再発行されたパスポートを受け取り、パレロワイヤル、ポンピドーセンター、ノートルダム寺院と歩く。@パリ/フランス


1988年10月7日。
今日は、パリの日本大使館で、再発行と合冊をしたパスポートを受け取る日。

海外旅行をしていたら、パスポートを身体から離していると、変に落ち着かない。
パスポートを預けている先が、たとえ日本大使館にしてもだよ。

今日はとにかく、大使館でパスポートを受け取るのが、一番大切なミッション。
日本大使館で、パスポートを受け取る。

パスポートを受け取るときに、もちろん内容を確認する。
再発行されたパスポートは、前のパスポートと合冊されて、パスポート番号は変わっている。

再発行されたパスポートの有効期間は、前のオリジナルのパスポートと一緒だ。
ちなみに、このパスポート再発行と合冊の手数料は250フラン(6千円弱)。

発行場所が「EMBASSY OF JAPAN IN FRANCE」となっているので、うれしくなる。
やはり、世界旅行者としては、普通の旅行好きに毛が生えた程度の素人旅行者とは、絶対的な区別を付けたいもの。

1987年9月から1990年5月までの僕の「2年8か月の最初の世界一周旅行」では、まずエジプトのカイロでパスポートの増補をした。
ここパリでパスポートの再発行、合冊。

さらに、エクアドルのキトで、増補をした。
僕の世界一周パスポートは、海外で、「増補、再発行、合冊、さらに増補」してあるわけだ。

現在は、パスポートの合冊自体ができなくなったので、僕のパスポートはとても貴重なものなんだね。
ま、これは、ただの旅行自慢なので、怒らないように(笑)。

パスポートが手元に戻ってきただけで、今日はそれでいい。
あとは、部屋に閉じこもって、ベトナム料理店のテイクアウトの料理をつまみに、ワインでも飲みながら、ベッドで寝るのが正解。

僕がこの世界一周旅行でロサンゼルスの「ホテル加宝」にいたころなら、きっとそうしただろう。
ところが、ここは「花のパリ」。
ちょっと歩くだけで、見るものはたくさんある。
ホテルはカルチェラタンのど真ん中にあるので、ホテルから外に出たら、そこはパリの中心。

パリでは、時間潰しに困ることがない。
何しろパリの町をたらたら歩いているだけで、観光をしているわけだから。

パスポートを手にして僕が向かった先は、まず、「ギャラリーラファイエット」だった。
ここで昨日見かけたバッグが気になっていたんだ。

旅行用のバッグで「BAGAJAVION」という肩掛け型のバッグ。
いま持っている吉田の「LUGGAGE LABEL」より少し大きい。

旅をするにつれて荷物が減っていって、バックパックがスカスカになっている。
すると、「大きめの肩掛けバッグ一つで長期旅行ができるのでは?」という気持ちになるわけだ。

ただ、これは間違い。
旅行経験を重ねた今では、バックパックとディパックの組み合わせに落ち着いた。

読者の皆さんも、旅に浮かれて、つい高価な、見かけのいいバッグに手を出してしまいたくなるだろう。
でも、バッグは消耗品なので、気にしない方がいい。

旅のコツは、「モノにこだわらない」ことだからね。
僕がカンボジアで出会った旅行者は、スーパーのビニール袋一つで旅してたよ。

さて、バッグは諦めて、次は、ブリティッシュカウンシル(BRITISH COUNCIL)へ行って、英国の英語学校を調べた。
僕は1987年の秋学期に、ロンドンのグリーンパークに面した一流英語学校「インターナショナルハウス(INTERNATIONAL HOUSE)」のエリートクラスで学んで、ケンブリッジ大学英語検定試験の特級(CPE)を取った

あの時は(特に試験前は)、精神的につらかった。
英国の田舎町でのんびりと英語の勉強でもしたいものだ。

試験という目的がなければ、本当に楽しく勉強できるだろう。
それに、どの英語学校にでも、すでに英検特級(CPE)を持っていれば、モテモテだろうし(笑)。

この辺で旅は切り上げて、知的な女子大生とお付き合いして、残りの時間を過ごすのもいいだろう。
僕はまだ30歳代だし、日本から来た土地持ちの(大金持ちの)娘と結婚すれば、後の人生は楽勝だろう。

ヴァンドローム広場にあるはずの「アメリカ観光協会」へ歩いたが、存在しなかった。
アメリカの情報は、アメリカで入手すればいいだけなので、行ったところで無意味なんだけどね。

日本書店の「JUNKU」へ行って、朝日ジャーナルを買った(48FF)。
朝日ジャーナルは、僕が結婚していた女性と別居した後、新橋の「養老乃瀧」で夕食を取っていたころ、必ず買って読んでいた雑誌だ。

この世界一周旅行から帰国後、朝日ジャーナルの読者欄で、「エレベーター論争」が起きた。
僕が本多勝一と論争をやって、週刊文春で4ページの記事になるとは、思わなかったけどね(週刊文春に売り込んだのは僕だけど)。

次に、パレロワイヤル(PALAIS ROYAL)からJARDIN du Palais Royalへ歩いた。
そのあと、この日のノートには、KENZOと書いてあるので、高田賢三の店を見つけたのかもしれない。

さらに、FORUM DES HALLESへ。
歩いて、ポンピドーセンターへ。

それから、HOTEL DE VILLEへ行って、最後はノートルダム寺院へ行って、祭壇に祈った。
旅人は、祈ることで神と対話し、自分の進む道を決める。

夕食は、いつものように、安ワイン(10フラン程度)を2本飲んで、テイクアウトのピザを食べる。
ノートには「白のドライなワインが好きになってきている」とあります。
パリ滞在とロンドン、アイルランド(1988/10/03-1988/10/22)
フランス/france

『21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記』

europe asia
world index
xxx