『グアテマラシティで身体を休め、南米一周旅行を振り返り、旅行哲学をして1日過ごす』@グアテマラシティ/グアテマラ
1989年9月12日は、サンアンドレス島からグアテマラシティに着いた。
サンアンドレス島のビーチで知り合ったカップルといっしょに、無事入国審査を済ませる。
空港を出たところで、たまたま話しかけた人が、無料で、マイクロバスに乗せてくれて、セントロに着いた。
そのあと、3人で宿探しをして、「HOTEL SAN CARLOS」に決める。
シャワートイレつきのシングルルームが10ケツァル(500円)なので問題はない。
そのあと、3人で食事に出かけ、午前3時まで、ああだこうだと話が盛り上がった。
旅行経験が豊富な人と話すのは、常に興味深いものだ。
でも、彼らはその上に、なかなか知的レベルが高くて、話も面白かった。
知的レベルの高い人は、自分のことを客観視して、他人のことのように批評できるところがいい。
いくら旅行経験があっても、ただひたすら「旅行自慢」するだけの人もいるしね(涙)。
この時代の南米長期旅行者の中には、日本人宿を渡り歩いて、長期滞在している人も多かった。
日本人宿の主人や客の噂話しか話せない、という旅行者もいたんだ(驚)。
日本人旅行者は、その時代に流行した旅行本の影響を受けている。
旅行本の歴史的な流れを、ここで振り返ってみよう。
日本人は、本で読んだ「冒険らしきもの」を自分でも体験してみたいと思うもの。
それは例えば、昔だったら、小田実の「何でも見てやろう」だし、次の世代だと五木寛之の「青年は荒野をめざす」かな。
「何でも見てやろう」は1961年に出版されたが、この時期は普通の日本人が海外旅行に出られる状況ではなかった。
だから、青年が世界各地を個人旅行したというだけで、衝撃的だったのだと思う。
僕自身は「何でも見てやろう」は読んだことがない。
著者の小田実の別の本は読もうとしたことはあるが、面白くなくて、途中で止めたことはある。

正直、小田実は文章が下手だったので、話題だけで読まれた本なのだろう。
この本を読んで旅への意欲が掻き立てられた人がいたとしても、まず、海外旅行に出ることが難しかった。
実際に日本人の海外旅行シーンに影響を与えたことはないと思う。
ただ、憧れをかきたてた事は事実だろうね。
実質的に日本人の海外旅行に影響を与えたのは、五木寛之の「青年は荒野をめざす」だ。
初版は1967年の出版で、ベストセラーとなった。

この旅は、横浜からナホトカへ船に乗り、シベリア鉄道でモスクワへ入った。
そのあと、ヨーロッパへ旅を続ける。
この本も僕は未読だが、1970年前後の若者の旅の典型的なルート。
僕の友人知人にも、同じルートでヨーロッパ旅行をした人が数人いる。
ただ、五木寛之はもちろん小説家なので、「青年は荒野をめざす」は、はっきりとした小説だ。
ジャズとセックスと海外旅行を絡めた「小説」なので、旅行自体の参考にはならない。
その時代の「気分」は、よく表しているだろうね。
どんどん海外へ出て行って、白人女性とエッチをしたいという願望ね。

沢木耕太郎の「深夜特急」は、いまでも、日本の旅行シーンに影響を与え続けているようだ。
この最初の巻が出版されたのが、1986年だそうだ(第三巻目が出たのが1992年)。
僕が最初に世界一周旅行に出たのが、1987年から1990年まで。
だからといってこの本を読んだわけでもない。
僕は1984年から1985年にかけて、タイ、ネパール、インド、スリランカの南アジアの旅をしている。
それ以前も、アジアはあちこち旅をしていた。
沢木耕太郎よりも、僕のほうが旅行経験としては、ベテランになります(キッパリ!)。
旅行経験豊富な人の間では、深夜特急も「小説だ」ということになってます。
深夜特急の場合は旅行のバイブル化されていて、内容が本当だと信じている人も多いようだ。
いまでもテレビドラマになったりしているのが、いいのかわるいのか(笑)。
格好いい海外旅行の幻想を一気にひっくり返したのが、猿岩石の「猿岩石日記」だった。
日本テレビの「進め!電波少年」で、1996年に放映されていた。
僕はこの番組自体を見ていない。
その理由は、この時期1996年は、僕はアフリカ、ヨーロッパ、アメリカ、中米の、2回目の世界一周旅行をしていた。
テレビが放送されていたとき、僕は日本にいなかったんだ。
猿岩石は、ヤラセのテレビ番組で、アジア横断をしていた。
みんなが猿岩石のアジア横断に感動し、手に汗を握って、テレビを見ていた1996年。
僕は、本当に1人で、二度目の世界一周をしていた。

はっきりと、世界旅行者先生様の、すごさがわかるよね(笑)♪
誰も褒めてくれないので、書いちゃうんだけどね。
日本人と海外個人旅行については、いろんな本も出ているが、著者自身に旅行体験も知識も不足している。
著者に旅行経験がないと、いくら取材してもその感覚がわからないんだね(涙)。
さて、もちろん、僕がグアテマラシティへ戻ってきた翌日は、1989年3月13日。
未来に出る旅行本のことなどわかるはずはない。
ただ、「本当に旅をした人の話がないなー」とか「日本の旅行本は嘘だらけだなー」とか、旅をしている間中考えていた。
それが僕が、旅行記を書き続けている理由なんだけどね。
2000年に出版された、僕の「間違いだらけの海外個人旅行」は、だから、出るべくして出た革命的な本だった。
出版社が本気で売れば、もっと売れていただろうね。
ただ、日本には、旅行本で食っている人たちがいるので、その人たちにとっては、目障りな本だったようだ。
日本では、あいも変わらず、でっち上げ旅行本が出版され続けている。
日本という国も、日本国民も、全く進歩がない。
その遅れた社会に合わせていけば、生きるのも楽なんだろうけどね。

さて、昨日飲みすぎたのでボーッとしているが、昼近くになって、町へ出た。
まず、観光案内所「INGUAT」へ行って、グアテマラ市内地図(2.5ケツァル/125円)を買い、バスターミナルリストをもらう。
コンキスタドールシェラトンホテル(CONQUISTADOR SHERATON HOTEL)へ行って、TIME(6.5Q)と NEWSWEEK(5Q)をゲット。
ついでに、ハドリーチェイス(JAMES HADLEY CHASE)の「THERE'S A HIPPIE ON THE HIGHWAY」(5.75Q)を買った。
中華料理店で、ラーメン(4Q)と焼きソバ(6.25Q)を食べる。
お腹がふくれたので、ホテルに戻って、部屋で昼寝。
そのまま夕方まで寝て、ちょっと目が覚めたが、また寝た。
疲れているときは、寝ているのが一番だ。
明日は、アンティグアへ行って、ZENのユキさんに、南米一周の報告でもしましょうかね。
メキシコへのバスのことも、考えなければいけないが…。
それもまた、明日考えればいいだけだ。

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 world index [beach]

エクアドル ベルー ボリビア チリ アルゼンチン ウルグアイ パラグアイ ブラジル コロンビア


xxx