『ホテル加宝のロビーで盛り上がっていると、そこに福田くんが登場する』


【ホテル加宝】

ここで、僕のLAの定宿「ホテル加宝」について、少々説明しておこう。
「ホテル加宝」の住所は「460 East 4th st. LA CA 90013 U.S.A.」にある。

ロサンジェルスの東4番街の460番地、ということはリトル東京の真南にあたる。
リトル東京の観光名所、日本風の建物の並ぶジャパニーズビレッジは東1番街から2番街にある。

観光バスがいつも停まっているデューティフリーショップは3番街と4番街の間にある。
つまり、ほとんどリトル東京そのものと断言しても、それほど間違いではない。

ちょっと違っているのは、あたりにホームレスさんの姿がちらほらすることだ。
しかし、ホームレスさんたちが歩いているからといって、別に危険なわけではない。

ホームレスさんはお金がないのでピストルを持っていたりしないし、いつもおなかが空いているので、暴力的でもない。
つまり、ハリウッドなんかよりもずっと安全なのが常識的に判断できるだろう。

しかし、この近所は一般には「危険だ」ということになっている。
これは実は日本人旅行者向けのガイドブックが広めた誤った噂なのだ。

旅行者というものは、もともと気が弱いので、「どこどこが危ない」という話は一斉に広まる。
ところがその危険を実際に経験した人間はどこにもいない。

日本人旅行者というのはみんな一緒で、ただ同じ本を読んで、同じ情報を互いに交換しているだけだ。
だから、僕が旅行経験の少ない人間の話を聞くと、あはー、ほうほう、どこどこから出た話だね、とすぐにわかる。

なぜかというと、最近は旅行に出る人間が旅行を「勉強」しているので、みんな同じ話をするからだ。
しかも、全く面白くない。

旅行の話の基本は「面白い」ということにあるので、本物の旅行者の話は必ず面白い。
だから、旅行経験が豊富だと言いながら話が面白くなければ、それはウソツキだ。

そして、こういうウソツキが日本中にはびこっているのだ。
旅行雑誌の編集者、旅行ライター、町内の旅行自慢、インターネットの海外旅行掲示板の常連諸君(笑)。

彼らの書いたものを読んで大笑いしたことがあるだろうか?
大笑いするどころか、ちっとも面白くない。

ウソツキだらけなんだから、当然なんだよ!
本物の旅行者が話上手になるのは、話上手であることが旅行の一つの重要なテクニックだから、必然なのだ。

まあ、僕ほどになると、話し出すと連続6時間や7時間は止まらない。
体力さえ続けば3日3晩は話し続けられる自信があるくらいだ。

だから僕は将来の堅実な人生設計として旅行講演でラクーに食っていこうと考えている。
全国のPTA、老人ホーム、青年会議所、ライオンズクラブ、女子高、幼稚園、刑務所、自衛隊など、どこでもウケるだけの、その場その場に合わせた各種材料はもうすでに揃っている。

まあ、本を出す、というのは旅行講演で金儲けをするための前段階に過ぎないのだ。
本がいつまでたっても出ないのは困るが、それは日本の出版界のレベルが低いだけのことで、僕が悪いわけではない。


ところで、この文章はもともと、ずいぶん昔に書いたものです。
そのあと世界旅行者の「間違いだらけの海外個人旅行」が出てベストセラーになりました♪


大山さんは「ホテル加宝」で一番いい部屋、つまり1階にある115号室を僕のために特別料金にして、ちょっと安くしてくれた。
おやおや、今回はちょっと扱いが悪いね。

僕の宿泊料金は、基本的にタダだったはずだが…。

以前は「世界旅行者協会」関係の人間や世界一周旅行希望者などを、このホテルへどんどん送り込んだものだ。
そのために貢献度が高くて扱いもよかったのだが、インターネットを始めて以来、あんまりまともな旅行者と知り合わない。

そのせいで、最近は面白い人間を送り込んでないのだから、まあ仕方がないだろう。
大山さんはヌード雑誌5、6冊持ってきて、「西本先生のために、特別に取って置いたのよ!」と、寄付してくれた。

部屋に荷物を広げ、ヌード雑誌を今夜の楽しみにと引き出しに大切にしまい、ロビーに戻って長椅子に座り、テレビを付ける。
アメリカの番組が流れ出し、懐かしい記憶がいくつもよみがえる。

このロビーでいろいろな人間と出会ってきた。
懐かしい顔が次々と浮かんできて、僕に話しかようとする。

「西本さん、まだそんなことをやってるんですか?」
「もうそろそろまともになったら?」

しかし、思い出す人たちすべてから、こう言われるのがわかっているので、すぐにその記憶を頭を振って消した。

もちろん戦いの記憶もある。
僕はこのロビーでとんでもない旅行者たちと戦い、そして、一度も負けなかった。

このロビーは僕にとっての、いわば真剣勝負、K1グランプリのリングだった。
ここで僕と戦い、敗れていった、旅行戦士たち。

僕のような本物の「世界旅行者」に無謀にも挑戦した、向こう見ずな彼らのために、赤い薔薇と黙祷を捧げよう。

僕はよく「その自信はどこから来るのですか?」と聞かれることがある。
もちろん自分に対しての揺るぎない信頼、確信というものは思い込みだけで生まれるものではない。

本物の自信は経験から、戦いの中から、勝利の経験からのみ生まれるのだ。
「ホテル加宝」での様々な戦いが現在の僕を作り上げ、日本で唯一無二の「世界旅行者」としての立場を確固たるものにしてくれた。

そう、まず思い出すのは、いやに自信たっぷりな態度で加宝に来た福田君のことだ。
ふふっと微笑んで、彼の顔を思い出そうとするが、思い出せない。

ほとんど忘れてしまったようだ。
思い出せるのは、彼のあごひげだけだ。

そう、僕がこのロビーにいて、友人と馬鹿なことを言って暇つぶしをしていたとき、福田君(これはもちろん仮名です)は、のそっと入ってきた。
僕は彼の様子を見て、僕はすぐに「旅行戦闘モード」に入ったが、それを表面には出さなかった。

そう、まずこの福田君の話から、旅行者の本当の姿を説明してみよう。

cuba carrbbean west indies t&t

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上
world index

xxx