『ヒワ(ヒヴァ/Xiva)の世界遺産「イチャン・カラ(Itchan Kala)」その2』@ヒワ(ヒヴァ/Xiva)/ウズベキスタン

【世界旅行者@アクシェイフ・ババの見張り台/クフナ・アルク】
僕はツアーでイチャンカラを歩いた。
だから、ガイドさんがいて、いろいろ説明してくれたような記憶がある。

また、細い道を通って、建物の間を通り抜けて、ある建物の屋上に出たりした。
でも、どれがどれだったか、全く記憶にない。

もちろん、世界遺産としての「イチャン・カラ(Itchan Kala)」は、この内城全体をさすわけだ。
だから、イチャンカラの通りで、名前も知らない建物の中で、また建物の前で、ふと立ち止まる。
そうして、歴史が告げてくれる、過ぎ去った繁栄の時代を想い起こす。
それが、イチャンカラの正しい見方だろう。

僕たちが行った1997年11月11日。
前日に、ブハラからウルゲンチへバス移動していたので、朝早くから行動できた。

だから、朝一番にイチャンカラへ入った。
11月ということで、観光シーズンでもない。
だから、僕たちのグループ以外に、ほとんど観光客がいなかった。
また、これから来る冬のように、特に寒くもなかった。
それはとってもよかった気がします。
観光地に人が多いと、それだけで疲れてしまうからね。

【クフナ・アルクのアイヴァン】

【世界旅行者@クフナ・アルクのアイヴァン】

【イスラーム・フッジャ・ミナレット】
イスラーム・フッジャ・ミナレットは、1910年に建設された。
ヒワの建築物の中で最も新しい。

高さは57mあると説明されたが、45mと書かれたガイドブックもある。
ヒワの中では目立つものです。

登ることも出来るが、入場料がかかる。
ツアーの仲間は、登る人もいたが、僕は疲れるのでお断りしました(涙)。



いろんな建物がありましたが、天気がよかったので、とてもキレイでしたよ。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記

インド / 中央アジア / アジア

world index

xxx