『国境で出会ったジムと協力して、サンクリストバルデラスカーサスへ到着する』@サンクリストバルデラスカーサス/メキシコ

【世界旅行者@戦士の宮殿の列柱/チチェンイツァ/メキシコ(2007)】
1989年9月17日、メキシコのウエウエテナンゴを午前10時15分に出発したバスは、お昼の12時半に国境へ到着した。
これが、山中を通る「LA MESILLA/CIUDAD CUAUHTEMOC」国境のようだ。
入国の時はまず税関の検査があるのがシステムなのだが、ラ・メシージャの国境は非常に厳しかった。
バックパックを全部開けられて、中の小さな袋やペンシルケースまでチェックする。
どうやらドラッグのチェックが厳しいらしい。
もちろん僕はドラッグには手を出さない主義だ。
僕は酒さえあれば幸せになれる。
昔、南インドのコバラムビーチで夕陽を見ていたときも、僕だけはジョニ黒を飲んでいたものだ。
僕のバックパックの中は荷物を大小さまざまな袋にまとめて詰めてある。
全部調べようとすると、いちいち開けるのが大変でかなり時間がかかる。
これだけやっかいなことをしたら、小役人が何か文句をつけたくなっても仕方がない。
「これは何だ」と、アメリカで買って来たコンドームを取り出してきた。
海外に出ると思いがけない所で思いがけない発見をするものなのだが、僕に取ってはコンドームのことが大発見だった。
日本ではコンドームを自分のポコチンに付ける時に何故かつっぱってしまった。
きっと、付けかたが下手なんだろうか、と秘かに悩んでいたものだ。
ニューヨークで泊まった「スローンハウスYMCA」のロビーで、HIVキャンペーンのために無料でコンドームを配っていた。
無料なので、そのコンドームをひとつかみもらって部屋に帰った。
日本の「クイズ・百人に聞きました」がパクったので有名なTV番組「ファミリーフュード」を見ながら、暇つぶしにポコチンに装着したところ、ぴったりだった。
なーんだ!結局僕の着け方が悪いということではなかった。
日本のコンドームが僕のチンコには小さ過ぎたということ。
いままでの経験から、そうじゃないかと思ってたんだ。
結局世界的に見ると、僕のチンコはアメリカ人の平均ということなのだね。
南米に下る時にはLAの日系スーパー「ヤオハン」でコンドームを一応用意していた。
コンドームを持つというのは、海外個人旅行者としては基本の基本。
僕のベストセラー「間違いだらけの海外個人旅行」にも、「海外旅行に出るときはコンドームを用意しよう」とはっきり書いてある。
僕は、中南米旅行に出るときに、コンドームを用意していったが、それは旅先で日本女性と会うことを考えていたからだ。
この1回目の世界一周旅行では、もともとの理由というのが、離婚した心の傷を癒すためだった。
世界各地で女性に迫られても、とくにエッチをする気はなかった。
僕がイスタンブールの日本人宿「モーラ」で出会った男性の話があった。
改造した自分の車で世界旅行している日本人(その頃で2年たっていた)とイスタンブールの食堂で出会った。
彼の南米話で、彼が「南米で情熱的な日本人女子大生に迫られて、エッチした」話を聞いていた。
確かにラテンの国にはラテン系の人間が旅をするのが原理原則だ。
しかし、ペルーなどでちょっと話した日本の女の子も、個性的だったりしたね。
僕が持ってきたコンドームは、紙箱のパッケージに納まったままで、ちょっと見には何かわからないような状態だった。
さて、僕にはスペイン語でコンドームを何というかまでの単語力はない。
しかし、限られた単語でなんでも説明出来る文法力や構成力はある。
「セニョール。それはAIDSを防ぐためのゴムで出来た器具です」が僕の答。
「どうやって使うんだ」
「ここにこうゆう風につけるんです」と、僕は自分のチンコを指さして、ジェスチャーで着け方を示した。
「何だ、コンドームか」
ここでも冗談好きなラテンアメリカ人に遊ばれてしまったようだ。
ジムも無事に税関をクリアした。
次は入国審査だが、事前に入手してあるツーリストカードを取り出す。
「僕はウエテナンゴの薬局でツーリストカードを5Q出して入手して貰って来たけど、あの薬局は何なんだろう?」と、ジムと世間話をする。
「何だ。君もそんなこと信じてるの?僕はいつも国境でもらってるよ」が、答。
本当だろうか。
「地球の歩き方」はもちろん信じてないが、この件は「Lonely Planet Southamerica on a shoestring」にも同じことが書いてあったのだ。
昨日の薬局には、白人の旅行者もたくさんいたが。
ジムは堂々とツーリストカードを国境でもらった。
「ね、タダだよ」と、ウインクをする。
ということは「シューストリング」が間違っていることになる。
「歩き方」はこの「シューストリング」からの情報を丸写ししている所も多いので、きっと、間違いを信じてしまったのだろう。
いかにも日本の旅行案内書らしい、情けない話だ。
国境を越えた所には当然両替のおじさんたちがいて、20ドルを48000ペソに交換してくれた。
つまり、1ドル=2400ペソ。
半年前のレートが1ドル=2370ペソだから、こんなものなのだろう(ただ、実はこの時の銀行レートは1ドル=2531ペソだった)。
これで無事国境は越えたのだが、国境を越えてもただ道の真ん中で、他にはなにもない。
普通は国境にはバスかなんかが待っているものだが、さて、どうするのだろう。
もうひとつ掘っ建て小屋状のものがあって、そこには警察らしい制服を来たおじさんがいた。
ここで情報を得ようと近づいて、話しかけた。
バスかなんかの時刻と料金を聞こうとしたのだ。
ところがこの警官は暇だったのだろう。
僕のパスポートを見せろといった後、またバックパックを開けられて全部再チェックだ。
もう税関でチェックされたんだといっても聞こうとはしない。
チェックが終わって、遠くで見ていたジムの方へ戻る。
ジムには、「ケン、役人には近づかない方がいいよ。僕に任せればいいんだ」と言われてしまった。
ここから4〜5kmの距離にあるクリストバルコロン社のオフィスまで、丁度やって来たタクシーに乗った。
2人で5000ペソ。
1人1ドルぐらいだからわざわざ歩くことはない。
タクシーでオフィスのある小さな町に入ると、タクシーが止まった所でもう一度、入国審査官がパスポートをチェックした。
これだけ何度もチェックされるのは初めてだ。
中南米からアメリカへ向けて密入国の大きな流れがあるという。
メキシコとアメリカの国境を越えるのは比較的簡単だという話を聞いているのでここでのチェックが大切なのかも知れない。
この後、メキシコのマサトランからアメリカ国境のティファナへ行く途中では、大変だった。
バスを真夜中に止められて、全員整列させられてチェックをうけたものだ。
その時は、僕はアメリカに密入国するメキシコ人のような気分になったよ(涙)。
この町のクリストバルコロン社のバスは名前の通り、サンクリストバルコロンまで走っている。
午後3時発、5時30分着の予定で、料金は5500ペソ。
近くのレストランで、コーラ(1000ペソ)を飲みながら、ジムと話をする。
ジムはグアテマラから南へは下ってないというので、いろいろと教えてあげる。
これから行くサンクリストバルラスカーサスへは、僕は南米に行く途中に一度立ち寄ったことがある。
その時は、ここからパレンケの遺跡へのバスに乗ったものだ。
町は観光客も適当に多いしおいしいレストランもある。
泊まるホテルの心当たりもあるし、何の心配もない。
町は静かで空は薄い青色に遠くまで広がっている。
バスを待ちながら何にもない所でぼーっとしているのはとても素敵だ。
午後3時出発予定のバスは、午後3時15分に出た。
舗装された道路を快適にとばしたが、途中の町コミタンで30分停車する。
そのせいか、サンクリストバルデラスカーサスに着いたのは日も暮れた午後6時半になった。
ジムは白人旅行者の溜り場のホテルへ行くといって、「じゃあね」と別れる。
外人と出会うと別れるのが楽でいい。
日本人同士だとべたべたした関係になって、あっさりというわけにはいかない。
外国人同士だと、出会いも別れも、あっさりしている。
チョット会っただけなのに、旅の情報交換も出来るし、協力し終わったら、あっさりと別れられる。
日本人だと、ついつい一緒に行動してしまう。
日本人の場合は、出会ったら、別れにくいのが、問題かもしれないね。
僕には、サン・クリストバル・デ・ラス・カーサスの町に、なじみのホテルがある。
南へ下る時に、オアハカからのバスが遅れて着いて、真っ暗になってしまった。
その時地元の人に教えてもらった「ポサーダ・ルセージャ」にチェックインする。
宿のおじさんは、半年前に来た僕の顔を覚えていたよ。
昔と同じ6号室に泊まる。
シングル1泊12000ペソ(650円)。
灯りのついた夜の教会へ行って、無事国境を越えた感謝の祈りを捧げる。
すべてはただ神の指し示すままだ。
明日オアハカで泊まるかどうかは明日決る。
1日のことはその1日だけ考えればいいことだ。

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 world index [beach]


xxx