ツアーと個人旅行をうまく使い分けるのが大事

【アシアナ航空機内で、ウズベキスタンの税関申告書類を記入する】
僕は中央アジアへ行く時、「サマルカンド、ブハラ、ヒワ」を見る、かなり一般的なツアーに参加した。
もちろん中央アジアを個人で旅行する人もいる。

そこで、僕がなぜこのツアーに参加したか、説明しておきますね。
ついでに、ツアーと個人旅行の違いを考えてみましょう。

最初の海外旅行を、ツアーにしようか個人旅行にしようか、考えている人もいるだろうからね。
何かの参考になるかもしれません(参考にならなくても知りません)。

世の中には、個人旅行が大好きで、ツアーを馬鹿にする人たちもいるようだ。
でも、ツアーと個人旅行の特徴を知って、うまく利用するのがいいに決まっている。

例えば北朝鮮旅行だけどね。
北朝鮮には、北朝鮮専門の旅行社に相談すれば、普通の人が思うよりもずーっと簡単に個人旅行できる。

ただ、旅行計画を組まなければならない。
そして、北朝鮮のガイドさんがぴったりとくっついていて、予定通りに旅をする(これは案外と融通が効くという話もあるけどね)。

これだと、1人で旅をしたとしても、自由が全くないのだから、とてもとても個人旅行とはいえない。
逆に、北朝鮮旅行は団体旅行に参加したほうが、実はずっと楽しい。
北朝鮮旅行記(1997)
僕は書いているが、北朝鮮旅行自体は、日本で出版されている北朝鮮関連の本と同じ。
旅行そのものは、たいして面白くはない。

北朝鮮本をなぞっているようなものだ。
ホントはね、ナイショだけれど、北朝鮮旅行に参加している人の方がずーっと興味深いんだよ(笑)。

だから、北朝鮮旅行は何かのツアーに参加しないと、面白くもおかしくもない。
できるならば、20人程度のツアーに入れば、各種の興味深い人に会えます。

また、世界中には、わざわざ個人で行っても疲れるだけ、見るものもほとんどないという国もある。
それを挙げれば、まずイランだね。

イランはとにかくだだっ広い割りに見るものがない。
僕も陸路で入ったが、途中で飛行機を使って、飛び回ってしまった。
イラン旅行記(1999)
それは、航空運賃が信じられないくらい安いこと。
わざわざバスに乗っても、全く変化のない景色がだらだらと続くだけだったから。

イランの個人旅行だと、ほとんどまともなものが食べられない。
イランのツアーに参加すると、ちゃんとイラン料理が出るらしいんだけどね。

個人で旅行すると、コーラとケバブ程度しかないんだ(涙)。
酒も飲めないしね。

イランの個人旅行はビザの手配が面倒だが、ツアーに参加すれば簡単に取れる。
また、ツアー料金も比較的安いので、イラン旅行は絶対にツアーの方がいいです。

さらには、個人旅行をすると気持ちが良くない国もある。
これが東洋人差別の激しいベネズエラだ。

アルゼンチンも東洋人差別が激しい。
ただアルゼンチンの場合は、金があれば差別されない(実は貧乏人差別)ので、金があれば個人旅行でもいいでしょう。

普通の観光旅行ならば、ベネズエラはツアーに参加した方がキモチいい。
もちろん、アルゼンチンも、ツアーの方が、安全なアルゼンチンタンゴの店なども手配してくれて、いいんじゃないかな。

あと、個人旅行者にたいしてのインフラが整っていない国も、大変だ。
これは、旧ソ連諸国ね。

ロシアも、とても個人旅行をしたいところではない。
もともとは、国営の旅行会社インツーリストを通して旅行を手配するシステムがあった。
ロシア旅行記(2001)
だから、個人旅行者がふらふらと歩いて楽しいところもなければ、便利なところもない。
個人旅行者向けの安ホテルが固まっている場所もない。

ロシアも徐々に西欧化されてきている。
最終的にはバックパッカー宿が集まる地域ができるかもしれない。

ただ、物価も非常に高くなった上に、ロシアにはもともと見るものがないんだ。
そう考えると、ロシアにバックパッカーが集まることはないだろうね。

ロシアのツアーは比較的安いので、ロシアもツアーに参加した方がいいでしょう。
そして、僕が行こうと考えたサマルカンドも、わざわざ個人旅行で行く意味はない。

だいたい中央アジアには見るものがない。
あるとしてもイスラム関係の建物だけ。

モスク(礼拝所)やメドレセ(イスラム神学校)だらけだ。
こんなところを個人で見に行っても、どこも似ているのだから、途中であくびが出るに決まっている。

モスクを見るならば、中東やエジプトのほうが本格的だし、歴史もある。
そちらの方には、イスラム以前の遺跡も豊富で、飽きることがないからね。

僕が中央アジアへ行こうと考えたのは、サマルカンドを見たかったのが理由だ。
サマルカンド♪

サマルカンドを見るために、自分でウズベキスタンのビザを取って、往復切符を買うのも面倒。
また、ウズベキスタン内の移動が大変らしい。

この時期、ウズベキスタンの治安がいいとはいえなかった。
さらには、もともと、個人旅行者が多いところではないから、旅がしにくい。

英語もほとんど通じない。
また、警察があてにならない(というか、信用できない)という情報もちらほら入ってきた。

こんなところをわざわざ個人旅行するのは、ちょっとおかしい。
僕は正直今でも、中央アジアを個人旅行する人たちが、信じられないけどね。

もちろん、「バイクや車で中央アジアの平原を走る」というなら、意味があるだろうね。
きっと中央アジアの平原を体感できるだろうから。

でも、個人で現地の交通手段を使って苦労して移動するのは、意味がないだろう。
だってもともと、見るもの自体がないんだから(涙)。

中央アジアの観光地といえばウズベキスタン。
この国には、「サマルカンド、ブハラ、ヒワ」という定番の観光地がある。

ツアーだと、手際よくこの3っつの都市を見て回れる。
さらに僕が参加したツアーでは、特別に、タジキスタンの「ペンジケント遺跡」をオプショナルツアーで見ることができる。

このペンジケント遺跡自体は、正直たいしたことはなかった。
僕もこのほとんど聞いたことがない遺跡に興味があったわけではない。

でもね、ペンジケント遺跡に行けば、タジキスタンへも行ったことになる
世界百カ国をすでに旅してしまった、世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)ほどになると、旅行国数をさらに1か国増やすのは大変だ。

そういう点でもこれは大きな利点だった。
さらに僕は、中央アジアの地図をじっくりと見ていて気が付いたことがある。

それは、サマルカンドからブハラへのウズベキスタンの道路が、ほんの少しだけカザフスタン領内に入っていること。
カザフスタンの領土を通過するってことはだね、カザフスタンも旅したってことになる。

つまり、ごく普通にサマルカンドへ行こうとツアーに参加したら、おまけにタジキスタンとカザフスタンへも旅したことになる。
これは、とってもおいしい話だったんだよ。

【旅行哲学】無理に個人旅行しなくても、ツアーに参加して旅した方がいい国もたくさんある。
中央アジア旅行記(1997)
注:
僕がサマルカンドへ行く時に使った旅行社では、なんと「ウズベキスタン、カザフスタン、キルギス、トルクメニスタン、タジキスタン」を一度に旅行するツアーも企画している。
世の中には、旅行国数を増やすことだけが目的で旅をしている人もいるとか。
そういう人は、短期間で多くの国を回れるこういうツアーに参加すれば、簡単に旅行国数は増やせます。
誤解がないように書いておきますが、僕の場合はほとんどは個人旅行(百カ国以上を個人旅行)ですけどね(笑)。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記

インド / 中央アジア / アジア

world index

xxx