『ホテルペンシルバニアで会って中華料理店へ行った日本人3人は、話すだけで疲れる素人旅行者だった』

【ホテルペンシルバニアの301号室】
1996年11月21日。
メキシコシティに着いて、空港からプリペイドタクシーで「ホテルペンシルバニア」へ。

301号室(60ペソ/840円)に部屋を決めて、夕食に出る。
そのとき、ペンシルバニアに泊まっていた日本人旅行者3人と会った。

声をかけて、一緒に食事に行く。
日本人旅行者同士が旅先で出会って、一緒に夕食を取るとき。

ここでなにが起こるかわかるだろうか?
メキシコシティの安宿で日本人旅行者が出会って、まずやること。

それは、「旅先での見栄張り勝負」だよ(涙)。
旅行者のどちらが勝っているかという、バトルが始まるわけだ。

でももちろん、世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)に勝つ日本人旅行者がいるはずもない。
だって、僕は、海外個人旅行自体はすでに乗り越えているからね。

でも、僕がペンシルバニアで会った日本人旅行者3人は、まだまだ悟りが足りないようだった。
それは、顔を見ただけでわかったけどね。

僕が声をかけたのが、Aくん。
彼は、アジアの安宿によくいるタイプの旅行者、50歳くらいの雰囲気だった。

彼が言うには、30年前から旅行をしていて、もう世界中を旅したという。
僕は、彼はこの話をするのに慣れていると感じた。

つまり、「30年前から旅を続け、世界中を旅した」ということで、相手を圧倒しようと考えている。
でも僕は、ちっとも驚かない。

僕が考えるのは、「これはどこまで本当だろうか?」ということだけだからね(笑)。
僕はちょうど東欧から西欧へ旅をしてきたばかりなので、軽く東欧の話を振ってみる。

わざと、引っ掛ける話をする。
「ハンガリーの通貨は何でしたっけねー」みたいにカマをかける。

「ズロチだったかなー」と僕が言うと、すぐに引っかかって「そうそう、ズロチだ」と返してくる。
これは見事に引っかかっているわけで、もちろんハンガリーの通貨は「フォリント」だ。

ズロチはポーランドの通貨だ。
ただもちろん、これだけでは、ウソツキであるとは判定できない。

でも、全体的に怪しい人間だった。
だいたい、本当に世界中を旅していたら、どんな馬鹿でも、ある程度までは人間が出来ているはずだ。

すぐに「キミは日本に帰ったらどうするの?」という話が続く。
これは、旅先の旅行者にとっては、基本的には弱いところだ。

本格的な日本人長期旅行者は、会社を辞め、仕事を離れ、離婚をし、恋人と別れている。
その結果、先のことを考えずに、旅に出たいという情熱に駆られているだけなのだから。

だから、何年も旅をする本格的な海外個人旅行者に、帰国後の計画なんかあるはずはない。
そんなことは常識だから、本格的な旅行者は、そういう話は持ち出さないものなんだよ。

これだけでも、Aくんは本物ではないとミエミエだった。
適当にあしらっていると、次は、財産自慢を始めた。

彼は、アパートを25部屋持っていて、家賃で生活しているそうだ。
でも、その時代の安アパートだって、一部屋5万円くらいはするのではないかな。

すると、単純計算して、収入は月に百万円になる。
月に百万円も収入があるならば、メキシコシティに来て「ホテルペンシルバニア」のような、ラブホテルに泊まるか(笑)?

少なくとも、一部屋50ペソ(7百円)には泊まらないだろうさ(笑)。
Aくんは、中華料理屋の6ペソ(84円)のビールを節約して、帰りにコンビニに寄って、ビールを買った。

月に百万円の現金が入るのに、1泊7百円のホテルに泊まること自体が、おかしいよ。
レストランの1本84円のビールを飲まずに節約するなんて、有り得ない。

彼は、旅慣れていることは確かだった。
だって僕に対して、「どのくらい旅行しているの?」「日本に帰って仕事探すの?」と畳み掛けてきたのだから。

でもこれは、逆に自分の弱さを誤魔化すためのものだ。
本格的な旅行者というものは、他人の仕事は気にしないし、旅行経験を聞きだそうとも考えない。

本物はただ、面白い話が出来るかどうか、しか考えてないんだよ。
つまり、相手の言うことを最初から、全く信じてないんだ(笑)。

相手の旅行歴を聞いたり、仕事を聞いたりすること自体が素人旅行者の証明なんだね。
Aくんは、全体的にとても下品だった。

だから、僕は「お前はアジアにいればいいのに、なぜメキシコへまで来るんだよ」と考えた。
東南アジアの日本人宿でも相手にされなくなって、メキシコへ逃げてきたんだろうと、僕は思った。

次の旅行者Bくんは、Aくんとつるんで旅をしているようだった。
年齢は60歳前後で、身体が弱いのがミエミエだった。

定年退職後に旅を始めたという。
しかし彼も話すことは、「年金が月に35万円入る」という収入自慢だ。

これは1996年のこと。
ひょっとしてこの時期は、アジア旅行者がメキシコへやってくる流れがあったのかもしれないね(??)。

僕の世界旅行の経験からしても、50歳を越した日本人が、安宿に泊まっているのはいい。
でも、会ったばかりの旅行者に、聞かれもしないのに財産自慢、収入自慢をするなんて、初めてだった。

でも、Bくんも1泊7百円の部屋に泊まり、中華料理屋ではビールをケチっているんだからね…。
これも、僕はウソツキだと思った。

というのは、本格的な旅行者というものは、会っただけで、雰囲気で互いに本物だとわかる。
そうしたら、旅行国数の話とか、仕事の話とか、そういう俗っぽい話は避けるのが常識なんだよ。

Bくんは、Aくんと一緒に、テオティワカンの遺跡に行った。
でも、体力がなくて、太陽のピラミッドの上まで登れなかったそうだ。

これは本当だろうね。
でもそんなに体力がないのは、旅の経験がないってことだからね。

僕はAくんもBくんも、何のために旅をしているのかわからなかった。
正直、2人はウソツキで馬鹿な、生きている価値のない人間だと思ったよ(笑)。

でもそういう素直で純粋な気持ちは、すぐに相手に伝わるもの。
2人は、特にAくんは、僕をすっかり嫌いになったようだ。

だって僕は、旅先の日本人旅行者の「ハッタリ話」には、免疫が出来ている。
だから、最初から信じる気持ちがないんだから。

もう1人のCくんは、2人とは違っていた。
彼は、30歳くらいで、会社を辞めて長期旅行をしていた。

Aくん、Bくんのようなハッタリ旅行者とは違って、言うことは信頼できる。
これからグアテマラ経由でエルサルバドルへ行くという。

それで、僕が1989年に中米旅行した話をしてあげた。
この話が1996年なので、特に古臭いわけでもないしね。

彼は、ロサンジェルスへ行くとのことで、ホテル加宝の住所を教えてあげた。
ただ、Cくん自体は、まじめだけれど、面白い人間ではなかったね。

A,B,Cの3人と一緒に入った中華料理店も、特においしくはなかった。
中華料理屋では、一品20〜25ペソ(280〜350円)。

レストランでは、缶ビール一本が6ペソ(84円)。
でも、コンビニで買うと、テカテ一缶が3.5ペソ(50円)だ。

メキシコシティの「ホテルペンシルバニア」で見つけた、日本人旅行者3人は、みんなダメだった。
でも、ダメな旅行者と出会うことで、世界旅行者のすごさも自覚できるわけだ(笑)。

日本人旅行者諸君があまりに面白くなかったので、部屋でビールを飲むことにする。
テカテを4本(2百円)買って、部屋で飲みなおす。

ホテルペンシルバニアの巨大ベッドに1人で横になり、テレビを付ける。
チャンネルをカチャカチャ動かすと、「TRUE BLUE」というアメリカのチャンネルが映った。

その内容はというと、女性が出てきて、裸になって、とても恥ずかしい行為をしている。
寝ようと思いながら、なぜかテレビを見続けてしまう。

いつか寝込んだが、朝になったら、すっかり疲れてしまいました(涙)。
でも、これから、キューバへの切符を捜しに行きます。

EAST and SOUTH AFRICA   東欧縦断旅行1996  cuba

carrbbean west indies t&t

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 world
index

xxx