ヒワ(ヒヴァ/Xiva)の世界遺産「イチャン・カラ(Itchan Kala)」その1
 
『世界遺産「イチャン・カラ(Itchan Kala)」を歩く@ヒワ(ヒヴァ/Xiva)/ウズベキスタン』

【ウルゲンチからマイクロバスでヒワへ】
1997年11月10日午前8時半にブハラを出て、ツアー用の大型バスでウルゲンチへ移動。
ウルゲンチへ到着したのは、午後5時ごろになった。

「ホテルホラズム」のB-117号室に泊まる。
翌朝、午前6時に起床、6時半にドアがノックされる。

午前7時に朝食を取る。
小型バスで、ヒワ(ヒヴァ)へ向かう。

バスで45分ほどでヒワに到着。
ヒワというのは、17世紀からホレズム帝国の首都だったところ。

現在はその内城(イチャン・カラ)が、世界遺産になっている。
ウルゲンチ自体は何の意味もなく、ただヒワへ行くために泊まる場所でしかない。

【イチャン・カラの通り】
僕たちのツアーは、前日にウルゲンチへ到着して、この日の午前中にイチャンカラを見る。
午後には飛行機でタシケントへと向かう予定。

【ヒワの風景】
タシケント、サマルカンド、ブハラと、中央アジアのモスクやなんかを見すぎている。
つまり、もう飽き飽きしている。

そういう意味では、最後にイチャンカラをもってきたのは、よかった。
これが逆だったら、サマルカンドのモスクもたいして感動しないだろう。

また、タシケントにあるモスクなんか、全く見る意味がなくなる。
ツアーのみんなは、モスクやミナレットには、もう感動しない。

ガイドさんに連れられるまま、ただ、歩いたり、登ったり、眺めたりする。
そして、適当なところで、写真を撮った。

【青い空とヒワの城壁】
でもなんというところで写真を取ったのか、写って建物がなんなのか、わからない。
10年以上たって、写真を見ると、面白いものもある。

おそらく今では、観光客がもっと増えていることだろう。
そういう意味では、1997年のイチャンカラの写真を公開するのも、意味があるかもしれません。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記

インド / 中央アジア / アジア

world index

xxx