『オールドハバナからホテルへも、また違う道を通って、歩いて帰るといろんなことがあったね』

【賑やかなオビスポ通り(Calle Obispo)】
カテドラル広場から、オールドハバナの中心を通る「オビスポ通り(Calle Obispo)」を歩く。
途中でレストランを見つけたが、メニューを見ても、まともな食事がない。

何とかあるのが、スパゲッティナポリタンで1.5ドル。
MAYABEのビール「Bucanero」というのが、アルコール5.4パーセントで0.85ドル。

さて、まともなホテルに泊まる時、ビールなどは高いから、ホテルの中では買わないもの。
外の店で買って部屋へ持ち込むのが世界の常識だ。

例えば品川のホテル群の近くの酒屋やコンビニは、ホテル客で賑わっている。
ただ、キューバの場合、ホテルでMABABEを買っても1ドルだから、わざわざ買う必要がない。

ところがいま思うと馬鹿なことをしていると思うのだが、わざわざ8本も買って、ディパックに入れたよ。
それを歩いて持って帰った(涙)。

これは一つには、部屋に冷蔵庫があって、そこでビールを冷やせる♪と思い込んだせいなんだ。
でも冷静に考えれば、意味のないことだった。

僕が見た感じでは、1996年11月のハバナには、まともな料理はなかったよ。
だから、ビールでも飲まなければやってられないってことね。

【旧国会議事堂】
歩いていくと、誰が見ても国会議事堂という建物にぶつかった。
やはりこれは、昔の国会議事堂らしかった。

ここでタクシーに乗ってもいいかも…と考えたが、見つからなかった。
タクシーを捜すのも面倒だし、とにかく歩くことにした。

歩いていてタクシーが来ればつかまえればいいと考えたわけだ。
が、流しのタクシーは見なかった。

やはり日曜なのでほとんどのビジネスは動いてないんだろうか(?)。
車もイヤに少なくて、通りはガラガラだった。

メインの通り「Ave. Simon Bolivar」を歩いていると、いつの間にか、それが「Ave. Salvador Allende」と名前が変わる。
途中で何かの名所の横を通り過ぎたので、写真を撮ったが、それが何か忘れた。

【途中で見た何かの名所だと思う】
汗をかきながら、すたすた歩いていると、良く声がかかる。
「どこへ行くんだ」とスペイン語で聞かれるので、「ソロ、エストイカミナンド(ただ、歩いているんだ)」と返事する。

【ハバナ市内のビル】
世界中で良くあることだが、「チーノ(中国人)!」と声をかけられたりする。
すれ違う時に「チュ、チュ、チュン」と中国語のまねをして、馬鹿にしたりする人もいる。

そういう時は、こちらからも「チュ、チュ、チュン」と返事をする。
ただ、相手が速く歩いていると、僕が返事をしても誰も聞いてないけどね。

【ハバナ市内の壊れた?車】
朝歩いてきた懐かしい「Calle 23」に入ると、来る時に自動車が故障して困っていた男性と会った。
朝から困ったままだ。

話かけると、昔は船乗りだったとか。
「砂糖を積んで下関や横浜へ行った事がある。40日かかった」と言う。

【トレーラー式の巨大市内バス】
ハバナ市内には、市バスも走っていないことは無い。
ただそれが、いままで見たこともない巨大なトレーラーだ。

とても乗れそうにないし、ルートもわからないので、諦めた。
まあとにかく、郊外のホテルからも片道2時間程度でオールドハバナへ行ける。

だから、市街地にあるホテルならば、ハバナは十分歩いて回れるでしょう。