『レフォルマ通りを歩いて見つけた旅行代理店で、四つ星ホテルに泊まる4泊5日のキューバツアーに申し込む』

【ハバナの旧市街】
1996年11月22日、ホテルペンシルバニア301号室で目が覚める。
すぐにテレビのスイッチを入れると、また女性の裸が映っていた。

これじゃ体力がモタないよ(涙)。
フロントで「今日も泊まる」と言って、金を払おうとする。

すると、「301号室は予約があるから」と、他の部屋に連れて行かれる。
ただ、昨日の311号室と一緒で窓がなくて、ダブルベッドがある。

早い話、このホテルはラブホテルなんだよ。
だから、米国のエッチ番組が24時間、部屋に流れているわけだ。

「予約が入っている」とはいっても、ラブホテルに予約を入れるやつはいない。
ホテルとしては、「いい部屋をお得意さんに取って置きたい」という気持ちだったろう。

僕が、301号室がいいと言い張ると、今夜も泊まることになった。
部屋代60ペソ(840円)を払って、僕はホテルを飛び出す。

メキシコシティは1989年に中米を北上していた時以来だ。
ただ、7年後の1996年も、特に変わった感じはしない。

メキシコシティは一度歩き倒している。
慣れた感じでずんずんと歩いて、中心のレフォルマ通り(Paseo de la Reforma)に出る。

そして、適当に目に付いた旅行代理店に飛び込む。
僕はメキシコシティからキューバのツアーを探しているんだからね。

まず「VIAJES AMERICANOS」へ。
ここでは、僕はスペイン語で話をした。

が、メキシコシティの旅行代理店の人間は英語がしゃべれるので心配しなくていいです。
ここで35歳くらいの女性エレーナさんと、話をした。

「キューバはビザ無しで入国できる」
「ビザ代わりにツーリストカードが必要」
「ツアーに参加すれば、ツーリストカードも含まれている」
「航空券だけを買う場合は、ツーリストカードは別に25ドル払ってもらいます」
との情報を入手する。

この旅行代理店では「ツアーは土曜と水曜日、3泊4日で442ドル」とのこと。
これは、往復航空券とホテル料金、空港からホテルへの送迎が含まれている。

「4泊5日だと486ドル」ということだ。
この値段だと、ホテルは三ツ星の「HOTEL VEDADO」だとか。

次に立ち寄ったのが、GENOVA通りの「CONSEJEROS DE VIAJES MEXICO」という代理店。
ミゲル氏と話をする。

ここでは、11月24日(日曜)発で7泊8日、465ドルのツアーがあった。
すぐに申し込もうとしたら、このツアーは満席。

パンフレットには3泊4日で296ドルのツアーもあったが、これは今の時期はやってないとのこと。
僕の条件としては、とにかくできるだけ早くキューバに行きたい。

11月27日発のツアーは空きがあるが、7泊8日で520ドル。
土曜発のツアーは、4泊5日で475ドル。

今日が金曜日なので、日曜日発の1週間ツアーがちょうど良かった。
しかし、席がないのだから仕方ない。

11月27日のツアーに参加するとしたら、待ち時間が多すぎる。
考えるためにマクドナルドへ行って、昼食にビッグマックセット(22.9ペソ/320円)を取って、考えた。

メキシコシティは南米へ行く時も、南米からの帰りも滞在した。
これ以上、メキシコシティにいても時間の無駄だ。

それならば、明日(土曜日)に飛んでしまうのがいいだろう。
と心を決めて、MEXICOへ行ってミゲル氏と話をして、旅行条件の再確認をする。

そのときに、ミゲル氏が僕に名刺を渡すのを少し躊躇したのに気がつく。
ちょっと嫌な感じがしたので、ここで申し込むのを止める。

他の旅行代理店でも軽く話をしたが、ツアーはすでにきれいなパンフレットになっている。
ツアーを催行する会社は別にあって、旅行代理店はただそれを販売しているだけだ。

だとしたら、少々値段が違ったとしても、どの旅行代理店で申し込んでも同じということ。
それならば、最初に飛び込んだ「VIAJES AMERICANOS」のエレーナさんに頼みましょう。

最初に飛び込んで話をしたというのは、運命かもしれないしね。
というわけで、エレーナさんのところへ戻る。

ツアーに含まれるホテルは、自分で選べるようになっている。
三つ星ホテルで4泊5日だと、486ドル。

でも、四つ星ホテルだと4泊5日で509ドル。
その差は四泊で23ドル、つまり、1泊当たり6ドル多く払えば、星が一つ増えるというわけだ。

このときの僕のキューバに対してのイメージは、アメリカの経済制裁でキューバ国内は古いまま。
大型アメ車を修理しながら使い続けているという有名な話もある。

僕が考えたのは、昔のキューバの豪華ホテルが今でもそのまま残っているだろう、ということ。
その四つ星ホテルだとすれば、天井が高くて、部屋はメチャ広く、バルコニーくらいあるのではないか。

ホテルのバーには、キューバ人のおじいさんがボーイとして勤めている。
天井からは、大きな扇風機がけだるい空気をかき混ぜている。

というイメージだ。
だとしたら、中途半端な三ツ星よりも、1泊当たり6ドル多く払って四つ星にした方がいいってね(笑)。

支払いは、50ドルのトラベラーズチェック10枚と現金10ドルで済ませる。
明日出発だが、今日の午後6時には航空券などの渡航書類一式がもらえるという。

時間つぶしも兼ねて、友達と自分、それからホテル加宝の大山さんに絵葉書を出した。
次に、レフォルマ通りをズズーズーッと歩いて「チャプルテペック公園」へ。

時間があれば、国立人類学博物館を見てもよかったのだが、午後6時には旅行代理店で切符を受け取る約束。
中途半端なので、公園で休んだだけにした。

レフォルマを走る小型バス「PESERO」に乗って、クリストバルコロンまで移動(1ペソ)。
メキシカンレストランで「豆スープとトルティージャ(5ペソ)」と缶ビール(6.5ペソ)。

続いて革命記念塔の下で休み、午後6時に旅行代理店へ行った。
するとさすがにメキシコで、もちろん、まだ書類は出来てなかった。

結局書類が全部届いたのが、午後7時。
書類を一つ一つ確認する。

フライトは、明日11月23日(土曜日)の午前11時45分だ。
これならば、飛行機に乗るために、早起きする必要もない。

昨日、怪しげな日本人旅行者と食事を取った中華料理店へ行く。
スープとして「sopa tallarin(noodle soup)」(10ペソ)を頼み、チョプスィミックス(五目焼きソバ/25ペソ)を夕食にする。

コロナビール(6ペソ)を2本飲んだ。
もちろんこれでは足りないので、コンビニで「XX(ドスエキス)」という有名なビール(3.25ペソ)を2本買った。

部屋に戻ってベッドに横になり、ロサンジェルスから持ってきた日本語の文庫本を読む。
これが、あんまり面白くなかったので、読み終わらないまま、ゴミ箱に捨てた。

今までの旅を回想する。
昨日夕方にメキシコシティへ来て、怪しげな日本人旅行者と話をしてネタを作った。

今日は、とっととキューバツアーに申し込んで、夕方には書類を手にした。
明日の昼ごろに空港へ行けば、キューバに飛ぶことになる。

しかもツアーなので、ハバナの空港へ行けば、送迎の手配も済んでいる。
明日は特に何も考える必要がない。

ハバナへ行けば、海外個人旅行者としては自慢のネタが一つ増えるわけだ。
まさしく完璧だね(笑)♪

世界百カ国以上を個人旅行したとしても、だらだらと旅をしたら意味がない。
押さえなければならないポイントがある。
それが、キューバ、北朝鮮、それから(1990年代の)ベトナムだった。
この3か国へ旅をすれば、「社会主義国面子」が揃うんだ。
僕は1994年にベトナムを訪れている。
1996年にキューバに行ったら、北朝鮮は1997年に行くことになった。
これも、キューバへ行ったから、北朝鮮があるわけだ。
北朝鮮だけでは、まだまだ弱いんだよ。
こういう風に、海外個人旅行というものは、立派な理由が必要なんだ。
ま、たとえその理由が単なる「コジツケ」だとしてもね(笑)。

EAST and SOUTH AFRICA   東欧縦断旅行1996  cuba

carrbbean west indies t&t

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 world
index

xxx