『ガイドさんの案内で、ブハラ旧市街を観光する(2)/アークの東側』@ブハラ/ウズベキスタン

【Kalan Minaret/カラーン・ミナレット】

1997年11月9日日曜日。
僕たちのツアーは、アークからはじめて、ブハラの西側をまず観光した

次に、僕たちは歩いてアークの城壁を通り過ぎ、東へ歩いて「カラーンモスク(カリヤンモスク)」へ行く。
ここには、巨大な「カラーン・ミナレット」が立っている。

このミナレットは、塔の上から人間を落として死刑にしたそうだ。
ブハラは、すぐに処刑したりと、昔はずいぶんひどいところだったような気がするね(笑)。


【Kalan Mosque/カラーンモスクの入り口】
ミナレットをみんなが見ているときに、僕はその集団から1人離れた。
正直、僕は、集団でいつづけることに我慢が出来ない性格なんだ。

1人歩いて、みんなから離れ、ちょっと南にあったカラーンモスクの入り口を覗いてみた。
すると、内部には誰もいない。

【Kalan Mosque/カラーンモスクの中庭】
すすっとカラーンモスクの中庭に入って、写真を取った。
静かで、天気がよく、気候もちょうどいい。

このとき僕は、神が世界旅行者に語りかけるのを感じた。
「世界旅行者よ、お前は、ここにも来たのかっ(驚)!」という感じでびっくりしてたよ。

【Mir-i-Arab Medressa/ミル・アラブ・メドレセ】
次はミリアラブメドレセという、神学校に行きました。
ちなみにイスラム諸国では、「Medressa/メドレセ」が神学校という意味です。

ブハラ旧市街には、隊商宿や市場があちこちにあります。
「タキ/taqi」というのは、道路の交差点にある丸屋根のバザールのこと。

僕たちはミリアラブメドレセの裏にある「タキ・ザルガラン/Taqi Zargaron」へ。
ここには、観光客向けのみやげ物などがありました。

続いて「アブドゥラジズ・ハーン・メドレセ/Abdul Aziz Khan Medressa」と「ウルグベグ・メドレセ/Ulughbek Medressa」を見る。
でも、正直言うと、次々とメドレセやモスクを見ていると、なにがなにかわからなくなる。

いま、そのときの資料を見ても、どれがどれかさっぱり理解できません。
同じような建物を次々見ていると、説明があっても、何も聞いてない。

【マゴキ・アッタリ・モスク/Maghoki-Attar Mosque】
「マゴキ・アッタリ・モスク」も、「Lonely Planet」の地図に印が付けてあっただけ。
写真を見ると、ガイドブックと同じなので、「ここにも行ったのか」というだけです。

ただ次の、もう少し東へ歩いた「ラビハウズ/Labi-Hauz」になると池も大きく印象的だった。
これは強い印象がありました。

【ラビハウズ/Labi-Hauz】
昼過ぎになったので、ここでみんな一緒の観光はオワリ。
みんな一緒に、ビーフカツレツとボルシチの昼食を取ったように思います。

次は、午後の自由行動ということになりました。
僕は絵葉書を買って、郵便局で切手を買います。

あて先を書くのは夜になることでしょう。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記

インド / 中央アジア / アジア

world index

xxx