『ボルドー(Bordeaux)からローカル鉄道でサンテミリオン(Saint Emilion)へ往復する』@フランス
1988年4月8日にマルセイユからボルドーへ到着した。
宿は、ボルドー駅前の安宿に飛び込みで決める。

1泊シングルで1泊84フラン(約2千円)。
このホテルでは、部屋にトイレとシャワーが付いていたから、ナットクの値段。
この時期は、1フランスフランは25円弱と考えていい。
ホテルの若いマネージャーが、コンピューターを導入したばかりらしい。
レシートなどを打ち出すように試行錯誤中だった。
それを眺めて、褒めながら、冷やかすのが面白い。

僕はこの時、ヨーロッパから一度アフリカへ行って、北アフリカを横断した(北アフリカ旅行記)後だった。
北アフリカ、チュニジアの首都チュニスからローマに飛んで、イタリア、フランスを通って、ロンドンへ行くまでの旅の途中だ。
イタリアでは、ローマ、フィレンツェ、ピサ、トリノ、ミラノ、ヴェローナ、パドバ、ベネチア、ジェノバと町を訪れた。
フランスに入って、ニース、モナコ、マルセイユ、ボルドー、トゥール、カーン、シェルブールと移動する。
このあとは、シェルブールから、フェリーで英国のポーツマスへ入ることになるんだけどね。
その旅で、ボルドーに滞在していた時の話。
ボルドーといえば、普通思いつくのが、ワインの名所ということ。
だから、近くのワインで有名な町へでも行ってみようと考える。

1988年4月9日午前9時15分に起床、シャワーを浴びてすぐ町へ飛び出す。
ボルドー駅で、サンテミリオンへの鉄道時刻表を確かめる。
午前中はボルドー市内観光と決めた。
まずRUE DE MARMEを通って、カトリーヌ通りへ歩いた。

ここが歩行者天国になっていた。
ジロンド記念塔は横の噴水が見事だった。
サンタンドレ寺院の塔は、もう少しゆがめばガウディになっていた。
ガロンヌ川にかかるピエール橋の欄干の照明装置が面白かった。
ブルゴーニュ門は汚い。
サンミシェル教会は、これは塔がガウディしていた。

このように、午前中にサッとボルドーの町のポイントを見て歩いた。
午後は、ボルドー近くのワインで有名な町「サンテミリオン(Saint Emilion)」へ行くつもりだ。

ボルドーからサンテミリオンへは13:20発、13:54着のローカル列車があった。
戻りの列車は、サンテミリオン18:42発で、ボルドーには19:30着で、この後はない。

サンテミリオン行きの列車に乗ると、ガラガラだった。
サンテミリオンの小さな駅で降りたのは2人だけ。

サンテミリオンの駅から、サンテミリオンの町(村?)まで歩いていく。
多分、30分弱で着いたと思う。

村には、一応観光客向けのレストランや土産物屋もある。
列車を降りた人は少なかったが、サンテミリオンには結構な数の観光客がいた。
ほとんどの観光客は、車で来ているようだね。
道を歩いていると、ワインセラーを見るツアーがあって、無料だったので参加する。
ワインが出来るまでの工程の説明をしてくれる。
ヒヤッとした、穴倉ワインセラーに入ったりする。
その後は、当然ワインの試飲がある(無料)。
そうなると、せっかく来たのだからと、ワインを買うことになる。
僕はワインの味もわからないので、値段を見て決める。
確か、安めのスパークリングワインを買ったと思う。

町を見て、少し遅い昼食を取る。
ゆっくりしていて気が付いたら、ボルドーへ戻る列車に遅れそうになった。

慌てて駅まで、また30分、早足で歩く。
サンテミリオンの駅はがらんとしていて、ホームにも人影がない。

午後6時42分の列車を逃したら次の列車はないよ(笑)。
だから、かなりドキドキしながら待っていた。

やっと列車が着いたが、サンテミリオンから乗ったのは僕1人だった。
つまり、列車でボルドーからサンテミリオンを往復する人はほとんどいないってことだろうね。

無事に午後8時前にボルドー駅に到着。
僕のホテルは駅前なので、まだふらふらする時間はある。

駅前にあった旅行代理店(AGENCE DE VOYAGE)に書いてあった、パリから世界各地への往復航空券料金をメモする。
せっかくですからそのメモを公開しましょう。

パリ〜モントリオール    2100フラン
パリ〜ボストン       2775フラン
パリ〜ニューヨーク     2000フラン
パリ〜マイアミ       3560フラン
パリ〜ロサンゼルス     4170フラン
パリ〜サンフランシスコ   4170フラン
パリ〜バンクーバー     4965フラン
パリ〜ハワイ        5890フラン

ただしこれは、1988年4月のパリからの往復料金です。

駅へ行って、明日の列車の時刻表を調べる。

明日はボルドーからトゥールへ向かう予定だ。
使える列車は、4本ある。
09:27→12:06
11:26→14:10
11:47→14:17
13:00→16:36

まあ、朝9時27分の列車に乗って、正午ごろにトゥールへ着けばいい。
トゥールで宿を見つけて、ロワール川沿いの古城でも見て、それからのことを考えよう。
注:「Lonely Planet」によると、ボルドーからは、周辺のワイナリーを訪れるツアーがあって、これがオススメだそうです。
italy france uk europe east europe route
index
worlld
list

xxx