『ヒワ(ヒヴァ/Xiva)の世界遺産「イチャン・カラ(Itchan Kala)」その3』@ヒワ(ヒヴァ/Xiva)/ウズベキスタン

『他の人にカメラを渡して自分の写真を取ってもらう時のテクニックとは』

【世界旅行者@モザイクの壁面の前で/ヒワ/ウズベキスタン】
僕はこの「中央アジア旅行(1997)」のとき、フィルムカメラの「CONTA-T2」を持っていった。
フィルムカメラがマズイのは、他の人に自分の写真を取ってもらう時だ。

デジカメのように、その場で写り方をチェックできないので、わざと下手に変な写真を取る人たちがいるからね。
わざとピンボケにする、わざと手ブレを起こす、ずらして他のものを写す、などは日本人がよく使う手だ。

【何か相談している雰囲気かな】
僕は、学生時代から、日本中を旅していたので、そういう写真のトリックは沢山知っている。
典型的な写真は、被写体の後ろにピントを合わせて、人物像をぼかすこと。

【お墓が並んでいる雰囲気ね@ヒワ】
それを避けるには、壁の前に立てばいい。
カメラは普通はオートフォーカスなので、一応焦点は合うはずだ。

【世界旅行者@誰もいないヒワの街角にて】
もちろんそれでも無理に手ブレを起こすことは可能だ。
でも、日本人はそこまで底意地が悪いわけではない。

【青いタイルと空の青さの対照がステキです】
そこまでする度胸はない。
日本人は、常に中途半端だ(笑)。
というわけで、僕は壁の前に立って写真を撮ってもらいました。
それに、壁のタイルだけを撮っても、大きさもわからないし、つまらないからね。
僕もこの中央アジア旅行で、一番多く写真を撮った。
でも見返してみると、価値があるのは自分が中に入っている写真くらいだ。
しかし、せっかく撮った写真を押入れにしまったまま腐らせてしまうのも、意味がない。
そこで、ネット上に公開することにしたってワケね。

【カルタ・ミナル】
イチャン・カラの中で西門から入るとすぐに目に付くミナル(尖塔)。
尖塔はもちろんこれ以上、上に伸びるはずだが、途中で建設をやめたという。

それはそれで、印象的な形で、表面の青いタイルがステキだ。

【煉瓦の建物と青い空】

【アタ・ダルヴァザ門/イチャン・カラの西門】
ツアーのマイクロバスは、イチャン・カラの正門「アタ・ダルヴァザ門」の前に停まった。
僕たちツアーの一行は、西門から入って、内部を見学して、また西門から出てきました。
正直、中央アジアツアーは一週間が限度ですね。
毎日モスクばかり見ていたら、飽きてしまいます。
僕たちはこのあと、ウルゲンチの空港から飛行機でタシケントへ。
午後の自由時間のあと、深夜出発し、ソウル経由で成田へ戻ります。
これ以上モスクを見なくていいので、ちょっとホッとした感じでした(笑)。
僕としては、一応、サマルカンドを見たから、いいか。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記


インド / 中央アジア / アジア

world index


xxx