『ガイドさんの案内で、ブハラ旧市街を観光する(1)/アークの西側』@ブハラ/ウズベキスタン

【The Ark/アルク/内城】
1997年11月9日日曜日。
前日、サマルカンドからブハラまで、ツアー専用バスで移動してきた。

ツアーは20人弱なので、専用の大型バスだと、席の取り合いもない。
気兼ねなく、二人掛けのところを一人で座れて、とても快適だ。

個人旅行なら、バスに乗るのも一苦労だし、宿を探すのも大変。
もちろんこの時期のウズベキスタンは、一般的に治安が悪かったしね。

ツアーだと、ボーッとしていても、全部旅行会社が手配してくれるのがいい。
朝はもちろん「ホテルブハラ」で、チーズとハムと目玉焼きにコーヒーの朝食が用意されていた。

日本人ツアーが朝食を取っていると、ちょっと怪しげな男が声をかけてくる。
これが、両替商だった。

10ドル札を1200スムに両替してくれる。
つまり、1ドルが120スムに両替できたわけだ。

タシケントの「ホテル・ウズベキスタン」では、1ドルを83.75スムで両替していた。
これだけ細かい数字を出すという意味は、どうやら、これが公定レートらしい。

スルーガイドはそれよりもいい90スムで個人的に両替してくれる。
しかし、商店では、面倒なのかわかりやすいからか、1ドルを100スムと計算していた。

そうして、今朝は1ドルが120スムになる…。
あとで聞いた話では、1ドルの実勢レートは、この時期140スムだったそうだ。

というのは、こういうツアーに参加する人の中には、なかなか買い物が上手な人がいるものなんだよ。
ツアー参加者だからといって、彼らの旅行能力を舐めてはいけない。

中央アジアツアーに参加するような人は、普通の旅行に飽き飽きした人が多いんだから。
参加者の中には、1人であちこちへ行って、いいレートで両替してくれるところを見つける人もいる。

でもまあ、それも、旅の話のネタでしかない。
ツアーで移動する場合は、ほとんど外国人向けのところで品物を買うので、ドルがそのまま通用するしね。

だから、ツアーの中の両替自慢というのは、微笑ましい行事みたいなものね。
どれだけ安くお土産を買ったか、どれだけ値切ったかみたいな、よくある自慢話です。

さて、今日は、ブハラの旧市街観光の日です。
ここでは、現地の女性ガイド「ズラ」さん、が案内してくれました。

念のために書いておきますが、ズラさんはズラではなく、豊かな黒髪で自毛です。
まずはとにかく、ブハラの王様が住んでいた「The Ark/アルク(内城)」へ。
僕は、この旅に「Lonely Planet Central Asia/ 1st edition(1996)」を持っていった。
ブハラがかなり残虐な歴史を持っているのを知っている。
昔の隊商の旅も、襲ったり襲われたり、殺したり殺されたりという緊張したものだったのだろうね。
一時代前に、よそ者の僕がふらりとブハラにやってきたら、すぐに殺されていたかもしれない。

だから、のんびりとツアーで、あちこち見て回れることに感謝したよ。
でもツアーというものは、とにかく次から次へと見て回る。

僕は見ているものを地図で確認するのが精一杯で、ガイドの説明はほとんど記憶に残っていない。
ツアーというものはそういうもので、またそれが正しいんだよね。

僕が個人旅行で来ていたら、多分、3つくらいを念入りに見て、あとは町をふらふらするだけにしただろう。
ブハラの旧市街は、なかなか居心地のいい、静かなところだったからね。

とにかく、ノートと写真を元に、見て回った順番に記録しておきます。
アーク(内城)の次は、レギスタン広場(Registan Square)をはさんで向かいにある「バラハウズモスク」へ。

【Bolo Hauz Mosque/バラハウズモスク】
ハウズ(hauz)というのは「池」のことで、モスクの前には池がありました。
次に行ったのが「Ismail Samani Mausoleum/イスマイルサマニ廟」。

【Ismail Samani Mausoleum/イスマイルサマニ廟】
この廟は、イスマイルサマニ公園(旧キーロフ公園)の中にある。
この日は天気もよかったので、建物がくっきりと見えて、ステキだったね。

【Chashma-Ayub Mausoleum/チャシュマ・アイユブ】
次に「チャシュマ・アイユブ」へ。
ちょうどこの建物の前の駐車場で、青空市が開かれていた。

ここでは、病気を治す泉だということで、ちょっと水に触ったりした。
ただ、飲むのは、衛生面を考えると、ちょっとはばかられる気がしたけどね。

ここまでが、内城(アーク)の西側にあります。
これからちょっと移動して、アークの東側を見ることになります

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記

インド / 中央アジア / アジア

world index

xxx