『ブハラ(Bukhara)から、キジル・クム砂漠(Kyzylkum Desert)を通り、アムダリア(Amu Darya)を見てウルゲンチ(Urgench)へ、バスで8時間半』

【世界旅行者@食堂のテレビの前で】
1997年11月10日。
この日は、昼間を全部使って、ブハラからウルゲンチへの移動日となっていた。

僕は午前6時に起床して、荷物をまとめる。
部屋でゆっくり過ごして、朝食が午前7時半。

ドアの外にバックパックを置いておくと、自動的にツアーバスに運び込んでくれる。
これがツアーのいいところだね。

でも、いつも個人旅行をしていると、自分のバックパックが本当にバスの荷物室に入っているかどうか、確認したくなる。
これは、海外個人旅行者の習性だ。

もちろんツアコンや現地係員が、荷物の数など数えて確認しているとは思うんだけどね。
午前8時半にバスはホテルブハラを出発する。

【ホテルブハラ(Hotel Bukhara)】
まず、石油や天然ガスの採掘所のあるガズリという町を通過した。
でも本当に殺風景なところで、砂漠を行く感じは全くない。

午前中に、トイレ休息が1回ある。
このツアーバスには、一応トイレが付いていた。

が、掃除のこともあるし、使わないのがマナー。
というか、走っているのが砂漠の中なので、別にどこで泊まってトイレをしても問題ない。

【ツアーバスは途中でトイレ停車】
これが、ローカルバスだったとしたら、トイレのために止めるのは、気が引ける。
もちろん、ローカルバスでも、言えば止めてくれるだろうけどね。

ツアーバスだと、トイレに行きたくなった時に気楽に止められる。
また、添乗員さんも、「日本人のトイレの近さ」というのをわかっている。

気を使って、バスを止めてくれる。
こういうところが日本のツアーのいいところだよ。

実際、長距離バスに乗ったときのトイレ問題というのは、海外個人旅行では大変だからね。
僕が2007年にインドへ旅した時なんか、アウランガバードからムンバイへの夜行寝台バスでお腹がおかしくなって、死にそうだったよ。

【途中で休息】
日本人のツアーの場合は、ちゃんとトイレ休息もあるし、適当な時刻にお昼ご飯の休息もある。
僕たちは、ちょうど正午ごろに、「カザックシュラックのチャイハネ」でお昼を取った。

【駐車場:ツアーバス以外は大型トラックが多い】
一直線の道路で、ツアーバス以外は、ほとんど輸送用の大型トラックだ。
チャイハネの中には、ステレオ装置やビデオもあった。

【チャイハネで食事を取るツアー仲間】
バスの中か何かで、添乗員さんがウズベキスタンの服装について説明してくれた。
ウズベキスタン人がかぶっている帽子が「トゥピ」。

男性用のキモノのような服が「チャポン」、女性用が「クルタ」だそうだ。
ま、これはただ、旅行用のノートにメモっておいた言葉を、書き写しているだけなんだけどね。

またメモを見ると、ウズベキスタンのガソリンの公定価格は、この時期(1997年)1リットルが22スム。
わかりやすく、1ドルが100スムと考えれば、ガソリン1リットルは20〜25円だ!

これはタンク入りで売っていて、このタンクを民家が買い占めて、高い値段で売っているとか。
高い値段とはいっても、もともとが安いわけだ。

ウズベキスタンを個人旅行する場合、よく「タクシーを借り切って移動した」という話がある。
それは、基本的にガソリンの値段が安いからなんだろうね。

【車とキジルクム砂漠】
さて、僕らが通っているところは、「キジル・クム砂漠」と呼ばれている。
この意味は、「赤い砂漠」ということらしい。

中央アジアツアーなんかに参加する人は、他でもいろんな砂漠を体験している人も多い。
赤い砂漠と聞いて、わざわざその「赤い砂」を採集してお土産にしようと、ガラス瓶を持ってきている人がいた。

ところが、赤い砂漠とはいっても、白くはない、黒くもない、「ほんの少し赤っぽい白」だった。
だから、赤い砂漠を期待していくとガッカリします。

しかも、サハラやゴビ砂漠の一部のように大きな砂丘があるのでもない。
ただ、荒野が広がっている土漠で、草の茂みがところどころにある。

バスの窓からラクダの群れを発見した。
この付近のラクダは2コブラクダだが、野生のものはなく、誰かの所有物だそうだ。

道路は途中でアムダリアと並行して走る。
川沿いのマーケットでバスは停車する。

【アムダリアの川魚】
アムダリアの川魚が、紐をつけて生きたまま水の中にいた。

【道路沿いで魚を調理している】
このマーケットでは、川魚を料理して食べさせているようだ。

【いろんな店が並んでいる】
その他にも、マーケットにはいろんな店がありました。

【世界旅行者@ローカルバスの乗客と一緒に】
たまたま、地元の人が乗ったローカルバスが停車していたので、写真を撮りました。
あと、同行したツアー仲間の人に、僕の写真を撮ってもらいました。

【アムダリア?を渡る】
ここで、ドイツビールを一缶買って(100スム/1ドル)、飲んだ。
あとは、ただウルゲンチへ着くまでボーっとしているだけ。

【ダムと発電所があった】
アムダリアを渡るところには、ダムと発電所がありました。
と、ノートに書いてあるが、地図を見ると、道路はアムダリアを渡ってない。

これは、アムダリアではなくて、ダム湖か何かを越えたのかもしれません。
午後5時(17時)ごろにウルゲンチに到着。
ブハラのホテルを出発したのが午前8時半だったから、休息を入れて8時間半かかったわけだ。
大型バスだし、隣に人はいないし、トイレの心配もなく、途中休息も入ったので、とても楽な旅でした。

泊まるホテルは、「ホテルホラズム(ホレズム)」だった。
これは、背の低い、せいぜい二階建ての、なかなか古いホテルだった記憶がある。

つまり、このツアーでは、昔のソビエト連邦時代によく使われていたホテルを通しで使ったってことでしょう。
でもそれはそれで、僕は印象的だったけどね。

もともとバックパッカーなんだから、あんまり近代的なホテルは肌に合わない。
ソ連時代をしのばせるホテルに泊まるのも、粋なものだ。

ウルゲンチは、平凡なソビエト風の町だった。
ブハラからウルゲンチへのウズベキスタンの風景は、自然がきれいだともいえない。

また、途中では、変に工場や発電所が目立った。
途中の町も寂れていた。

だからウズベキスタンは、モスクくらいしか見るところがないのかもしれませんね。
ただ、ぼくの友人の旅行経験豊富な人の間では、最近、アラル海が話題になっています。

アラル海が綿花栽培のために水量が減少し、湖が縮小していて、渚が後退している。
むかし湖だったところが水がなくなって、錆付いた船が取り残されている。

これは、逆に、観光資源になるかもしれません。
ウズベキスタン観光局や、日本のウズベキスタンツアーの旅行会社は、是非ご検討ください。

もしアラル海ツアーをやるときは、世界旅行者にアイディア料をお忘れなく。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記

インド / 中央アジア / アジア

world index

xxx