『チップを置く必要がないのに、うっかりチップを置くとルームメイクの人も困るという話』

【タオルが飾り折りにして4本もベッドの上に!】
世界旅行者は、何しろ本当に世界中を個人旅行している。
だから、海外個人旅行について、「自分自身の膨大な体験を基にして、京都大学工学部卒業の頭で考える」ことが出来る。

それで、僕の「間違いだらけの海外個人旅行」は、旅行素人だらけの旅行業界に大波紋を起こしたわけだ(笑)。
その中で、今まで旅行業界のタブーを次々に暴いた。
特に「ホテル宿泊のヒント/ルームメイドへのチップは不要」という項目は大反響だったね。

今でも、日本のツアーでは、添乗員が参加者に「部屋には1泊1ドル程度枕銭を置いてください」とアドバイスしている。
ツアー参加者が、枕元に置いたお金が、ルームメイドに直接入るのか、それとも添乗員にキックバックされるのか、それは謎になっている。

まあ、添乗員が数百円もらっても意味がない。
おそらくは別のところで、ホテル側から、サービスしてもらっていると思うね。

もちろん僕は、気の小さな日本人なので、ツアーで旅をして、添乗員からチップを出すように言われた時に反抗したりしない。
その時は、他の人と同じように部屋に1ドルづつ置いてきたよ。

日本人はチップで悩む人が多い。
ただ、レストランなんかになると、チップを払う場合は、そういう雰囲気になるものだ。

例えば、ウルグアイの首都モンテビデオで、小さなレストランに入る。
すると、ボーイはきちんと蝶ネクタイをした恰幅のいいおじさんだ。

そして、食事はどうだ、ワインはどうだと話しかけてくる。
こうなったら、ゼッタイにチップを払うことになるよ。

たとえビフテキが3ドルで、ワインボトル一本が2ドルだとしてもね。
いくら貧乏な世界旅行者だって、チップを弾んで1ドルくらいは出すよ。

さて、ルームメイドに払うチップの話。
これは、前にも述べたように、払う必要はない。

でも、ホテル料金が高くなくても、ホテルになんとなく趣があるところ。
部屋を見ても、昔はかなり高級だったろうと考えられるところ。

その国の物価が安くても、それがただ為替レートのいたずらだとわかっているところ。
本来ならばかなりの値段がしたはずのホテルに、ある時代の悪戯で、両替レートが異常に安かったりすることがある。

本来ならば身分不相応なホテルに泊まった時、緊張して、チップを払いたくなるよね。
チップを払いたい気分になるということは、チップを払ってもいいということ。

チップは「チップを払いたくなる気持ちが生まれるところで払う」という意味だからね。
旅行者と旅行している国での生活格差があるところでは、貧乏旅行者も金持ちとして振舞うべきだ。

そして、キューバもまた米国の経済制裁があって、なかなか生活は大変みたいだ。
特に、「HOTEL KOHLY」の夕食を見て、「ここには肉がないなー(涙)」と思った後ではね。

世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)は、ホテルに一泊した後、オールドハバナへ歩いていく時、部屋に1ドル札を置いておいた。
もちろん、ぽつんとテーブルに置いておいたのでは、1ドル札をもらっていいのかどうか迷う。

だから、1ドル札は取ってもいいと、わかるように置いたわけだ。
ちなみに、日本の馬鹿旅行本に書いてあるように「枕の下に置いた」わけではありません(笑)。

片道2時間かけて、オールドハバナへ歩いていって、また2時間かけて戻ってきた。
そして自分の部屋232号室に入る。

出るときに部屋のエアコンは切っておいたはずなのに、ガンガン冷房が効いていた。
そして、ベッドにはバスタオルが2本、白鳥の形に飾り折りしてあった。

バスタオルで形を作るというのは僕としては、初めての経験だったね。
次の日も、1ドル札を部屋に置いた。

戻ってくると、2枚だったバスタオルの数が4枚に増えていた!
こうなると、次の日にチップを置かないと、きっと捜すだろう。

そんな意地悪はしたくないので、最後の夜も1ドル置いた。
すると、もうこれ以上サービスがないのか、タオルは増えてなかった。

でも、「Dear Guest」というカードがテレビの上に置いてあった。
これには、掃除をした女性の名前まで書いてあったよ。

このホテルには4泊したわけだが、連続3日チップを置き続けたわけだ。
この時は、正直、もう一泊しなくて良かったと思った。

もう一泊してたら、サービスのしようがないだろう。
夜に来てもらっても困るしね。

まあ、3ドルでこれだけドキドキする経験というものもあまりない。
きっとキューバでは、特別な理由がない限り、誰もルームメイドにチップを置いたりしないのだろう。
だから、ルームメイドも困っちゃったんだろうね。
でも、自分の気持ちのままにチップを置いたらいいと思いますよ。
だからこそ、このネタも書けるわけだしね。