ワルシャワで宿を見つけるのに、歩き倒す。レストランに入ると、ボッタクリの連続@ワルシャワ/ポーランド

ワルシャワ市内の公園@ワルシャワ/ポーランド(1996)
1996年10月2日、腕時計で午前5時半ごろに、車掌が僕を起こしに来る。
ワルシャワに近づくに連れて、近距離の客が増えてきて、一人で占拠していた僕のコンパートメントにも人が入ってきた。
ワルシャワ中央駅に着いたのが、腕時計で6時57分。
だいたい午前7時に到着したと言いたいが、ここでも時差があったようで、現地時間は、まだ午前6時でした。
30分しか遅れなかったのだから、なかなか優秀。
僕がベラルーシのトランジットビザをもらったりしたので、一人で列車を待たせた割には、ちゃんと着いた。
さて、無事にワルシャワ駅に着いたわけだが、まずは、駅で時間を潰す。
というのが、いまからワルシャワでやることは、ホテルを見つけることだから。
そしてホテルは、あまりに、朝早く行ってもダメなんだよ。
客がチェックアウトして、部屋があくとわかってから、捜しに行かなければならない。
午前10時ごろから捜し始めればいいだろうと見当をつける。
その前にもちろん、両替が必要だ。
駅の中の両替所へ行く。
さしあたり一日分だけ両替をして、様子を見ることにする。
50米ドルは、1,270,000ズロチに変わる。
といっても、このお札が古いもので、127万ズロチは、1万の桁で切り捨てて、127ズロチとして、使われるようだ。
朝早く知らない国の知らない町について、頭の痛くなるような両替をするときは、慎重にやらないと、騙される。
だから、両替の列に並んでいる人に声をかけて、確認する。
だいたいで行けば、1ズロチは40円と考えたらいいだろう。
50ドルを両替して、現地通貨を入手して、これで一安心だ。
まずは、冷たいものでも飲みたいと、駅の中の売店で、コカコーラを買う。
言葉がわからないので、コカコーラと言って、手のひらに小銭を出す。
すると、1.7ズロチもって行った。
1.7ズロチといえば、約70円だから、結構な値段がする。
ただ、後でわかったのだが、これはボラれていたようだ。
別のところで買ったら、1.2〜1.3ズロチ(50円程度)だったからね。
僕は、「Lonely Planet Eastern Europe」を持っていて、そこには、宿の紹介もあるが、かなり値段が高い。
駅のすぐ横にある「ホテルポローニャ(HOTEL POLONIA)」へ飛び込んで、部屋を聞いてみた。
すると、「満室!部屋はない」とのキッパリした答え。
僕の体験からいうと、朝の10時に、部屋がないはずがない。
愛想のない話し方、僕を見る冷たい目つきからわかることは、「僕を泊めたくない」ということ。
それなら別のホテルを捜せばいいというわけで、次は「HOTEL SASKI」へ行った。
ここは、受付はそれほど悪くはなかった。
一応満室と言われたが、無理に昼まで待てば、部屋は開く雰囲気。
人種差別が大好きそうな、元気のいい白人の若者がたくさん泊まってるのが見えた。
日本人の中年男には居心地が悪いに決まってるので、遠慮しました。
当てにしていた2つのホテルで断られると、ちょっと心が折れそうになる。
次は、ワルシャワ大学近くの「HOTEL HARENDA」へ。
ここは大学にも近く、いろんな人種の知的な人が泊まっている雰囲気。
受付の女性も、親切そうだが、フランス語しかしゃべれない。
シングルルームはなくて、3人部屋ならばある。
僕は、3人部屋のベッド一つではなくて、部屋が一つ欲しいので、その理解を得るのに、フランス語で手間取った。
僕もフランス語はしゃべれる(フランス語検定2級を持っている)が、確実な情報を得るには、英語のほうがいい。
途中で、白人男性がポーランド語と英語の通訳を買って出てくれたので、やっと確認を取る。
3人部屋をひとりで使って、105ズロチ。
米ドルでは、38ドル、つまり、4千円程度だ。
ポーランドのホテルの部屋が、4千円では、高いね。
3千円なら、何とか我慢できるが。
しかし、ホテル2つで冷たく断られたあとだと、部屋見つかっただけでも、いいとしなければならない。
それと、ホテルを捜しながらワルシャワの町を歩いているとき、町の雰囲気が非常に悪かった。
駅の周辺のキオスクには、ポルノ雑誌がたくさん売ってある。
社会主義国のときは、もちろん禁止だったと思うけどね。
1996年は、社会体制の変化にまだ人々が馴染んでなくて、全体的に「荒れた」雰囲気だった。
それは、町を歩いただけで、人の顔つきや動作を見ただけでわかるんだ。
なにしろ僕は、2年8か月の世界一周旅行を終えて、いま2回目の世界一周の途中なのだから。
1996年の東欧は、社会が落ち着かず、荒れていた。
とにかく不安なときは、金を握ればいい。
それも、現地通貨だ。
朝、ワルシャワ中央駅で、50ドルを両替した。
ホテルが一泊38ドルもするわけだから、もっと現地通貨が必要だ。
僕は、長期旅行のときは、ドルのトラベラーズチェックをメインで持つ。
それから500ドル程度のドルキャッシュを用意する。
世界中で通用するお金は、誰がなんと言っても、ドルの現金だ。
ドルの現金なら、誰でも大喜びで受け取ってくれる。
マリオットホテル(MARIOTT HOTEL)2階にある「BANK PEKAO」へ行く。
この銀行で、持って来たドルのトラベラーズチェックを、ドルの現金にする。
100ドルのトラベラーズチェックを2枚、50ドルのトラベラーズチェックを2枚、合計3百ドルをドルの現金にする。
0.5パーセントのコミッションを取られて、298.50ドルのドルの現金を手にする。
トラベラーズチェックを現金にするときに、0.5パーセントの手数料ということは、日本でドルの現金にするよりも、有利だ。
100ドルのドルの現金をまたワルシャワ駅に持っていって、ズロチに両替すると、274ズロチ。
現地通貨をたっぷり懐にすると、少し安心する。
ホテルに戻って、10月3日、4日のホテルの予約をしてしまう。
一泊105ズロチだから210ズロチを払って、部屋を確保してしまう。
このときは、ビザカードで支払った。
これは、東欧でビザカードが使えるかどうかの、確認のためだ。
この旅で、エストニアのタリンでは、ビザカードが使えなかったからね。
町の地図でももらおうと、観光案内所へ行く。
そこで、明大4年のS君と会ったので、旅の話をしながらビールを飲む。
お店で飲んだが、ビール一杯が5ズロチ、つまり200円。
ちょっと高い感じがする。
彼は、ワルシャワのユースホステルに泊まっている。
僕がワルシャワの東洋人差別を感じるか聞いてみたら、彼もあちこちで冷たい扱いを受けているらしい。
個人旅行者同士が旅先で出会って、旅している国の不満を口にする。
これは、話は延々と続くわけだ(笑)。
次に、中華料理店へ行って、食事を取り、ワインを飲むと、ここでも料金をごまかされた(涙)。
トイレに行くと、チップを多く取られた。
気分が悪いので、別のホテルのバーへ行くと、そこでも料金をごまかされる。
僕もいろんな国に旅をしてきたが、これだけ吹っかけられたのは初めてだ。
僕のノートには、「ポーランド人はウソツキだ」と、書いてある。
ただ、懐が暖かいので、少々ぼられても、「ここでも吹っかけられた(笑)」という感覚かな。
ホテルに戻ると、HARENDAは、客層も知的そうで、ワルシャワの町とは雰囲気が違う。
まあ、ここに今日を含めて3泊するのだから、それでポーランドは十分。
下手にグダニスクなんかの労働者の多いところへ行ったら、ひどい扱いを受けそうな気がする。
まあ、今日は、話のネタができたし、感じのいい宿も見つかったからそれでいい。
明日は多分、クラクフへ行く。
せっかくポーランドへ来たのに、ワルシャワだけでは、やはり物足りないからね。
クラクフで宿を見つけようと、またごたごたするのもイヤだから、日帰りにしましょう。
観光案内所でもらった、英文の「INSIDER」というパンフレットが面白いので、読みながら寝ました。

21日有効一等ユーレイルパスでの旅・旅行記目次』(1988/09/12-1988/10/03)

ISTANBUL-BULGARIA-YUGOSLAVIA-HUNGARY-AUSTRIA-SWISS(1988/09/03-1988/09/12)

europe asia world index 東欧縦断旅行(1996)