『サン・アンドレス島からグアテマラシティへ飛んで、宿を決めて、午前3時まで飲む』@グアテマラシティ/グアテマラ
1989年9月12日、サンアンドレス島からの搭乗の時に、片道航空券では乗せられないとか言われて、ゴタゴタした。
それ以外でも、手続きが面倒くさかったが、何とかクリアした。
SAM航空は、時間通り午後5時半に出発する。
食事が出ると、すぐに、コスタリカの首都サンホセに到着。
サンホセで降りる乗客が多かった。
続いて、乗客が少ないまま、グアテマラシティへ飛ぶ。
グアテマラシティ到着は、予定通り、午後7時半。
もちろん、グアテマラシティは、夜になっている。
このフライトには、僕とサンアンドレス島で知り合った日本人カップルも乗っている。
だからと言って、いっしょに行動しようなどとは、思っていない。
海外個人旅行者というのは、本来、とてもあっさりしているからね。
旅先で出会って、話が盛り上がったとしても、それをさらに続けようとは思わないんだ。
サンアンドレス島の空港では、互いに情報を交換して、助け合ったりした。
でも、無理に席を近くに取って、一緒に行動しようとは考えない。
グアテマラの入国審査も、別々に受ける。
誰か1人が入国審査でトラブルを起こした場合、それに巻き込まれるのを防ぐためだ。
グアテマラの入国は、全く問題なく、ただパスポートを見せるだけで、簡単に終了。
出国切符のことも質問されず、所持金についても聞かれなかった。
全く何にも聞かれず、スンナリと入国した。
カップルと僕が協力する意味がまた出てくる。
だって、カップルはグアテマラが初めてだが、僕は南米の前に1か月ほど、グアテマラにいたことがある。
ほとんどはアンティグアでスペイン語学校に行ってたわけだが、もちろんグアテマラシティも歩き倒した。
当然僕が、グアテマライティの空港からダウンタウンの安宿街へ、彼らを導くことになるだろうね。
僕はグアテマラへは、ベリーズから陸路で入国したので、これまでグアテマラシティの空港へ来たことがない。
でも、グアテマラを知っていると、ちっとも怖くない。
空港を出れば、バスかタクシーがあるだろうから、それで、安宿街へ行けばいいだけ、と考えている。
空港を入国手続きが終わったのが、午後8時くらい。
1989年のグアテマラシティの空港はかなり小さくて、周囲には何もない雰囲気。
とにかく、両替をして、グアテマラケツァルを入手する。
1ドル当たり2.78ケツァルのレートで40米ドルを両替して、111.20ケツァル。
僕がいた時が、2.60ケツァル程度だったから、ちょっと下がっている。
こういうときは、頭の中では、1ケツァルは50円と考える。
南米を旅してきたバックパッカーとしては、グアテマラシティへ出るのに、もちろんタクシーなんかには乗らない。
バスに乗っていくのが当然なので、まずバス乗り場を捜す。
聞いた話では、午後8時半ごろまでは、6番のバスがセントロへ走っているとのこと。
空港を出たのが、午後8時半ごろなので、バスがあるかどうかわからない。
タクシーだと、20〜25ケツァル(1000円〜1250円)かかるという。
これは、ちょっとかかりすぎなので、3人で割れるとしても遠慮したいね。
空港ビルの前にいた男性に、もちろんスペイン語で、「セントロ(中心街)に行くバスは、どこから出ますか?」と聞く。
僕が話しかけた男性は、全く何も言わず、僕とカップルを、やってきたマイクロバスに乗せる。
マイクロバスで僕たちをセントロに運んで、降ろす。
その間、全くしゃべらなかったのが、格好よかった。
お金を請求されることも無かった。
降ろしてくれたのは、18CALLEなので、安宿街のど真ん中だ。
3人で宿を当っていく。
最初に行った宿は、空き室無しと断られる。
次の宿は、3人部屋で30ケツァル(1500円)。
その次では、シングルで7ケツァル(350円)。
4番目の宿の「HOTEL SAN CARLOS」だと、シングルが10ケツァル(500円)。
部屋を見たが、広くてきちんとしている。
なかなかいいので、ここに決める。
夜も遅いし、あとはただ寝るだけだ。
3人で同じホテルに泊まることにして、チェックイン。
カップルはもちろんダブルルームに泊まり、僕はシングルルームだ。
部屋を決めたあと、3人でグアテマラシティの夜に繰り出す。
通りは結構賑わっていて、近くの中華レストランへ入る。
3人とも片道切符で、グアテマラへ飛んできたわけだから、ホッとしたことは確かだ。
しかも出発前には、搭乗拒否にあいそうになったんだしね。
中華料理店で食事を取りながら、3人で話をする。
旅行経験豊富な人に旅先で出会えば、話すことには限界がない。
カップルは2人とも、かなり知的な部類だった。
頭のいい人は、とにかく話題が豊富だし、しかも、互いに、長期南米旅行を終わったばかりだ。
旅行者だから話すことは、いくらでもある。
知的な人は、その体験を解釈したり、分析したり、演繹したり、自由自在に出来るんだから。
ビールの大瓶、CABROを4本、GALLO1本を飲んだ。
といっても、おそらく僕が半分以上飲んだと思うんだけれどもね。
結局、夜中の3時まで飲んでいたが、それでも、グアテマラシティには人通りが絶えなかった。
午前3時に切り上げて、ふらふらっと、部屋に戻った。
今朝、サンアンドレス島を出て、これで南米一周旅行は終わった。
でもね、まだ、グアテマラからロサンゼルスへの、2回目の中米旅行が待っているわけだ。

南米一周ルート

「ホテル加宝物語」1989 中米南下  中米北上

world index

xxx