『サンディエゴからアムトラックでロサンゼルスへ3時間。ユニオンステーションから「ホテル加宝」へ歩きながら旅行哲学する』@サンディエゴ〜ロサンゼルス/カリフォルニア

【ホテル加宝@460 E 4th St. LA CA 90013 USA】
「ホテル加宝」を出て、アムトラックで、サンディエゴに着き、グレイハウンドでティファナの国境を越えて中南米旅行を始めたのが1989年3月6日。
中南米一周旅行をして、またティファナの国境を越えて、米国に陸路入国したのが、1989年9月26日。
僕の1989年の中南米一周旅行は、足掛け7か月、実質6か月と20日かかった。
ただ、僕の心の中では、この旅は終わってない。
ロサンゼルスの安宿「ホテル加宝」へ帰りつくまでは、僕の中南米一周旅行は完結しない。
だって、中南米一周旅行をしたのは、加宝仲間に中南米一周旅行の話を思いきりして、僕がキモチよくなるためなんだから。
僕が今まで繰り返し述べてきたとおり、「旅は旅をしただけでは終わらない」。
旅はそれを語って、成仏させなければならない。
素晴らしい旅であるほど、苦難に満ちた旅であるほど、その記憶は生々しく、旅人の心は揺れ続ける。
旅の記憶は、旅人の心をかき乱し続ける。
旅の記憶は、そのままにしておくと、悪さをしてしまう。
現実生活に戻ることができず、常に心が旅に向かってしまうみたいなこと。
だから、旅人は、旅を語らなければならない。
ところがこれが難しいんだよ。
誰も本気で聞いてくれないからね。
普通の人は、他人の旅行話なんかどうでもいいから、聞きたくもない。
世の中、自分が本気で話したいことがあるのに、軽く受け流されるほどイラつくことはない。
僕が今までの人生で、一番イラっと来たのは、美容室で話をしていて、つい世界一周旅行をしたと言った時。

「すごいですね。どこが一番よかったですか?」と美容師が聞いた。
でもその言葉は、心のこもってない、表面だけのものだったんだ。
読者の皆さんも経験があるでしょうが、日本へ戻ったら、誰もまじめに他人の旅の話なんか聞いてくれない。
しかし、興味深い旅行者が次々にやってきて、次々に旅立っていく、ロサンゼルスの安宿にいると、話は全く違う。
ロサンゼルスは、アメリカ旅行や中米旅行、南米旅行の起点だから、中南米旅行については、誰もが話を聞きたくてたまらない。
ホテル加宝の旅行者は次々入れ替わるので、僕が同じ旅の話をしても、誰も飽きることがない。
中南米一周旅行を終えたなら、ホテル加宝に戻り、しばらく滞在して、思いっきり自分の中南米旅行の話ができる。
僕にとっては、天国のようなところだ。
1989年9月27日、僕は天国、ホテル加宝に、向かう。
「ルンルン気分で加宝に行こう」という感じかな。
気分が高まっているせいか、午前5時には目が覚めて、眠れないまま、ベッドでテレビを見ていた。
頭をスッキリさせようと、ホテルの自動販売機でコーラを買うと、出てこない。
よく見たら、65セントなのに50セントしか入れてなかった…。
精神的に不安定なのかな。
午前9時過ぎに、サンディエゴYMCAの546号室をチェックアウトする。
そのまま歩いて、アムトラックのサンタフェ鉄道駅へ。

思い返してみれば、中南米一周旅行の最初の日に乗ったのが、ロサンゼルスからサンディエゴへの鉄道だった。
だから旅の最後の日にも鉄道を使うのが礼儀ではないかな。
列車は午前9時50分に出発。
料金はロサンゼルスまで片道23ドル。
3時間後の午後1時にロサンゼルスのユニオンステーションに到着する。
ここからリトル東京4番街のホテル加宝までゆっくりと歩いていく。
晴天のロサンゼルスを、バックパックを背負って、ゆったりと歩く。
別に急ぐことは何もない。
ロサンゼルス市役所を通り過ぎ、ホテルニューオータニを通り過ぎ、日米文化センターを過ぎて、4番街へ。
僕はゆっくりと歩く。
ゆっくりと歩くには理由がある。
僕は加宝へ着くのが怖かったんだ。
僕の人生は裏切られ続きだった。
東大合格絶対確実の成績を取っていた時に、東大の入試が中止された(1969年)。
仕方なく入った京大も、京都があまりに田舎過ぎて、面白いことは一つもなかった。
勉強は全くしなかったので、民間企業に勤めたが、働く気は全くなかった。
いま考えると、僕は労働意欲が基本的に欠如しているみたいだ。
でも僕の考え方が、世界標準だと思うけどね。
日本人は、無駄に働きすぎだ。
というか、日本人は、みんなで働くふりをしているだけだが(笑)。
結婚した女の子とも、離婚してしまったし。
その結婚のせいで、東京の港区にずっと住んでるのは、これだけは良かったけどね。
こんなことはどうでもいい、またゆっくり話しましょう。
僕は、本当に、加宝へ着くのが怖かった。
それは、ホテル加宝がなくなっているのではと、思っていたから。
僕の人生は、裏切られ続きだったことを思う。
中南米一周旅行から戻った時に、加宝が潰れていたというのが、最高の裏切りだからね。
でも4番街に、ホテル加宝は出発した時のままの姿で、存在してました。
僕は何気ない振りをして、入口のベルを押す。
ガタンと扉が開き、フロントには、なつかしいおばちゃんがいる。
「あーら西本先生、戻られるのをお待ちしてました」という。
ロビーにいる加宝仲間に「みなさーん、西本さんが帰ってきましたよ!」と声がかかる。
知ってる顔、初めての顔、が挨拶する。
部屋を見せてもらって、3階の隅っこの314号室に決める。
1989年秋は、この部屋は一週間(ウィークリーレートで)100ドルだったが、僕だけ特別に95ドルにしてくれた。
フロントにいた中国人のおねえちゃんに、クスコで買った、銀製の「TUMIのペンダントヘッド」をプレゼントした。

中南米旅行に出る前夜にパーティをした「Y谷」くんが、「西本さん、お帰りなさい」と声をかけてきた。
加宝を出発する前とおんなじだ(笑)。
僕の人生も、加宝だけは裏切らなかったね。
だから僕は、加宝と、加宝で出会った人たちと、加宝のあるリトル東京と、ロサンゼルスが大好きなんだ。
まだ時間は早いので、ヤオハンに、ビールでも買いに行きましょう。
そうして、思い切り、加宝の生活を楽しもう。
いつかはこれも終わるものだが。
しかし、僕は人生で、加宝に出会えただけで、幸せです。

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上

world index [beach]

ホテル加宝物語 /加宝物語シーズン2 /「ホテル加宝物語第三部」

xxx