『ソビエト連邦時代に一流だった古いホテルはそれなりに趣があるもの』@ブハラ/ウズベキスタン

【ホテルブハラ@ブハラ】
ツアーのいいところは、個人旅行の面倒さを全部ツアーが解消してくれること。
個人旅行の問題は、移動手段を見つけて切符を手に入れること、そして無事目的地に到着すること。

また宿を探して、歩き回って、値段の交渉をして、不具合があったら交渉しなければならない。
食事も、はじめての町で適当な食堂を見つけるのも大変だ。

逆に言うと、交通手段を見つけ、宿を探し、食事を無事に取ること、これを全部自分でやることが、個人旅行の楽しさでもあるわけだ。
その面倒くささを楽しめれば、個人旅行者になれるというわけ。

中央アジア旅行では、僕はツアーに参加したので、ツアーのいいところを満喫している。
ツアーの場合は、ある程度ちゃんとしたホテルに泊まることになる。

ウズベキスタンなども、自由化されてどんどん新しいホテルが建っているようだ。
それだと、世界中どこでも変わらないアメリカ式のサービスは受けられるだろうが、わざわざ中央アジアへ旅した感じがしない。

僕の参加した中央アジアツアーは、ソビエト連邦時代のちょっと古いホテルを利用していた。
もちろんそちらの方が安いからだろうが、僕はそれが好きだったよ。

このツアーでは、タシケントでは「ホテルウズベキスタン」、サマルカンドでは「ホテルサマルカンド」、ブハラでは「ホテルブハラ」、ヒワ観光の起点ウルゲンチでは「ホテルホラズム」というソ連時代の代表的なホテルに宿泊した。

【インツーリストのバス@ブハラ】
ホテルブハラのすぐ横には「ブハラパレスホテル」という、近代的なホテルがある。
だから、ホテルブハラはちょっとうらびれている感じ。

でも、昔はブハラ一のホテルだったわけで、レストランなどは地元の人も多いようだ。
また、昔から日本人のツアーが入っていたようで、スタッフも片言の日本語が話せる。

ホテルの部屋は落ち着いているが、テレビがなかった。
新しく建てられたホテルでは、CNNを見ることができるが、このホテルではテレビそのものがなかった。

【部屋で「Lonely Planet」を読む@ブハラ】
あるのは上の写真に四角く写っているラジオだ。
でも、それはそれで、ラジオの音楽を流して、持ってきた「Lonely Planet Central Asia」を読んで、夜を過ごしました。

つまり、「ソビエト帝国」は崩壊してしまったのに、まだソ連時代の雰囲気が味わえるってこと。
そういえば、ホテルの各階には、ソ連時代と同じく、部屋の鍵を預かるおばさんもいたし。

というか、ツアーは朝が早いし、朝食の時間も決まっている。
集合に遅れると、他の人の迷惑になるので、とっとと早寝をしたほうがいいでしょう。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記

インド / 中央アジア / アジア

world index

xxx