『前日知り合った日本人美女と、ピックアップの荷台に乗ってサクレウ遺跡へ行き、遺跡から歩いて戻る』@サクレウ遺跡/グアテマラ


【世界旅行者@ボナンパック遺跡の空港(2007)】

1989年9月15日がグアテマラの独立記念日だった。
だから、ウエウエテナンゴの町のすぐ近くの「サクレウ(ZACULEU)遺跡」へのマイクロバスが運行してなかった。

僕はその日に、グアテマラシティからエル・コンドル社のバスで、4時間かけてウエウエテナンゴへ着いた。
エルコンドル社の横にある「ホテルセントラル(1泊シングル7ケツァル/350円)」に部屋を見つける。

洗濯をしていると、向かいの部屋から日本女性が出てきたので、話しかけて、お昼ご飯をいっしょにする。
翌日9月16日に、近くのサクレウ遺跡にいっしょに行こうという話になった。

9月16日朝、僕はまず、メキシコ領事館を代行しているという「エル・シド」という薬局が開くのを待った。
ここで、メキシコのツーリストカードをもらう(料金が5Q/250円)。

その後、ホテルセントラルに帰って両替をした。
宿では、10ドル=25Qと、公定レートより1Qの損だが仕方がない。

これからサクレウ遺跡に行く金がちょっと足りなかったのだ。
遺跡に行くバスがどこから出るのか、ホテルの人間に聞いてもはっきりしない。

女の子が持っている「地球の歩き方」を見せてもらいに行く。
昨日一応いっしょに遺跡に行く話をしていたが、別に旅先での話は、その場限りだ。

次の日に気が変わって、約束と違うことはよくある話。
しかし、女の子は、一緒にサクレウ遺跡に行きたいという。

彼女はこの町にもう4日もいるというのに、まだサクレウ遺跡に行ってないようだ。
女の子に元気がないので、元気付けるためにも、遺跡へ連れて行くのが、旅行者仲間の責任かな。

問題はウエウエテナンゴの町の、どこからバスが出るか解らないということだ。
「シューストリング」も「歩き方」もマイクロバスが遺跡まで走っているという。

「歩き方」の場所でも「シューストリング」の場所でも待つが、それらしいバスは影も形も見えない。
独立記念日翌日だが、今日もバスが休んでいるのだろうか?

人通りも少ない道でぼけっと立っているのは、なんとなく、恥ずかしい。
ピックアップトラックが通りかかったので止めて、聞いてみる。

スペイン語で「サクレウ遺跡行きのバスはどこから出るんですか?」と聞く。
運転手は、質問には答えず、「乗れ」という。

「バスの乗り場を知りたいだけなんだけど」と、僕は言う。
「2人で1Q(50円)だ」と答えが返る。

このトラックで遺跡まで運んでくれるみたいだ。
女の子と一緒に荷台に乗り込んで、10分程度田舎道を揺れると、遺跡に着いた。

運転手は、「帰りはこの遺跡の前で待ってれば、バスが来るから」とアドバイスもくれた。
遺跡は奇麗に整備されていた。

整備され過ぎていて、ピラミッドはコンクリートで補修されているし、遺跡の間には芝生が敷き詰めてある。
いわゆる「ジャングルに潜む神秘のマヤ遺跡」という定番の感慨はない。

入口には小さな博物館みたいなものがある。
パンフレットには入場料は1Qとなっていたが、タダで入れてくれた。

やはり、今日は特別な日(独立記念日関連の休日?)なのだろう。
遺跡の前には、バスが何台も停まっていて、グループで来ている人が多いようだ。

黒人が、ピラミッドの上で、持ってきたらしい大きなラジカセの音楽に合わせて踊っていた。
芝生の上では、団体が輪になって、ぐるぐると盆踊り(らしきもの)をしている。

女の子とは別行動で、1人でいろんなピラミッドを上ったり下りたり、ぐるっと回ったりする。
今までのティカルやチチェンイツア・コパンの遺跡に比べれば小さい。

ほのぼのとして、これもこれでいいな、という感じ。
この遺跡ではどんなに頑張っても2時間以上は時間をつぶせない。

仕上げにもう一度遺跡の博物館を見て、町まで歩いて帰ることにした。
来るかどうかわからないバスを待つくらいなら、田舎道をのんびりと、歩いた方がずっといいからね。

ピックアップトラックで来たときも、そんな距離ではないとわかっていたし。
道を尋ね尋ねして、女の子とゆっくり歩いていたら、1時間ぐらいで町に着く。

歩きながら、女の子と話をする。
話を聞くと、なんと!、彼女は日本を出てもう1年になるのだそうだ。

彼女の初めての海外旅行だ。
女の子1人で旅行に出るのが危ない、とまわりから言われた。

それで、旅行雑誌で別の女の子2人と連絡を取り合って、一緒に旅行することにしたとか。
この話は、1989年なので、まだ旅行雑誌でいっしょに旅する人を求めてたりしたのでしょう。

いまだと、インターネットの掲示板でよく「旅友募集」とか、やってる。
女の子3人で、アジアからカイロへと長期旅行をしていたら、仲が悪くなって、カイロで別れた。

僕の最初のベストセラー「間違いだらけの海外個人旅行」にも、「女3人で旅に出ると、必ず喧嘩別れ」という項目がある。
その話は、このウエウエテナンゴで知り合った女の子の体験、バルセロナで出会った女性の体験を元にしてあるんだけどね。

1人になってからは、ヨーロッパで出会った人たちの家に、誘われるままに泊まり歩いた。
アメリカに来てもヨーロッパで友達になったアメリカ人のニューヨークの家に居候をしていたという。

なかなか、興味深い話だね。
一人旅の方が、旅先での出会いが多くなるってことだろう。

旅先での外国人との出会いなんて、計画できるものではないし。
ただ彼女が、グアテマラの田舎町で、元気がないのは気になったけれど…。

町へ戻って、女の子と遅い昼食をとって、ビールを飲んだ。
エル・コンドル社で、明日の国境越えの(実際は国境までだった)切符を買う。

僕は昨日洗って干していた洗濯物を取り込んだり、荷物をまとめたりする。
夕食は、1人で文庫本でも読みながら取ろうと考えていたが、女の子と一緒になった。

いっしょに夕食を取って、食事が終わったら、女の子が僕の部屋に着いてきてしまった。
これは困った(^ω^;)(;^ω^)。

僕の頭にあるのは、これから先の旅行ルートだけ。
明日中に、「サンクリストバルデラスカーサス(SAN CRISTBAL DE LAS CASAS)」へたどり着くことが、僕の頭を占めている。

旅の準備があるからと、女の子には帰ってもらった。
出会いは出会いとして、キレイなままに取っておいたほうがいいでしょう。

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 world index [beach]

エクアドル ベルー ボリビア チリ アルゼンチン ウルグアイ パラグアイ ブラジル コロンビア


xxx