『ホテルは郊外だし、食事はないし、イヤーな予感がするが、それもまた旅の面白さ(付:日本人女性旅行者のすごさ)』

【HOTEL KOHLY 232号室@ハバナ/キューバ】
僕のキューバ旅行は、ツアーという形になっていた。
つまり、往復の航空券とホテル、それに空港からの送迎が含まれていた。

ツアーとはいっても名目だけで、参加者は僕1人。
ASISツアーのおじさんは、空港で僕を見つけて、車に乗せて、僕が予約した「HOTEL KOHLY 」へと乗り付ける。

到着してみてわかったのだが、このホテルはハバナの中心からは遠い。
だって、車は全く市街地を走らなかったからね。

周囲はごく普通の住宅街という感じがする。
ホテルは、豪華でもなく古くもなく、ほとんど印象に残らないビジネスホテルレベル。

チェックインして、232号室に入る(写真参照)。
部屋はごく普通の設備が整っている。

エアコン、テレビ、ホットシャワー、トイレの付いたツインだ。
ただ、エアコンは部屋ごとについているので、ホテル全体の設備としてはたいしたことはない。

四つ星のホテルというので予約したが、実は三つ星だった。
でもまあ、星によるランク付けはいろいろあるので、意味はないけどね。

それではひどいホテルかというと、一応プールもあるし、トレーニングルームもある。
サウナもツアーデスクもある。

フロントロビーには宿泊者の記入する重々しいノートが特別な見台の上にあった。
それを見ると、日本人の女の子が友達同士で泊まった記念の書き込みがある。

「ドラえもん」の絵があって、その横に「キュッキュッキュ、キューバ♪」とマンガ文字で書いてある。
日本の女の子は、キャッキャ言いながら、世界中を旅しているわけだ。

それに対して、日本人男性は気が小さい。
日本人男性は、とにかく情報を集めまくり、心配をしまくって、やっと旅したところを中途半端に自慢している。

女の子は度胸があるので、普通にとんでもない国々を旅しながら、それを普通のことと考えている。
旅先で女の子と話をしていると、普通に見える女の子が、信じられないような旅をしていたりする。

僕は日本女性と話をして、「これはとてもかないません…(涙)」と驚いたことが、何度もあった。
僕がまず思い起こすのは、1996年にナイロビで出会った女の子だった。

彼女は、エジプトから(そのころスーダンが通れなかったので)イエメンへ飛んだ。
イエメンからは船でエチオピアへ、そのまま陸路国境を越えてケニアへ。

それからケニア北部の危険地帯をトラックに乗って旅をして、ナイロビまで来ていた。
僕もエチオピアのビザまで用意していたが、ケニア北部は危険だというので行かなかったんだ。

この時は、他にも、ザンジバルで泥棒にあってもめげずに、ジンバブエへ行って英語学校へ通う日本女性。
ムンバイ(インド)から往復切符でケニアへ飛んできて、南アまで陸路で下る女性。

ジンバブエからガーナへ飛んで、西アフリカをぐるりと回ってきた女の子。
とも、イクバルホテルの一号室で話をした。

旅先で出会う日本女性は話をしていても個性的で、自分の考えを持っている。
それに対して、日本人男性というのは、本当に計画ばかり立てている気の小さい人間ばかりだ。

正直な話、僕は僕以外の日本人男性が全部いなくなってもいいと思う。
日本国は、日本女性だけの方がうまく運営できるだろうね。

ホテルの夕食は13ドルの食べ放題(ビュッフェスタイル)だが、メインディッシュがない。
つまり、肉料理がない。

キューバはサトウキビで有名だから、お菓子は多いけどね。
それと果物も多い。

でもこれは、朝食のビュッフェだよ。
この雰囲気では、食べ物は期待できないね。

ホテルのカフェで、MAYABEビールを一缶(1ドル)、ガス入りのミネラルウォーター(1ドル)を買った。
この時期、1米ドルは外国人用の特別貨幣の1ペソと等価だった。

実勢は1ドル=9ペソだという話もあった。
ただおそらく、この調子では、現地では買うものがないだろうね。

それよりも食事のことが心配だった。
でもまあ、この時期のキューバに来ただけでいい。

キューバの情勢を、世界旅行者らしい目で観察してみましょう。

EAST and SOUTH AFRICA   東欧縦断旅行1996  cuba

carrbbean west indies t&t

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 world
index
xxx