ケンブリッジ英検特級(CPE)への道@インターナショナルハウス/グリーンパーク/ロンドン/英国

【GREEN PARK@LONDON】
離婚したのをきっかけに、傷心旅行(Sentimental Journey)に出ようと考えた。
まず僕が思ったのは、「ちょっとヨーロッパにでも行ってみようか…」ってことだった。

アメリカも考えないではなかった。
でも、そのころの僕には「米国はこれから何かをやる元気な人が行くところ。ヨーロッパは歴史や伝統を振り返って、自分を見つめる人がに行く場所」という印象があったからね。

しかし、ヨーロッパはとくかく物価が高いし、特に宿泊費が問題となる。
観光だけで時間を潰すのも大変だろう…。

そこで僕は語学学校に通うことを考えた。
語学学校に行けば、安い宿は紹介してくれるだろうし、勉強もできる。
暇つぶしができる上に、友達もできる、ってわけだ。
その合間に、見たいところをあちこち見て歩けばいい。
ただ、語学学校にすぐに入学できるのかどうか、手続きが難しいような気もしていた。
世界旅行者は物事をあんまり真剣に考えないのが、大きな性格的欠点なんだよ。
今まで適当にやってきて、適当に何とかなってきてるからね。
で、麻布十番を歩いていたら、ジャガーがスーッと止まって「あーら、先生♪」という声がかかる。
おやおや、ちょっと知っている銀座のクラブのママだよ。
ちょっと話をすると、彼女の息子が海外留学を考えているんだとか。

相談に乗っているうちに、なんとなく、僕が語学留学の手配をすることになってしまった。
といっても、名前の通った英国の有名語学学校の日本代理店に申し込むだけなんだけどね。

銀座のママはもちろん金はあるし、大切な息子のことだから、とにかく安全でなければならないという考え。
もちろんロンドンで遊びまわられても困る。
だから、ロンドンから少し離れた、ボーンマスの「アングロコンチネンタル」という有名語学学校に決める。
すると、「西本さんが息子をボーンマスまで連れて行ってくれると助かりますけど…」という話になる。
僕も英国へ行こうと考えていたので、僕が彼をボーンマスまで連れて行くことになってしまった。
ま、ここで、銀座のママは僕の航空運賃を出してくれることになったんだけどね♪

世界旅行者は自分ではもちろん、馬鹿高い留学代行業者なんか使わない。
神楽坂のブリティッシュカウンシルへ行って、調べてみる。

ブリティッシュカウンシル(東京) http://www.britishcouncil.org/jp/japan.htm

そこで話を聞くと、「英語学校は自分で行って、その場で申し込めますよ」とのこと。
それならば、自分で行くしかないよ。

だって、英語を勉強するつもりが、気が変わって旅をしたいと思うかもしれないし、またロンドンじゃなくて、どこか田舎の町に居座るかもしれないんだからさ。
とにかく世界旅行者は気が変わりやすい、つまり猛烈にワガママなんだ(笑)。

英語学校を選ぶのも、自分で直接行って、自分の目で見るのが一番間違いないんだから。
つまり、僕は留学業者のパンフレットなんか信じちゃいない。

ロンドンへ着いた最初の一泊は、ママの主張で旅行代理店で予約をして、お金も払っていた。
行ってみると、予約は入ってたが、お金が支払われてなくて、僕のカードで払った。
このときは、あとでお金は返ってきたのだが、交渉が面倒だったね。
しかも、予約をしたホテルを捜しているうちに、もっと安いB&Bを簡単に見つけていたからね。
僕が海外旅行で予約をしないのは、この時の経験がトラウマになってるからなんだよ。
ホテルは自分で見て決めたほうがいい(世界旅行主義)。
この話はまた別の機会に書こう。
翌日は歩いて、もっと安いゲストハウスへ泊まった。
それがビクトリアステーション裏のベオグラーブ通りにある、「セントジョージホテル」だった。
ロンドンの英語学校の中で一番権威のありそうな一流校「インターナショナルハウス」へ飛び込みで行ってみた。
インターナショナルハウスはグリーンパークに面した立派な建物にあって、なかなか信頼できそうなところだった。

International House London  http://www.ihlondon.com/

英語学校の受付のマニュエル氏と話をすると、なにやら語学試験のコースがあるとか。
それが、CPE(Certificate of Profeciency in English)とFCE(First Certificate in English)だった。
世界旅行者は、すでに日本で1976年に英検1級に合格していたので、もちろんCPE(ケンブリッジ英検特級)という、非常に難しい試験を受けることにする。
この試験は、普通の筆記試験のほかに、長文のエッセイは書くは、英語の討論はあるはで、まあ普通の試験ではない。
英語だけがいくらできても合格至難、もともと頭がよくなければ絶対に受からないという、英国人でも憧れの猛烈に難しい試験なんだよ。
実際、英語が母国語のスコットランド人が試験を受けてたからね。

ケンブリッジ英検については、ネットでいくらでも情報が得られますから、自分で調べてください。
世界旅行者が持っているケンブリッジ英検特級(CPE)資格とはこんなにすごい!
Certificate of Proficiency in English (CPE)
レベル5 最上級

英語を母国語とする人に劣らない英語力の持ち主であることの証明となる試験です。
英国や他の英語を公用語とする国の大学で、入学時に必要な英語力の証明として採用されている他、
世界各国の各機関で認められています。
もちろん、このコースに入れるかどうか、英語の試験があった。
それに合格する。
合格しても学校のインタビューがあって、やる気を確認される。
というのは、このCPEに何人合格させたかというのが、英国の語学学校のレベルを決定するからなんだ。

「このコースを取ると、毎日宿題が出るし、厳しいですよ」と脅される。
それに対して、「その厳しさこそ、僕が求めていたものです!」と勢いよく答えたね。
ただ、どんなにすごい勉強が待っているのか、まだ僕は知らなかったけどさ(涙)。
CPE受験の専門コースは世界各国からのクラスメートが集まるらしく、10日後くらいに始まる予定。
銀座のママの息子のKくんの学校も同じ時期に開始される。
それならば思いつくことはただ一つ、「ネス湖に恐竜でも見に行こう♪」となる。
それで、寝台列車でインバネスへ。
インバネスで車を借りて、ネスコを見ながらスカイ島のポートリーへ。
そこからフェリーに乗ってルイス島のタルバート、さらにはストロノウェイまで足を伸ばした。
インバネスから、列車でエジンバラ。
そして、ロンドンへ戻り、Kくんをボーンマスへの下宿へと送り届ける。

僕はロンドン郊外のクラプハムジャンクションという駅から歩いて5分くらいの、ハルバート婦人の家へ下宿することになった。
こうして僕のケンブリッジ英検特級コースが始まったってわけだ。

(この話は、結構続きます)
参照:《世界旅行者の持つ「ケンブリッジ大学英語検定特級(CPE)」はこんなにすごい!》

【写真】インターナショナルハウスが面しているグリーンパーク
【旅行哲学】きれいな公園がすぐ目の前にあっても、勉強しているとなかなか行かないものなんだよねー。
italy france uk
east europe route
一等ユーレイルパス21日間の旅
europe
index worlld list
london-scotland-international house
xxx