『水炊きパーティは、午後6時から翌朝6時まで12時間飲み続けでした。逮捕者も出た。』@ホテル加宝/ロサンゼルス(1989/10/03)

【ホテル加宝と4番街】
1989年10月3日、ロサンゼルスダウンタウンは、今日もいい天気だ。
9月27日にホテル加宝にチェックインして、だらだら過ごしている。
僕は中南米旅行をしているとき、特に旅の終わりがけでは、加宝のことばかり考えていた。
早く加宝に戻って、日本人旅行者と会って、自分の中南米旅行を思いきり語りたい。
ごろごろだらだらして、昼間からビールを飲んで、暖かい部屋で眠りたい。
退屈したら、加宝のロビーに降りれば、必ず誰かしら話し相手がいる。
その期待をホテル加宝は裏切らなかった。
僕は一週間95ドルで、3階の奥のシングルルームに泊まっている。
トラベラーズチェックは、まだ2000ドル程度ある。
ビールは箱買いしてあるので、一缶50円程度で飲める。
日本に帰国後のことを考えると、背筋がぞーっとしないこともないが、それは考えないことにする。
僕は、海外旅行中も帰国後も、2週間より先のことは考えないことにしている。
とにかく、今日のことは今日考えれば十分だ。
10月1日に、若者4人を集めて、すき焼きパーティをした。
翌日の2日には、すき焼きの残りをつまみに、朝からビールを飲んだ。
それを見て、加宝宿泊者からすき焼きパーティをしたいという声が上がる。
すき焼きは前日に飽きるほど食べているので、こんどは「水炊きパーティ」を提案する。
それで話は決まり。

今日10月3日の午後4時に、参加者はロビーに集合という話にした。
何人集まるのかとか、誰が来るのかとか、細かいことは考えない。

4人集まれば、鍋は囲めるし、ビールや酒は、買っておいてすぐに腐るものでもない。
だから適当に、午後4時にロビーで会った連中が買い出しに出ればいいだけだ。

僕はそれまで、図書館へ行って、本を読んでいた。
午後4時ごろに加宝へ戻る。

人数が5〜6人集まっていたので、ヤオハンへ買い出しに行くことにする。
中にレンタカーを借りている旅行者がいた。

これは買い出しには最適。
ただ車があるとすれば、大人数で行くのは無駄じゃないかな。

買いだした荷物も運ばなければならないし。
ヤオハンは、歩いても行ける距離なのだが、ビールを箱買いすると、歩いて持ってくるには面倒なんだ。
そこで僕は買い出しに行かずに、すき焼きパーティをした若者に買い出しを任せることにした。
パーティのだいたいの要領は、わかっているはずだからね。
水炊きというのは、鶏肉と野菜を煮て、ポン酢で食べるものというのが僕のイメージ。
鍋に具材を入れて、煮込めばいいだけなので、単純明快なパーティ料理だ。
鶏肉と野菜をポン酢で食べれば、まずいわけがないから、失敗もあり得ない。
鍋なのだから、パーティ参加者が何人になっても、対応できる。
この時に締めの雑炊を作ったかどうか、そこがはっきりしない。
ただ、慣れてくるとあとの方では、ご飯を炊いて、雑炊を作ってました。
この時はそこまで考えなかったのではないか。
もともとビールを飲んで、馬鹿話をしたいだけの、旅先の旅行者の、その場限りの集まりだからね。

一階の台所で野菜を切ったりして準備をしていると、知っている人知らない人から、「僕も参加していいですか?」と声がかかる。
最後には。9人程度になったと思う。
この時は女の子は参加せず、全員男でした。
中心は学生だったけどね。
二階の部屋に、各部屋に一つずつあった小さなテーブルを4個集めて、セッティングし、6時ごろから飲み始める。
まあ、台所で準備をしていた時から、缶ビールは飲んでたんだけどね。
旅先で出会う旅行者の話は、めちゃ面白い。
本当に体験したことだからね。
世の中には思いもかけないようなとんでもない話があるんだと、僕は旅の中で知った。
それはこういった雑談の中から得たものだけどね。
食べ物が少なくても、基本的にはビールさえあれば、何も問題はない。
ところが、問題が起きた。

ビールが足りなくなったんだ。
買い出しに行った若者が、ビールを十分に買っていなかった。
僕は常に、「ビールは腐るものじゃないから、多めに用意しろ」と言ってたのだが…。
こういうところで正直「人間の器の大きさ」がわかるね。
機嫌よくビールを空けていて、「もうありません」と言われるくらい、馬鹿にした話はないんだから。
家庭の主婦の一番大事な仕事は、夫のために常にビールを切らさないようにすること。

ヤオハンに再度買い出しに行かせて、ビールを箱買いしてきた。
それでも、買ってきたのは一箱たったの24本だよ。
いまの若者と違って、昭和時代の若者は、とにかく酒は飲むものだったからね。
レギュラー缶の24本なんて、調子に乗った昭和時代の若者9人には、1時間もかからず消費してしまう。
9人で飲んでいるのだから、あっという間に飲み終わる。
ヤオハンは閉店になる時間だ。
車を持っている人が、夜中でもビールを売っているところを知っているというので、買ってきてもらう。
今度もすぐに飲み尽くしてしまう。
この時に、「この買い出しに行った加宝宿泊者はけち臭い上に判断力がないなーと」感じたんだけどね。
ビールというものは、調子に乗って飲んでいれば、水とおんなじだ。
リズムに乗れば、いくらでも際限なく飲める。
男性が9人いて、話がはずんで、ワイワイやっていれば、ビールが足りなくなるのは当然。
話が盛り上がって、大笑いしながら飲んでいたら、またビールが足りなくなった。
この時に、加宝に長く住んでいる人が買ってきてくれるという話になった。

もちろん気軽にお願いする。
ビールを買いに行った連中はなかなか戻ってこなかった。
事故ったのかと思っていたが、戻ってきた若者が言うには、一人がパトカーに逮捕されたという。
仲間が逮捕されても、酔っぱらった僕らは大笑いするだけだ。
禁止されている薬物を持っていたらしい。
もちろん飲酒運転もしてたわけだし。

逮捕された日本人は、そのあと起訴されて、裁判を受けて、刑務所に入った。
結局、僕が彼と会ったのはこの夜が最後でした。
まあ、ホテル加宝では、いろんなことがありましたという話。
こんな風に軽く刺激的な話もあったが、この夜のパーティは、午後6時ごろから始まって、翌朝6時まで、12時間程度続きました。
あー疲れた。
そして、あー面白かった。
xxx

「ホテル加宝物語」1989 

中米南下 南米ルート 中米北上

world index [beach]

加宝物語シーズン2


xxx