『世界各地のバスを論じつつ、ウエウエテナンゴへ着いて、ホテルで日本人美女と会う』@ウエウエテナンゴ/グアテマラ


【ボナンパック遺跡にて(2007)】

1989年9月15日、今日はグアテマラの独立記念日らしい。
グアテマラシティ、セントロの安宿「サンカルロス」で目覚めたのは、少し早い時間の、午前5時だ。

昨日アンティグアのZENから持って来た、久しぶりの日本語の本を午前1時まで読んでいた割には早く起きてしまった。
起きてしまったら最後、もう一度寝ると、寝過ごして、バスに乗り遅れてしまうよ。

「サンカルロス」を出たのは午前6時半になった。
特に、トイレに3回ぐらい通って念には念を入れて、ウンコを出したのだ。

今日のようにあんまり設備の良くない、トイレの無いバスに乗る時は、トイレの問題がとても重要だ。
途中でおなかが苦しくなったら、とんでもない所で置き去りにされてしまうかもしれないのだから。 

ウエウエテナンゴ行きのエルコンドル社のバスの切符は2日前に買っていた。
ただ、その切符をどういう使い方をするのか、要領が解らなかった。

切符を買いに行ったら番号の書いてある紙切れを渡された。
そして、「朝8時出発なのだが、7時から7時半に事務所へ来るように」と言われていた。

切符の番号は座席番号ではないようだ。
行ってみると何のことはない、その番号順にバスに乗り込んで、自分の好きな席に座っていいという仕組み。

これはバスでは初めて経験した。
世の中には、まだまだ理解不能なことがあるね。

座席は横の一列が2席と3席に別れていて、狭い。
これで5時間か…。

まあ、1列5席というバスはモロッコでもケニアでも乗ったことがある。
モロッコでは隣に100キロを優に越すという、おなかの出た肥ったおじさんが座っていた。

「バスでふとっちょの隣に座るのは最悪」なわけで、マラケシュからカサブランカまで体を斜めに歪めたまま4時間乗っていたっけ。
エジプトのハルガダからスエズまでは満員バスで立ったまま5時間という記録もある。

ブラジルでは「レイト」という寝台バスに、リオデジャネイロからバイーア(サルバドール)まで、28時間連続に乗っていたこともある。
一列3席でゆったりしていて、トイレもあり、非常に快適なバスで、住みつきたいくらいだったけどね。

チベットのラサからゴルムドへの5千メートルを越える高原バスはトイレがなくて、三十数時間かかった。
このときは、いつ着くかさっぱりわからなかったので、精神的にぼろぼろだったよ。

考えてみると、1984年に乗ったネパールのポカラからインド国境のスノウリへの小型バスが一番きつかった。
これは、シートごと身体が跳び上がるバスで、天井に頭を打っては、大笑いしていた。

若い時はどんなバスでも耐えられますけどね(笑)。
これだけのバス経験があるので、今では10時間以内のバスは物足りない気分がする。

やはり12時間以上バスの中にいて、体の節々が痛くなった後で、その疲れが頭に及んで、ぼーっとしてくるのがいい。
まるでバスの揺れと身体が一体化する感じを得るのがバスに乗る醍醐味だ(これについてはいずれじっくりと哲学的に考察してみたい)。

グアテマラシティからウエウエテナンゴへのバスは、確かにシートは狭かったが、全く問題ない。
天気もよかったし、狭いが舗装された道路を、快適にとばして、午後1時にウエウエテナンゴへ着いた。

バスが、ウエウエテナンゴのエルコンドル社の事務所の前に止まる。
とにかく、宿を決めなければね。

隣にあった「ホテルセントラル」を当たってみる。
2人部屋を1人で使って7Q(350円)。

なかなか大きい部屋だし、これに決める。
コの字形に中庭を囲んだ2階の部屋のひとつだ。 

ウエウエテナンゴの近くには、サクレウというマヤ遺跡がある。
もちろんそれを見るのが、ここへきた目的の一つだ。

早速、サクレウ遺跡に行こうと様子を聞くと、「今日は独立記念日でサクレウ遺跡へのバスは走っていない」とのこと。
昨日アンティグアからグアテマラシティへの道を、松明を持った大勢の人が走っていたのは、やはり独立記念日の前夜祭だった。

バスから眺めて、「放火犯のマラソン大会」と思ったのはやはり間違いだった。
いくら何でもありのラテンアメリカ諸国でも、ちょっとおかしいとは思ったのだが。

ウエウエテナンゴに来たのは、サクレウ遺跡を見るためと、ここからメキシコへ国境を越えるためだ。
グアテマラからメキシコへ直接国境を越えるルートは、主に2つある。

太平洋に沿った「TECUN UMAN/CIUDAD HIDALGO」のルート。
それと、山中を通る「LA MESILLA/CIUDAD CUAUHTEMOC」の2つだ。

あと、ヤシュチランからウスマシンタ川を越えて、グアテマラのペテン(ティカル遺跡のあるところ)へ抜けるルートもある。
もちろん僕が通ったように、ベリーズを経由してメキシコのチェトマルへ進むことも出来るよ。

僕がこのルートを選んだのは、ウエウエテナンゴからサン・クリストバル・デ・ラス・カーサスへ、1日でたどり着けること。
更には訪れたマヤ遺跡の長いリストに、サクレウ遺跡を加えることが1つだ。

独立記念日のために、今日はバスも全く動いていないようだ。
今日サクレウ遺跡を無理に見たら、明日国境を越えなければならないが、それも疲れる話だ。

明日にしよう、長期旅行の基本は「無理をしない」これに尽きるからね。
ホテルの部屋で荷物をベッドに広げて整理する。

今日と明日の2日あるので、サンアンドレス島から持って来た、半乾きの水着やTシャツを洗うことにする。
2階の廊下の端っこに洗面所があって、その先のベランダで洗濯物を干せるようになっている。

早速石鹸で、シャツやパンツを洗い出す。
洗濯をしていると、向かいの部屋から東洋人の女の子が出て来た。

日本人だろうね。
1989年では、韓国人旅行者がいるのは、まだヨーロッパやアメリカに限られていた。

「こんにちはー!」と、女の子に声をかけると、すぐに気がついた。
やはり、日本人だったよ♪

この時代は、日本人旅行者は本当に世界中どこにでもいた(いまはいないかもね)。
まわりがあんまり日本人だらけだと声をかけにくいが、こんな所で会ったら声をかけるのは礼儀だし常識だ。

しかも若い女の子なのだから話しかけない方がおかしい。
今日はこの女の子と話をして、時間をつぶそう!と決める。

ホテルの物干し場では軽く話をした。
僕が洗濯を終わり、洗濯ロープにシャツを干したりする時間が必要。

そのちょっとした時間を置いて、町のレストランへ昼食に行くことにする。
女の子にも、身支度が必要だろうしね♪

食事をしながら、互いに旅の話をした、と言いたいが、この日本女性は、口数が多くなかった。
だから、ほとんどは僕の旅の話になった。

でも、旅行者にとってみれば、旅の話を聞いてくれる人がいるのはうれしいこと。
自分で話をして、自分で突っ込んで、女の子の表情を見ながら、それに合わせて盛り上げる。

彼女も、結構旅は長いようだが、細かいところはわからない。
話そうとしないしね。

話したくない人の話を、無理に聞き出すことはないさ。
ホンモノの海外個人旅行者とは、とにかく、あっさりしているのが特徴なんだから。

彼女はまだ「サクレウ遺跡」に行ってないとか。
今日は、グアテマラの独立記念日だが、明日になれば遺跡へ行けるだろう。

そこで、明日いっしょに、サクレウ遺跡へ行く約束をした。
ホテルへ戻って、部屋の前の廊下で、彼女と別れる。

ベッドに入って、日本の文庫本を読みながら、時間を潰す。
今日が無事に過ぎて、明日にはやることがある。

明日は、日本人美女といっしょにサクレウ遺跡へ行くことが決まっている。
サクレウ遺跡へ行ってしまえば、ウエウエテナンゴに用はない。

明後日にメキシコへ国境を越えればいい。
メキシコへ入れば、あとは、すでに旅をした経験のあるところばかり。

とっとと、メキシコを通って、ロサンゼルスのホテル加宝へ行きましょう。
僕の定宿加宝へ戻れば、加宝から出て加宝へ戻る完全な「中南米一周旅行」が完成するわけだ。

すべて完璧だね。
と、本を読んでいるうちに、パタッと幸せに眠りにつきました。

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 world index [beach]

エクアドル ベルー ボリビア チリ アルゼンチン ウルグアイ パラグアイ ブラジル コロンビア


xxx