シャーヒジンダ霊廟群で、神と対話し、生きているクッサムと会う@サマルカンド/ウズベキスタン

【世界旅行者@シャーヒジンダ霊廟の通りにて】
中央アジアの旅とは、結局、モスクとメドレセを見るだけだ。
あとは、昔の町の跡(遺跡)なんだけれども、それはただ泥の塊。

タシケントでもモスクとメドレセにウンザリした。
サマルカンドへ来ても、ほとんどはモスクとメドレセだ。

しかしそこで新しいものを見た。
それがシャーヒジンダ霊廟群。

ムハンマドのいとこの「クッサム」が、イスラム教を布教に来たら、異教徒に首を切られた。
しかし、地下に潜ってそのまま生きている場所だとか。

僕たちのツアーが行ったときは、他の人はほとんど見かけなかった。
そこで、写真を取ってもらいました。

【誰もいないシャーヒジンダ霊廟群】
こういうところでは、静かでないと意味がない。
だから、人がいなくなったところで写真を撮った。

【世界旅行者は、地下で生きている聖人「クッサム」にお布施を上げます】
クッサムの墓(しかし地下で生きている)にお布施をあげます。
世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)は、こうして、世界各地の遺跡で祈ってきたから、霊能力が授かっているわけです。

【世界旅行者は、1人で霊廟群を再訪しました】
しかし、ツアーの人と一緒では、神との対話がしにくい。
僕は、1人になったときにまた、ゆっくりと訪れました。

写真は、カメラを適当なところに置いて、セルフタイマーで撮りました。
そうして、神と秘密の言葉を交わしました。

【霊廟の入り口を見ると、そこには…】
霊廟には参拝者が誰もいない。
静かななかで、おじさんが入り口付近を1人で掃除してました。

僕がシャーヒジンダ霊廟を出るときに、おじさんが言いました。
「世界旅行者よ、よく来てくれたな。神とは対話したんだね」と。

実はおじさんが、「生きているクッサム」だったのです。
でもこれはナイショです。

【旅行哲学】世界旅行者は、静かな霊廟で祈って神の言葉を聞く。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記

インド / 中央アジア / アジア

world index

xxx