【ロサンジェルスからメキシコDFの往復切符(コンチネンタル航空)】
書類を整理していたら、なぜか、第2回目の世界一周旅行の途中、1996年にロサンジェルスで買った、航空券の旅程表が出てきた。

見ると結構安いので、こういう切符もある(あった)という話のネタとして紹介しておきます。

ロサンジェルスからキューバへ行くかどうか考えていた時、ロサンジェルスタイムズ日曜版のトラベル欄でメキシコシティ往復238ドルというのを見つけた。

すぐに、リトル東京のHISへと行った。
相談すると、この238ドルは帰国便の変更ができないとのこと。

どういう旅行になるか、いつもの通り旅行予定を立てていないので、帰国便は変更できた方がいい。

相談してみると、コンチネンタル航空でヒューストン乗換えメキシコシティ行きが見つかった。
往復211.32ドルぽっきり。
内訳は、航空券料金が178ドル、プラス税金が33.32ドル。

これだと50ドルの手数料を払えば、復路の変更ができる。
あと、帰国便のリコンファメーション(予約の再確認)が必要。

------------------------------------------------------
往路

ロサンジェルス発 午前9時40分
ヒューストン着  午後2時54分
(飛行時間 3時間14分)

ヒューストン発  午後3時50分
メキシコシティ着 午後6時
(飛行時間 2時間10分)
----------------------------------------------------
復路

メキシコシティ発 午後12時35分
ヒューストン着  午後2時39分
(飛行時間 2時間04分)

ヒューストン発  午後3時40分
ロサンジェルス着 午後5時14分
(飛行時間 3時間34分)
----------------------------------------------------

この切符をHISで買ったのが、1996年11月19日、フライトは1996年11月21日。

つまり翌々日の切符を買ったわけだ。
ロサンジェルスに限らず、世界中では、翌々日、翌日ばかりではなくて、当日の切符を旅行代理店で購入して、そのまますぐに飛ぶことはよくあるよ。

また、HISでも、航空券はその場で、目の前で発券してくれた。

一つの例として、参考にしてください。

【写真】リトル東京のHISの予約確認書の一部
【旅行哲学】旅行代理店に行けば、面白い切符があるかもしれないよね。

cuba carrbbean west indies t&t

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上
world index

xxx