『熱湯しか出ないシャワーで、身体を洗う方法を見つけて喜ぶ』@ホテルサマルカンド/サマルカンド/ウズベキスタン

【ホテルサマルカンド@サマルカンド】
タシケントから観光バスでサマルカンドへ到着。
「ホテルサマルカンド」に到着して、部屋へ入ったのは午後7時だった。
旧国営ホテルらしく、一通りの設備は揃っている。
が、全体的に古ぼけていたね。
僕の部屋は、「ホテルサマルカンド」の1016号室(10階)。
この部屋はテレビが壊れていて、トイレの水がずっと少しずつ流れていて、止まらない。
ただ水が流れる音はトイレの外に聞こえないので、僕としては問題ないが。
ツアーのみんなで、一緒の夕食を取る。
日本人だけ分けられて、別室で夕食を取ることになっている。
夕食のテーブルに置かれた果物が古く干からびている。
食事も、あんまりおいしくないというか、まずい方かな。
食べ物の味にこだわりのない僕が言うのだから、かなり悪かったということ。
僕は正直、「ホテルサマルカンドは日本人を差別しているな」と考えた。
というのは、日本人のツアー客というものは、とにかく世界中で「ひどい扱いをしても、文句を言わずに我慢する」というのが定評だから。
このホテルでは、夕食の時の缶ビール一個に3ドルも取る!
小さな缶ビールが一個3ドル(400円)では、これは日本のビジネスホテルにある自動販売機のビールよりも高いよ(涙)。
ホテルのバーでも、ビールは350スムまたは3ドル。
旅の一日が終わって、気持ちよくビールが飲めないのでは、旅の感じ方がずいぶん違う。
ビールの原価はもっとずっと安いわけだ。
だから、値段の付け方をもっと安くすれば、食事だって進むだろうし、バーの客も増えるだろう。
ただ、社会主義から資本主義に変わった国では、「値段を高くつければ儲かる」と考えている。
これは、ベトナムでもそうだったんだけれどね。
食事が終わって、僕の部屋1016号室に戻った。
ホットシャワーを浴びて、タシケントからサマルカンドへのバス旅の疲れを、洗い流そうと思う。
ところが、シャワーのお湯に問題が起きた。
普通の話ならば、ここで「お湯が出なくて水が出てきた(涙)!」という話になるだろう。
「ホットシャワーのはずが水しか出なかった」というのは、あまりにありふれているよ。
世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)は、その程度ならば、わざわざ書くこともない。
ホテルサマルカンドの1016号室のシャワーは、お湯が出てこなかった。
また、水シャワーというのでもなかった。
なんと熱湯が出てきたんだ(笑)!
ハンドルをどう回しても、熱湯以外は出てこない。
はてさて、どうしたらいいだろう。
ホテルのバスルームだが、ここには、トイレと、シャワーと洗面台があるだけだ。
洗面台の蛇口からは、ちゃんと水が出る。
そして、シャワーからは熱湯しか出ない。
水と熱湯があるならば、それを混ぜれば、適度なお湯が作れるはず。
洗面台でお湯を作ればいい。
でも、熱湯を洗面台に運ぶにはどうしたらいいのか?
それは、このホテルがイスラム教国にあるので、解決した。
イスラム教国では(イスラムでなくてもインドでも)トイレでは、お尻を水で洗って流すのが定番となっている。
だから、バスルームには、お尻を流すためのプラスチックのコップが備えられている。
シャワーの熱湯を、このコップに入れて、洗面台へ運び、そこで適温のお湯を作る。
そうして、コップでお湯を身体にかけたわけだね。
これで熱湯シャワー問題を、あっさりと解決したわけだ。
ところで、よく考えてみると、僕は添乗員付き添いのツアーに参加している。
普通ならば、添乗員を呼んで、添乗員に文句を言って、ホテルに部屋を変えさせる程度のことはするだろう。
でも僕は、もともとが個人旅行者、それも知る人は知っている「伝説のバックパッカー」だ。
だから、こういうトラブルを自分で何とか解決することに喜びを感じてしまうんだよね(笑)。
僕としてはこの日、「熱湯しか出ないシャワーを使って、身体を洗う方法」を見つけたことで、とてもうれしかった。
結局、旅というのは、トラブルを楽しめると、何でも面白いってことだけどね(笑)。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記

インド / 中央アジア / アジア

world index

xxx