『メキシコシティへ到着して、ホテルペンシルバニア(Hotel Pennsylvania)301号室に決めて、日本人旅行者3人と夕食へ』

【空港のATM@メキシコシティ】
参照:ロサンジェルスからメキシコDFの往復切符(コンチネンタル航空)

1996年11月21日。
ロサンジェルスからヒューストン経由で、メキシコシティへ到着。

ホテル加宝を出たのが、午前7時。
大山さんに7番街のメトロセンターまで車で送ってもらう。

メトロセンターからブルーライン、グリーンラインを乗りついて、ロサンジェルス国際空港へ。
CONTINENTAL1510便がロサンジェルスを飛び立つのが午前9時52分、ヒューストン着が15時4分。

CONTINENTAL183便のヒューストン発が15時50分、メキシコシティ到着が午後6時だ。
入国審査、税関ともに簡単に通過して、90日の滞在許可をもらう。

空港には両替カウンターがたくさんあった。
が、ここでは僕は、シティバンクのキャッシュカードを使って、ATMから500ペソ(7千円)を引き出した。

到着ロビーに、プリペイドタクシーの窓口を発見。
もちろん地下鉄でも移動できるが、メキシコシティの地下鉄はそれほど安全ではない。

また、バックパックを地下鉄に持ち込むのは避けた方がいい。
しかも、夕方のちょうど人で混む時間だ。

タクシーの料金は、僕の行き先は「ZONE4」で47ペソかかる。
タクシーの運転手は英語も話せて、とてもマナーがいい。

行き先は「HOTEL PENNSYLVANIA」と決めていた。
このホテルは「MARISCAL通り」と「ARRIAGA通り」の角にあるという。

タクシーは特に問題なく、ホテルの前に乗り付けてくれる。
ホテルへ飛び込んで、部屋を見る。

最初に見たのが311号室だが、これは部屋が狭くて窓がない。
うーんと考えると、次に連れて行かれたのが301号室。

【ホテルペンシルバニアの301号室】
301号室は、通りを見下ろす角部屋で、とても大きい。
ベッドは縦よりも横が長くて、3人くらいは十分に寝れる大きさだ。

311号室が50ペソで、301号室が60ペソ。
この時期は、1ペソが14円と考えられるから、700円と840円。

これならば、ゼッタイに301号室の方がいい。
部屋を決めたのは午後7時を過ぎてあたりは暗いので、とにかく食事に出ようと考える。

ホテルの階段を下りていると、日本人の中年男性を見かけた。
すぐに、話しかける。

「日本の方ですかー?いま僕着いたばかりなんですが、どこか食事できるところご存じないですか?」
「いま行くところだから、一緒に来るか」

と、旅先では、話が早い。
彼も食事に行くところだったらしく、他に日本人が2人いた。

メキシコシティに着いたばかりで、気に入った部屋を見つけ、すぐに食事の相手3人を捕まえた。
これで今夜の暇つぶしが出来る(笑)。

実は、このペンシルバニアは、有名な日本人宿「ペンションアミーゴ」のすぐ近くだった。
だから、彼らに会わなければ、僕はアミーゴを冷やかしに行くつもりだったんだけどね。

この時代、アミーゴはドミで30ペソ(420円)だった。
でも、ペンシルバニアの311号室(というか普通の部屋)が、50ペソだ。

この部屋には、シャワーもトイレも、テレビも付いている。
だったら、よほどの長期旅行者でない限り、わざわざアミーゴに泊まる人間はおかしいよ。

世界中どこへ行っても、日本人とべたべた付き合いたいだけの、エセ旅行者連中が集まってるのだろう。
僕は自分でいくらでも、日本人を見つけることが出来て、また話を引き出せる。

でもまあ、アミーゴへ行って、人を捜す手間もかけずに済んだ。
彼らからは、実際に、とても興味深い話が聞けたんだよ。

なかなか面白かったので、実はこの話、10年以上出し惜しみしてたわけだ。
個人的に会った人には、話をしたことはあるんだけどね。

でもその話は、次回のお楽しみ。

EAST and SOUTH AFRICA   東欧縦断旅行1996  cuba

carrbbean west indies t&t

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 world
index
xxx