「ホテル・ウズベキスタン」@タシケント/ウズベキスタン

【ホテルウズベキスタンの外観/画面左にあるのがツアーが乗るバス】
(これは1997年の中央アジアツアーのお話です)

1997年11月4日。
成田発OZ101便で成田を13:30発、ソウルの金浦(キンポ)空港到着が15:45。

このときはまだ、仁川国際空港が完成する前だった。
2時間程度待って、OZ573便に乗る。

予定の17:20発が、20分遅れて17:40発になる。
ソウルを発って、タシケントへ行くわけだ。

その時差が4時間ある。
到着予定時刻が午後8時55分。

つまり、フライトタイムが7時間もある。
成田を発ってタシケントまで、飛行機に乗っているのが9時間。

待ち時間を合わせると、11時間。
案外と遠いよ。

ウズベキスタンに午後9時に到着するということは、韓国では(もちろん日本でも)午前1時だね。
タシケントに到着すると、11月始めの夜の9時なのに、気温は20℃もあった。

なかなかキモチイイ。
ツアーは空港で大型バスに乗り込み、そのまま「ホテル・ウズベキスタン(Hotel Uzbekistan)」へ。

すぐに部屋が割り当てられる。
僕の部屋は704号室。

ツインのシングルユースなので、部屋には2つベッドがある。
ただ、部屋はかなりみすぼらしかったね。

ベッドは、40年くらい前の日本の国民宿舎のような感じ。

【ホテルウズベキスタン704号室の、かなり簡素なベッド】

【ホテルウズベキスタン704号室の、トイレとシャワー】
バスルームには、バスタブがなくて、シャワーがあるだけだ。
ただ僕は、世界一周旅行の経験や、ロサンジェルスの安宿での長期滞在体験で、シャワーに慣れている。

僕はお風呂に浸かるよりも、熱いシャワーの方がキモチがいい。
バスタブに浸かると、体が疲れてしまうんだ。

到着した夜の両替レート。
ホテルでは、1米ドルが83.75スム、ガイドが両替すると90スム、ホテルの店では100スムで換算してくれた。

だが、実はもっといいレートで交換してくれるところがあった(これはあとで出てきます)。
新しい町へ到着したら、とにかくビールが必要だ。

ガイドさんに頼んで、「BRAVIA」というオランダ製の缶ビールと、やはりオランダ製のミネラルウォーター「Sun Tree」を買う。
すると、たったこの2本で、550スム取られた。

これはちょっとぼったくられたかな、という感じ。
ただ、この旅行中、ビールの値段は全般的に高かった。

僕は、成田空港でサントリーの「響」(5千円)を買ってきてた。
だから、ツアーの最初のうちは、水割りを作って飲んでたんだけどね。

翌朝ツアー仲間と一緒に朝食をとる。
そのあと、僕たちのツアー専用の大型バスに乗って、タシケントの市内ツアーに出かけた。

市内ツアーは午前中で終了する。
ホテルで昼食を取って、バスでサマルカンドへ出発。
その時にホテルの正面から写真を取った写真です。
ホテルの外観はなかなかしっかりしてるでしょ?

このホテルは、場所的にもタシケントの中心にある。
帰国前に同じホテルに泊まって、個人で町を歩き回った。

タシケントはこの季節(11月)、とても気持ちのいい気候だった。
いまインターネットでホテルをチェックすると、このホテルは☆☆☆☆にランクされているようだ。

サイトによっては☆☆☆になってるところもあるようだが。
値段的にも、最近できた高級ホテルに比べると手ごろみたい。

改装されたという情報もある。
僕が泊まった時よりも、部屋もきれいになってるのでしょう。

郊外にあるホテルは、正直意味がないからね。
町の中心にあるホテルは、悪くないと思いますよ。

【写真】ホテルウズベキスタンの部屋/バスルーム/外観
【旅行哲学】ホテルは立地条件が大切

注:Hotel Uzbekistan/Uzbekistan Hotel 45, Khamza Str., Tashkent

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記

インド / 中央アジア / アジア

world index

xxx