『英語の問題集を解いて、間違いを発見して、夜に男性4人ですき焼きパーティをする』@ホテル加宝/ロサンゼルス(1989/10/01)

【ホテル加宝と4番街】
1989年10月1日、ロサンゼルス4番街のホテル加宝に2度目に泊まって、やっと落ち着いた。
9月27日にチェックインして、3階の奥の314号室に納まっている。

ホテル加宝には特に目立った変化はなく、僕が中南米一周旅行に出る前と同じく、若者の宿泊者が多かった。
日本のバブルが絶頂期に向けて、ぐいんぐいん盛り上がっていた時期。

日本の若者は、特に何の理由がなくても、海外へ出るのが常識だった。
だから、旅していると、「日本を出てきたんですが、どこへ行ったらいいでしょう?」と質問をしてくる旅行者も多かったよ。

この時代は、海外旅行をすること自体が問題で、何を見るか、何をするかは、旅に出た後で考えるものだった。
だから「何を見たらいいんでしょう」と聞かれることはよくあったんだ。
まあそれで正解なんだけれどね。
海外のことは自分で海外に出てみないと分からないものだから。

いまのように、ネットで調べまくって、頭でっかちになるよりはずっと正しいやり方だ。
旅人同士で話しているうちに、長く続く友達になったり、恋人になったり、一緒に旅をしたりといいうことがあったのだから。
僕はリトル東京の図書館からTOEFLの問題集を借りてきて、解くことにした。
というのは、僕がこの世界一周旅行に出たおおもとの考えは、ヨーロッパで英語、フランス語、スペイン語を勉強するということだった。

英語については、ロンドンのインターナショナルハウスという一流語学学校の、「ケンブリッジ英検特級(CPE)受験特別クラス」に入って、猛勉強をした。
結果、1987年末の試験で見事合格した。

結果が出るまで時間があったので、その間、フランス、スペイン、北アフリカ(モロッコ、アルジェリア、チュニジア)と旅をした。
アフリカからイタリアへ飛び、フランスへ足を延ばしロンドンへ戻った。

この時、スペインではバルセロナのインターナショナルハウスで、今度はスペイン語のクラスに通っていた。
ロンドンでCPEの合格を知って、日本に帰ろうかと思ったが、離婚した僕には東京へ戻ったところで、どうしようもない。

日本の退屈な日常が待っているだけだ。
幸いまだある程度の金はあったので、ロンドンからギリシアへ飛んだ。

そのままトルコへ飛んで、マルマリスからロードス島のルートで、ギリシアへ戻る。
アテネからエジプト旅行をして、ケニアへ行った。
ナイロビで「アリアンスフランセーズ」に通い、フランス語も一応やった(この旅に出る前に、日本でフランス語検定試験2級には合格していた)。
だから、曲がりなりにも「英語、フランス語、スペイン語の学習」という所期の目的は、一応果たした。

ケニアではゴロゴロしていただけだったが、この時期に、僕の旅行モードは「語学学習モード」から変化した。
本格的な「海外個人旅行モード」になったんだ。

ここまで来たら、どんどん旅行をしようという考えが頭を占めていた。
ケニアからエジプトへ飛んだあと、ヨルダン、イスラエル、シリア、トルコと旅をした。
さらにブルガリアから、(そのころの)ユーゴスラビア、ハンガリー、オーストリア、そしてスイス。
チューリッヒ駅で、21日有効一等ユーレイルパスを買って、ヨーロッパ中を走り回った

さらにちょっとアイルランドへ船で往復する。
ヨーロッパを一通り終えて、アメリカへ飛んだ。

ニューヨークに一か月ほどいた後、グレイハウンドバスで2か月の北米一周。
それからホテル加宝に2か月ちょっと滞在していた。

そのあと7か月ほどの、中南米一周旅行に出て、戻ってきた。
加宝に来るまでは、こんなに長くて複雑な歴史があるわけだ。

中南米一周は本当に大変で、疲れ果ててしまった。
ホテル加宝でしばらくは何も考えず、ぐーたらしていても許されるだろう。

ところでなぜこの文章を書いたかというと、これからの加宝物語の言い訳だ。
ホテル加宝物語の2部はとにかくゴロゴロしているだけなので、読者は(読者がいるとして)「なんだこりゃ!」と呆れ果てるだろう。

それに対する言い訳なんだね。
例えば、日本からロサンゼルスへ飛んできて、安宿でグータラしているだけだったら、書く必要もない話。

ただ僕がグータラゴロゴロしてたのは、海外で一通りの勉強もし、旅も頑張って疲れていた、という立派な理由があるわけだ。
そのうえでのグータラ生活だから、許されると思うんだが。
さて、TOEFLの問題集を図書館で見つけたので、借りてきた。
僕は英語の試験には強いので、問題がいいかどうか判定できる。

僕は英語の問題を解く段階ではなくて、問題を評論することができるレベルにあるわけだ。
ただ、あまりにレベルが高すぎて、日本では僕を評価できる人がいないんだが。

昼間は問題集を軽く解いて、「この質問は良くないなー」と批評して過ごした。
朝から午後の時間にロビーに降りると、顔見知りの連中が見つかる。
「すき焼きパーティでもしない?」と声をかけて、男ばかり4人集まった。
ヤオハンまで歩いて買い出しに行き、すき焼き用にスライスしたビーフを次々にカートに入れる。

若い男性だと、肉さえ十分にあればそれでいい。
パックになって売っているので、それをどんどんカートに放り込む。
肉以外は適当だ。
というのは、すき焼き用の肉は安いが、日本と違ってロサンゼルスでは、他の具材が安くなかったりするからね。
ビールも日本酒もたっぷり買った。
腐るものではないし、肉も余ればまた使えばいいだけ。

誰かの部屋に行って、すき焼きを作って食べました。
しょう油や砂糖、鍋なんかは、ホテル加宝の台所にあるものを使う。

旅人同士の話は盛り上がらないわけがない。
話したいこと、聞きたいこと、相談したいことがそれぞれあるからね。
ノートのメモには、この日のパーティは午前2時まで続いたと書いてあります。
午後6時ごろから始めたので、8時間飲み続けでした。
思い切り肉を食って、飲み続けて、4人で割り勘にして、一人11ドル。
米国ではスーパーで買うお酒は安いんだが、レストランで飲むと結構するので、部屋でパーティをするのがいいと確認。

だからこれ以降、何か口実を作っては、パーティをすることになりました。
このホテル加宝物語第二部は、正直、パーティとゲームをやってただけなので、続きが書けるかどうか心配です(笑)。

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上

world index [beach]

ホテル加宝物語 /加宝物語シーズン2 /「ホテル加宝物語第三部」


xxx