『アンティグアへ往復するが、独立記念日前夜の騒ぎでバスが見つからないのを切り抜ける』@アンティグア/グアテマラ
1989年9月14日は、体調が完全に回復した。
昨日は、二日酔いで、ほとんど1日ベッドで寝ていたからね。
いまいるのがグアテマラシティ。
これから、僕は北上して、陸路でメキシコへ入り、陸路国境を越えて、アメリカへ入国する予定。
以前、グアテマラへ入国したのは、ベリーズからだった。
このあと2007年にユカタン半島一周をしたときは、パレンケからフローレスのルートでグアテマラへ入った。
これからは、一気にメキシコへ移動するつもりだが、その途中には「ウエウエテナンゴ(HUEHUETENANGO)」という町がある。
ウエウエテナンゴの近くには、「サクレウ(ZACULEU)遺跡」がある。
せっかくグアテマラに戻ってきたのだから、僕のマヤ遺跡リストにサクレウ遺跡を追加するのはいいことだろう。
まず、グアテマラシティからウエウエテナンゴへ移動することにした。
INGUAT(グアテマラ観光局)で入手した、「グアテマラシティのバス会社地図」を見て、バス会社へ歩く。
エルコンドル社(EL CONDOR/19CALLE 2-01)で、翌日(9月15日)ウエウエテナンゴ行きのバスの切符を買った。
料金は7ケツァル(350円)で午前8時発だが、「午前7時〜7時半にバス会社へ来るように」と、言われる。
グアテマラシティからウエウエテナンゴまでは、5時間程度らしいから、午後の早い時間に到着できる。
これで、明日の計画が立ったことになる。
今日は、アンティグアへ行くことにしましょう。
僕も、南米へ行く前には、アンティグアでスペイン語学校に通っていたしね。
2度と来ることもないだろうし、日本レストランのZENで日本食を食べてもいい。
15CALLEから、アンティグア行きのバスに乗る。
このバスは、変に時間がかかって、1時間半もかかった(普通は1時間程度なのだが)。
懐かしいアンティグアの中央公園(PARQUE CENTRAL)」を歩いていたら、日本の女の子から声をかけられる。
この女性は、前回アンティグアにいたとき、世間話をしていた。
彼女の実家が火事になったという連絡をもらった日だったので、記憶に強く残っていた。
話をすると、なんと、彼女も南米へ行って戻ったばかりだとか(驚)。
公園に面した「CAFE JARDIN」で、コーヒーとチョコレートを取りながら、南米旅行の話をした。
これだけ縁があると、普通はまたどこかで会うものだが、彼女とはこれっきりだった。
お昼の12時半にZENへ行って、ユキさんに南米から戻ってきたあいさつをする。
ZENには、旅行者としては、ニューヨークで一年バイトをして金を貯め、これから南米へ下る若者がいた。
彼は、ちょっと話は面白くなかったね。
そこに、サンアンドレス島から僕といっしょに来たカップルが顔を出した。
9月13日には、午前3時まで飲んで話をしていたが、僕は彼らの部屋を訪ねたりしてない。
もちろん、カップル旅行者にはカップル旅行者の「お楽しみ」があるからね(笑)♪
懐かしいドニャルイサで、カップルと話をした。
カップルは、グアテマラシティのホテルを引き払って、アンティグアにしばらく滞在するとか。
僕は明日、ウエウエテナンゴに移動する。
LAのホテル加宝にしばらくいるから、暇だったら寄ってよ」と言って、別れる。
このカップルは、実際に、僕がいるときに、ホテル加宝にやってきた。
アンティグアでの用事はオワリ、あとはグアテマラシティに戻ればいいだけだ。
午後6時半にアンティグアのバスターミナルに行くと、「バスがない」と言われる。
聞きまくると、午後8時半に一本あるという噂もある。
かなり金持ち風のグアテマラ人が声をかけてきたので、車に乗せてもらう。
男性1人と女性2人だった。
そこで、ワイワイとやっていたが、夜中で気分がハイになっていたのか、ちょっとしゃべりすぎた。
ウザッタク思われたようで、アンティグアへの分かれ道で降ろされてしまった(涙)。
人はいたので、聞きまくると、バスがあるという人、バスはないという人、いろいろだ。
道端の店のおじさんの話では、「5分待てばバスは来る」との話。
こういう話はもちろん信じられないのだが、仕方ないので待っていると、本当にバスがやってきた。
バスは完全に満員だったが、ドライバーの横の隙間にバケツを逆さに置いて、僕の座るところを作ってくれた。
運転手と話をしていると、アンティグアからのバスが無かったり、バスが満員な理由が判明した。
実は「明日の9月15日がグアテマラの独立記念日」だそうだ。
火のついたたいまつを持った若者たちが、道路を走り回って、バスは人をよけるために、スピードを落としたりする。
これは、独立記念日の前夜祭の騒ぎだそうだ。
かなり危険だったよ。
バスはグアテマラ市内に入ったが、CALLE24 BOLIVARSで降りて、ホテルへ歩いた。
グアテマラシティはとにかく、碁盤の目状に道が走っていて、道路標示がハッキリしているのがいい。
僕は、グアテマラシティは結構歩き回っているので、夜でも自信を持って歩ける。
現地通貨のケツァルがちょっと不足気味なので、ホテルで両替を頼むと「1ドル=2ケツァル」というひどいレート。
そこで、到着した日に行った中華料理屋で、10ドルを25ケツァルで両替した。
いろいろドキドキすることがあったのと、昨日は十二分に身体を休めているので、目が冴えて眠れない。
日本語の文庫本を読んで、午前1時ごろまで起きていた。
明日は、グアテマラの独立記念日か。
バスの切符は入手してあるから、とにかく、ウエウエテナンゴへは行けるでしょう。

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 world index [beach]

エクアドル ベルー ボリビア チリ アルゼンチン ウルグアイ パラグアイ ブラジル コロンビア


xxx