『壊れて放置されたアメ車こそが、キューバのホントの観光名物です@ハバナ(Havana)/キューバ(CUBA)』

【歩いていて見つけたアメ車の前で記念撮影】
キューバはアメリカから経済制裁を受け続けて、経済関係が切れている。
1996年も、アメリカからの輸入は途切れたままだった。

だから、キューバの自動車はアメリカとの経済関係が切れる前の、古いアメ車がそのまま使われていた。
しかもそれを、キューバ人は修理しながら使い続けているというのが特徴だ。

だから、キューバに行けば、本当に古いアメ車を見ることができる。
しかし、1996年になると、もうどう修理しても無理なアメ車がたくさん出てくる。

それらは、ハバナの通りに置き捨てられたままだ。
そして、これこそが、キューバ名物なんだね。

世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)は、泊まっていた郊外のホテルから、2時間も歩いて幅なの中心部へ行った。
これだけ歩いた一つの理由は、「本当に古いアメ車が走っているのか?」を確認するためだったんだよ。

【ハバナの中心部の住宅街にも壊れたアメ車が/これはひょっとして動くかも】

【町を歩いていて友達になった、キューバ人の若者とアメ車】


【ハバナの町を歩くと、壊れたアメ車がすぐに見つかる】
ただ、いくらキューバ人が自動車修理が得意でも、アメ車のボディやフレーム自体が腐ってしまったら、修理は無理じゃないかな。
1996年に僕がハバナの町を歩いて、あちこちに壊れたアメ車が見つかった。
という意味は、アメ車が見れたのは、この時代が最後だった、ということかもしれないね。