『ハバナの中心オールドハバナのアルマス広場からカテドラル広場へ出て、賑やかなオビスポ通りを歩く』

【子供たちが乗った列車を馬が引いている】
ハバナ港に面した「アルマス広場」へ出ると、子供たちを沢山乗せた列車が動いていた。
ただしこの列車は馬が引いていたけどね。

これでも、キューバでは石油が不足しているのがわかった。
でも子供たちの明るさに、ホッとした気持ちになる。

【カテドラル広場からカテドラルを見る】
ハバナの旧市街「オールドハバナ」の中心「カテドラル広場」へ入る。
すると、ものすごい数の観光客だ。

【カテドラル広場の店】
変に思って曜日を確認すると、1996年11月24日は日曜日だったよ(笑)。
それで、ハバナの中心にこれだけ観光客が出ているのだろうか?

【カテドラル広場】
カテドラル広場には、沢山の土産物屋が並んで、客を待っている。
広場に面したレストランに入って、MAYABEビールを頼むと2ドルだ。

ホテルでは1ドルなので、ホテルは良心的だと判断した。
ビールを飲んで「Museo de Arte Colonial」へ歩くと、閉館時間になっていた。

翌日の月曜日は休館日で、また火曜日にオープンするそうだ。
暇ならまた来てもいいが、タクシーで片道千円するとなると、ちょっと考えるね。

【カテドラル広場から賑やかな「オビスポ通り(Calle Obispo)」に入る】
カテドラル広場から、賑やかな通りに入った。
これが「オビスポ通り(Calle Obispo)」で、通りの両側には小さな土産物屋もある。

またレストランやバーも、開いていた。
オビスポ通りで昼食を取って、それから、すぐにホテルへ戻るかどうか考えましょう。