『人は少なくとも、働くために生きているのではない』


【世界旅行者@マレコン通りにて/ハバナ/キューバ】

こうして、僕は「ホテル加宝」に泊まっているらしい、まだ会ったこともない大工さんを中南米に送ろうと決心した。

ここで、読者の中には「せっかく真面目に仕事をしている大工さんを、仕事をやめさせて旅行に出すなんてひどい!」と考える人もいるかもしれない。
しかしそれは違うんだよ。

僕は日本を遠く離れて、世界中を旅行している中で、いろいろと難しい問題を考えてきた。
一つのテーマは「人はなんのために生きているのか?」ということ。

その結論はまだ出ていないが、「人間は少なくとも、働くために生きているのではない」とだけは言える。
しかも、これは科学的にも容易に証明できる。

例えば生まれたばかりの赤ちゃんをごく普通に、しかし学校に通わせずに育てていく。
そして、中学生の年齢になったころ、急に「新聞配達をしたい」と言い出すだろうか?

さらに育てていった結果、成人に達する時期に、「会社勤めをしたい」と言うだろうか。
「朝晩、満員電車に揺られる決まり切った生活をしたい」と、自分から進んで希望するだろうか?

そんなつまらない生活を希望するはずがない。
普通は自分から働きたいなどという人間はいないのだ。

このように、ちょっと思考実験をしてみただけで、人間は内在的に勤労意欲をもっているのではないと理解できる。
勤労意欲というのは日本社会の中で、特に日本の学校教育の中で、外圧としてたたき込まれることだ。

しかし世界を見渡すと、仕事をしたいなどと考えている民族はほとんどいない。
「勤労意欲」などというわけのわからない意識を持っているのは、日本人だけだ。

その日本人の奇妙さを感じること、これが海外旅行に出る理由だ。
海外に旅行に出ると言うことは、この日本社会から離れて、自分を見つめ直すためだ。

これこそが、自分で意識的に理解していないにしろ、旅行者の本来の目的なのだ。
しかし日本人は、教育で叩き込まれた無条件の勤勉さから逃れることは、なかなか出来ない。

だから、海外に出るためだけでも、海外留学やワーキングホリディなどという建前を作り上げる。
海外に出るためには、勉強をするか働くかという理由がないと、動けないわけだね。

でも、海外留学やワーホリの人は、実際は海外で遊び回っているのが普通だ。
勉強も仕事も、全くしていない。

でも、僕は、それがいけないって言うんじゃない。
もともと、彼らは遊び回るのが本当の目的だったのだから、当然のことなのだ。

つまり、海外に出てまで働こうというのは、間違っているわけだね。
この大工さんもおそらくは働きたくないに決まっている。

だから、そこでもう一押ししてあげれば、労働という間違った考え方から一気に解き放さる。
そして、本当の人生を生き始めることが出来るかもしれないのだ。

「世界旅行者」の僕がヨーロッパからこの時期にロサンゼルスへ来て、「ホテル加宝」にこの大工さんがいた。
ということは、僕の悟った人生の真実を大工さんに伝えるというのが、僕の運命なのだ。

運命に逆らってはいけない。
「世界旅行者」はただ運命に流されるままに、旅をして生きていくのだ。

僕はそう考えて、大山さんが「お疲れさまー!」と、冷蔵庫から出してきてくれたバドワイザーを飲み干した。
そして、自分に与えられた使命の重大さに、打ちひしがれそうな気持ちになった。

EAST and SOUTH AFRICA   東欧縦断旅行1996  cuba

carrbbean west indies t&t

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 world
index
xxx