歌謡祭のあとのレギスタン広場@サマルカンド/ウズベキスタン

【ウルグベク・メドレセ@レギスタン広場】

【レギスタン広場、左がウルグベク・メドレセ、中央がティラカリ・メドレセ、右がシェルドル・メドレセ】

【広場には、観客席が作られていて興醒め】
さて、サマルカンドという名前は聞いたことがあるが、そこでさて何を見るのかという知識はなかった。
ただ、ガイドブックを見ていると「レギスタン広場」という場所があって、これが一応目玉らしい。

ツアーバスであちこち見て回ったあとで、レギスタン広場へ。
ただ、サマルカンド自体たいして大きな町ではない。

この広場は、ホテルサマルカンドから軽く歩いていける距離にあった。
でだね、3つのメドレセ(イスラム神学校)に囲まれた広場が、レギスタン広場。

ただ、どうやら僕らが行く以前に、なにか歌謡ショーがあったらしい。
広場の中央に舞台が作られていて、道路側には観客席が作られていた。

これはとても興醒め。
歴史のある場所というものは、こっそりと訪れたいものだ。

旅行者は、1人で神と対話する。
そうやって、世界旅行者になるのだから。

でも僕らが参加したツアーは、さーっと一通りの名所を回ったあとで、自由時間が設けてあった。
そこで世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)は、1人で歩いて回りました。

【旅行哲学】歴史のある広場でショーなんかをやって、その跡があるとガクッとする。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記

インド / 中央アジア / アジア

world index

xxx