『すき焼きパーティの翌朝は、余った肉を食べて満足。すき焼きの作り方。女性旅行者が二人来る。』@ホテル加宝/ロサンゼルス(1989/10/02)

【ホテル加宝と4番街】
1989年10月2日、朝が来た。
前日は、午後6時からすき焼きパーティをして、飲み続け、食べ続けて、午前2時に解散した。

あと片づけをしないまま、部屋に戻って寝た。
すき焼きパーティをしたのは、多分2階の部屋だったから、部屋は散らかっていただろう。

僕の部屋は3階の奥の301号室なので、それとは関係なく、安らかに寝ました。
目を覚まして、ロビーに降りると、パーティ仲間を発見。
パーティをやった部屋へ行って、少し片づけを手伝う。
すき焼きの残りがすこし余っていた。
最近料理のレシピにうるさい、世の中が何にもわかってない人たちがいるようだ。
そこで僕がホテル加宝で作ったすき焼きの、基本的な作り方を書いてみよう。

まず、ヤオハンで買ってきたすき焼き用の薄切り牛肉を何パックも空けて、台所にある中華鍋に放り込む。
肉が焦げ付きそうになったら、醤油を注いで、砂糖をどさっとかける。
さらに気分で日本酒を入れる。
野菜があれば、それを適当に切って鍋に入れる。

味の調整は、一人に任せた方がいいので、僕が担当する。
読めばわかるが、これをすき焼きと呼べるかどうか、自信がない。
「薄切り牛肉の砂糖しょうゆ煮」と呼んだ方が、実態に即しているかも。
ただロサンゼルスでは、牛肉が安いので、変なものを入れるよりも、牛肉を食べた方がいい。

パーティ参加者は20歳くらいの元気のいい若者だから、肉を食いたいだけだ。
味を適当に調整して、箱買いしてきたビールを飲む。

あとは一人一人にまんべんなく話を振って、お互いの話をする。
僕はこういう場を盛り上げるのが得意だ。
というのは、僕はもともとユースホステルのミーティングを仕切っていた。
いろんな人に話を振って、旅や自分を語らせるのが上手だし、つまらない話でもそれを別の人に回して、考えを聞いたりするのもお手の物。

若者がロサンゼルスで4人集まったら、それぞれに語りたいことがある。
アメリカ旅行に来た若者には、ちゃんとしたアドバイスもできる。

なにしろ僕は、ニューヨーク滞在一か月、アメリカ一周2か月、ロサンゼルス滞在2か月の経験がある。
しかもそのあと、中南米一周7か月の旅を終えたばかり。

だから昨晩は、飲んで食って、話をして、話が終わらず、午前2時半に疲れ果てて、ベッドに入ったんだからね。
でもいい酔い方をしたので、翌朝はすっきりしていた。

部屋の後片付けをする。
中華鍋にすき焼き(薄切り牛肉の砂糖しょうゆ煮)の残りがあったので、それをつまみに、またビールを飲む。
ロサンゼルスのカラッとした気候で、朝から飲むビールは気持ちいいねー。
しかも缶ビールは箱買いしているので、一缶50円程度だし。

パーティの後片付けをして、僕はリトル東京の日系銀行へ行って、トラベラーズチェックをドルキャッシュにした。
確かこの時点で、2千ドル程度のトラベラーズチェックを持っていた。

これから東京へ帰るにしても、航空券は500ドル程度だ。
ホテル加宝の宿泊費は、この時僕だけ特別に、一週間95ドルだった。

ロサンゼルスの食費は、自炊すれば異常に安い。
だから2000ドルあれば、2か月程度はゴロゴロできて、日本へも帰れるだろう。
僕の日本の銀行口座には、まだ100万円程度は残っているはず。
それによって、多分、南太平洋へ足を延ばすかもしれない。
ただそんな「旅行計画」なんか、僕は立てない。
なんとかなるだろう。

なんとかならなければ、死ぬだけの話だ。
とは思ったが、もちろん死ぬつもりはない。
それどころか、「金がないなら働こう」という気持ちもない。
これは僕が悪いのではなくて、親の育て方が悪かったせいだと思うけどね。
この時代、ロサンゼルスでは、旅行に来て金が足りなくなったので、リトル東京で働いて生活費を稼いでいる人は多かった。
それどころか、アメリカでバイトをして金を貯めて、南米旅行をするというパターンもあったほどだ。
僕としては、300ドルの現金を入手したので、さしあたり問題はない。
ロビーでぼんやりしていたら、日本人女性旅行者が二人やってきた。
この女性については、全く記憶もないが、ノートにメモってあったので、書いているだけだ。
TOEFLの問題集を少しやったが、レベルが低すぎるので、どうなのかなーと思う。

TOEFLとかTOEICとかの問題は、英語の実力は全く反映しないので、勉強しても無駄。
でも日本では、標準になっているらしい。

だから日本人はいつまでも英語はできないんだよ。
僕は英語学習については、よく知ってるけどね。
ケンブリッジ英検特級(CPE)の問題集や試験問題は、本当に難しかったけどね。
というのが、ケンブリッジ英検は、いくら馬鹿が勉強しても無理なんだよ。
本当に頭がよくないと絶対に合格しないからね(そして僕はCPEに合格しているわけだが)。
遅い昼ご飯として、スパゲッティを茹でて、ワインを飲む。

午後の遅い時間に食事をしてワインを飲めば、当然眠くなるので、部屋で寝た。
夕方に目が覚めたので、ロビーに降りると、顔見知りの加宝宿泊者と会う。
昨日4人ですき焼きパーティをしたというと、みんなでパーティをしたいという声が上がる。
今日は疲れるし食事も終わったので、明日パーティをすることに決定。

すき焼きパーティは飽きたので、水炊きパーティにしようという話になる。
明日午後4時ごろにロビーに集合だけ決める。

そのままロビーで缶ビールを飲んでテレビを見ていると、「パーティに参加していいですか?」という声がかかる。
「誰でもどんどん来たらいいさ」が僕の答え。

水炊きパーティならば、人数が増えたところで問題はないしね。
これがホテル加宝物語第2部の実態でした。

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上

world index [beach]

ホテル加宝物語 /加宝物語シーズン2 /「ホテル加宝物語第三部」


xxx