『日米文化センターの図書館で本を5冊借りて、台所でステーキを焼いて、ロビーで旅行者と話をする』@ロサンゼルス/カリフォルニア/米国(1989/09/28)

【ホテル加宝と4番街】
1989年9月28日に、ホテル加宝の3階の奥のシングルルームで、すっきりと目覚める。
3階の奥のシングルルームで314号室。
昨日(9月27日)に、僕は中南米一周旅行を終えて、懐かしのホテル加宝へと戻ってきた。
ホテルが潰れているのではないかと、ひそかに心配していたが、ホテル加宝はちゃんとロサンゼルスの4番街に存在していた。
僕がホテル加宝に最初にチェックインしたのが、1988年12月31日だった。
そのままずるずると滞在を引き延ばしていたが、最終的に決断してホテルを出たのが、1989年3月6日の朝だった。

それから陸路で中米を南下し、南米のエクアドルへ飛んで、ペルー、ボリビア、チリ、アルゼンチン、ウルグアイ、パラグアイ、ブラジルと旅をした。
アマゾン奥地でコロンビアへ入国し、カリブ海のサンアンドレス島へ。

サンアンドレス島から、グアテマラへ飛び、メキシコ経由で米国へ陸路入国したわけだ。
僕の中南米一周旅行は、足掛け7か月、実質6か月と20日かかった。

なお、1989年の南米一周でベネズエラへは行ってなかったが、1998年にエンゼルフォールズを見に行きました
ベネズエラは予想通り、東洋人差別がひどくて、気分良くなかった(涙)。
1987年から1990年までの僕の最初の世界一周旅行では、この中南米旅行がメインだった。
ヨーロッパ旅行は、時間と金さえあればだれでもできるもの。
アジア旅行もたいていの場所は、難しくはない。
僕の場合は、アジア横断旅行(1999年)をしているから、ちょっと難しかったけどね。
僕が中南米一周旅行をしたのは、世界一周旅行の重要な部分だったからだ。
確かに一番ハードだった。
最初にホテル加宝に滞在していたころは、毎日毎日中南米旅行をしなければという焦りで、気が狂いそうだった。
これだけの旅行をしていて、中南米旅行から逃げることはできない。

中南米旅行をしないで日本へ帰れば、正真正銘の意気地なしと認定されてしまうのだから(認定するのは僕自身だけどね)。
2か月以上加宝で過ごして、やっと思い切って旅に出た。

旅を始めてしまえばそんなに難しいことはなくて、毎日毎日を過ごしていけばそれでいい。
6か月以上かけて、中南米一周旅行は完成できた。
中南米旅行を終えてロサンゼルスに戻ってきたいま、考えることは何だろうか。
なにも考えたくない(笑)。

せっかくロサンゼルスの安宿ホテル加宝へ戻ってきたんだ。
だったらのんびりして、ロサンゼルスのぐーたらな雰囲気にひたすら浸かっているのがいい。

日米文化会館の「フランクリンDマーフィー図書館」へ行って、本を5冊借りた。
一冊は英語の本で「YEN」というタイトルだったのを覚えている。

まあ日本がバブルの絶頂にに駆け上ろうという時代だったから、多分日本円の強さや日本企業のビジネスモデルをほめたたえてあったのだろう。
僕も本の内容は全く覚えてない。

後の4冊は、日本語のもっと気楽に読めるやつだったと思う。
落ち着ける部屋があって、ベッドに寝っ転がって本が読めれば、これ以上の幸せはない。
僕のノートに「飯炊き、ステーキ」とあるので、ホテル加宝の台所で、鍋でご飯を炊いて、ステーキを焼いたのだろう。
もちろんワインもビールも空けたはず。
昼間にワインを飲んで、ステーキを食べれば、眠くなるのは当然。
さらにビールでも飲んで、ベッドに横になって、清潔なシーツにくるまって午後の時間を過ごしたのだろう。

そして夕方ごろに起きだす。
ホテル加宝のいいところは、この時代、暇な若者がごろごろいたってこと。

ロビーに降りると若者数人見つけたので、僕のビールをおごる。
ロサンゼルスでは、この時代、ビールを箱買いすれば、一缶50円程度だったので、ビールをおごってもたいしたことはない。

この日のノートを見ると、「留学生、バイク野郎、千葉免許男etc」とメモってある。
覚えているあの人かしらと、心当たりがないわけではないが、はっきりしません。

とにかく中南米一周旅行から戻って、ホテル加宝の314号室に納まった。
歩いて行ける距離の日米文化会館の図書館で、日本語の本も英語の本も手に入れる。
ステーキを焼いて、ワインとビールで食事をして、いい気持になって、昼下がりにはゴロンと横になって、うとうとする。
夕方にロビーに降りると、いろんな経歴の若者が話し相手になってくれる。
これを天国といわないで、なんというんでしょうか(笑)。
しかも、エクアドルで取ったアメリカの観光ビザで入国しているので、滞在許可は6か月もらっている。

6か月も金が続くのかとか、ロサンゼルスを出てどこへ向かうのかとか、考えることはある。
でも、なるようになるでしょう。

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上

world index [beach]

ホテル加宝物語 /加宝物語シーズン2 /「ホテル加宝物語第三部」


xxx