『ホテル加宝のロビーで大川のおじさんと話をして、ロサンゼルス観光局で日本人女性旅行者にに話しかける』@ホテル加宝/ロサンゼルス/カリフォルニア/米国(1989/09/30)

【ホテル加宝の正面写真】
1989年9月27日に、僕は中米旅行南米旅行を終えて、ロサンゼルスダウンタウンの「ホテル加宝」へ戻ってきた。
この中南米一周旅行に出る前、僕は2か月ちょっと、加宝に泊まっていた。
その間、加宝のスタッフ(おばちゃん、大川のおじさん、おねえちゃん)とも仲良くしていたし、加宝に住んでいた人たちとも知り合っていた。
でも、半年以上もたてば、僕が出発前に知っていた人たちも、どこかへ移動してしまっている。
特に、旅行者の場合は、日本へ戻ったり、どこかへまた旅に出たりして、残っている人はほとんどいない。
ロサンゼルスで働いている人たちは、だいたいは加宝に残っているけどね。
この時期は、まだ米国の出入国管理が厳しくなかった。
だから、旅行者とアメリカ滞在者の差は、それほどはっきりしていない。
普通に旅行にやってきて、そのままバイトでリトル東京で働き始めた人もいた。
中には、観光ビザでアメリカへ旅行に来て、英語学校へ通い、それから学生ビザを取得して、米国の大学へ通い始めた人もいた。
もちろん、現在は、米国の規則が厳しくなったので、こういうことは無理ですが。
僕が出発前から知っている加宝宿泊者の皆さんとは、「戻ってきたの?」「南米から戻ってきました(笑)」と挨拶をしたりする。
9月27日に加宝に二度目のチェックインをして、28日には図書館で本を借りる。
29日から、日本経済の強さを褒め称えた、英語のハードカバー「YEN」を読み始めた。
30日には、出発前にも親切にしてもらった大川のおじさんと、結構長く話をした。
僕が中南米旅行をしているときに、出会う旅行者に片っ端から加宝の宣伝をしていたので、ずいぶんお客が増えたとか。
おじさんは、「西本さんのおかげで、お客さん増えたよ(笑)」と、感謝してくれた。
ただこの時期は、(何度も書くが)日本経済はバブルの絶頂期で、若者も将来に希望いっぱいで、海外長期旅行に出る気力がある人が多かった。
だから、加宝にお客が増えたところで、それは、僕の宣伝活動のおかげではなくて、たぶん好調な日本経済の影響だったろうけれど。
もちろん、中南米旅行中に出会った旅行者には、まず必ず、僕は加宝の宣伝をしていたけどね。
その中で、僕が旅先で出会ったことをはっきりと覚えている旅行者もいて、「なるほど、あいつが来たのか…」と懐かしく思い出したりした。
また、ずいぶん個性的な旅行者もやってきたようだが、僕が直接会った記憶のない人もいる。
それは当然の話で、旅先での噂話というものは、あっという間に広まる。
僕が旅先で、ロサンゼルスの加宝を誰かに勧めると、その情報は、旅人から旅人へと、次々に伝わっていく。
ひょっとしたら、僕からの情報を伝えていく途中に、僕よりもずっとおしゃべりで宣伝上手な日本人旅行者がいたのかもしれない。
この時代の中南米旅行者は、各地の日本人宿(日本人旅行者が集まる安宿)に長期滞在していたもの。
日本人宿に長期滞在していた、僕以外の誰かが、「ロサンゼルスから日本へ戻るのならば、4番街の加宝に泊まるといいよ」と情報を流していたような気がする。
というのが、旅の前半のエクアドル、ペルー、ボリビアでは、僕も日本人にはよく会って、日本人宿へ立ち寄ったりした。
それ以降の、チリ、アルゼンチン、ウルグアイ、パラグアイ、ブラジル、コロンビアでは、ほとんど日本人には出会わなかったしね。
ではなぜ、僕がこのホテルを紹介した話になっているかというと、僕は、「西本さんからの紹介で、と言えば、特別割引がある」と噂を流したからなんだ(笑)。
午前中からお昼ごろまで大川のおじさんと、ゆったりとのんびりと話を続けた。
一日話し続けていても問題はなかったのだが、ロサンゼルスへ戻ったばかりなので、ダウンタウンを歩きに行く。
というのは、ロサンゼルスという町は、常に変化しているからね。
日本だと、あるお店が存在すれば、倒産するまでは、その店はその場所に存在するのが普通。
ところが、ロサンゼルスでは、ホテルも、デパートも、ショッピングモールも、あっという間に名前が変わってしまう。
つまり、経営が変化したりするんだよね。
さらには、本屋程度の小さな店は、場所が移動することも多い。
ロサンゼルスのコミュニティバスなんかは、路線をどんどん増やしているし、メトロ(地下鉄)も新しい路線ができている。
だから、しばらく期間を置いて、ロサンゼルスへ行くときは、過去の細かい情報はあまり役に立たない。
全く新しい町だと思ったほうがいいわけだね。
でも、僕が最初に加宝に滞在していた1989年のはじめと、二回目に加宝滞在を始めた9月末では、ロサンゼルスダウンタウンに、大きな変化は見られなかった。
加宝を出て、ダウンタウンを歩いて、グレイハウンドのバスディポ(このあとバスディポは倉庫街へ移動したが)から7番街へ行っても、変化はない。
7番街を西へ歩いて、フィゲロアストリートの角のホテルにある「ロサンゼルス観光局」へ行ってみた。
特に新しい情報もないようだったね。

【ロサンゼルス観光局オフィス(2007)】
観光局には、特に目的もなさそうにパンフレットを見ている、日本の女の子がいた。
何か知りたいがどう聞けばいいか迷っているような雰囲気だったので、僕は旅行者として、当然のこととして声をかける。
なにしろ、この時期、僕ほどロサンゼルスを知り尽くしていた人間もいないわけだからね。
でもなにか不自然な雰囲気がしたようで、話が盛り上がらず、僕の知っている情報を教えられなかった。
中南米を旅行しているときも、ヨーロッパでも、アフリカでも、町で日本人と出会えば、僕は気軽に声をかけていた。
必ず旅の話に持ち込んで、いろんな情報を交換して、楽しく話をして、気持ちよく別れたわけだ。
ただ、ロサンゼルス観光局で話しかけた日本人の女の子とは、うまく雰囲気が作れなかった。
そのはっきりしたひとつの理由は、僕が話しかけた女性が、旅慣れしていなかったということだね。
旅慣れしていれば、いろんな知らない人から声をかけられるのは、日常ありふれたことだよ。
話しかけてくるのが、現地の人にしても、日本人の中年男性にしても、そのことでどうこう思ったりはしない。
ただ、ロサンゼルスへの観光旅行で、一人で観光案内所へ来て迷っている場合は、あまり旅慣れてないと、解釈できるだろう。
でも僕の話術ならば、そんな人でもなにか、話を続けられたはずだ。
実は、その理由を僕は知っていた。
僕自身が、ロサンゼルスでは日常の中にいたんだよ。
加宝の314号室に部屋を決めて、ロサンゼルスのなかに自分の居場所を決めた。
すると、僕はすでに旅行者の雰囲気がなくなっていたんだ。
それをまた、僕は、自分でも自覚をしていた。
だから、旅行者同士の話にならなかったんだよ。

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上

world index [beach]

ホテル加宝物語 /加宝物語シーズン2 /「ホテル加宝物語第三部」


xxx