『メルローズアヴェニューでリーバイスのシルバータブを気に入って、すぐ購入する。』@メルローズ/ロサンゼルス(1989/10/22)

【僕の記憶はいつもここに戻る…ホテル加宝と4番街】
前日(1989/10/21)は、ロックンローラーの団体がやってきたが、翌日の今日はすっかりいなくなっていた。
ホテル加宝のいいところは、ときどき、変わった団体の予約が入って、その団体の人と話をすると、結構深い話ができたりすること。
これが、ホテル加宝のいいところであり、不思議なところだったんだ。
20世紀には、世界中に「日本人宿」という、日本人だけが集まる宿があった。
ほとんどは、グータラした日本人旅行者諸君がクターッとして、だらだら滞在しているところだ。
それでも、世界各地の日本人宿へ行きさえすれば、旅行者同士ワイワイと、友達になれたものだ。
いまは、日本人旅行者のタイプが変化して、短期旅行で旅に出る人が多い。
短期旅行なので、お金に余裕があるから、ホテルを少しいいところに泊まるように計画する。
すると、(中級ホテルで声を掛け合って友達になったりすることはないので、)旅先の出会いがなくなって、寂しい、面白くもおかしくもない旅行になるわけだ。
実際、2017年現在は、ネットで旅先の出会いを予約する人が多い。
でも、日本を出るときに、海外で出会うことを約束するような、つまらない人間、気の弱い人と出会っても、話は面白くないよ。
旅というものは、「思いがけない出会い」があるから刺激的なわけでね(笑)。
旅先の出会いがなくなれば、全く面白くない。
実際僕が出会った人でも、旅行期間が長くても、出会いが全くなくて、つまらなそうにしている人は多かった。
僕くらいになると、そういう旅行者は簡単に見分けがつくので、出会いをセットしてあげることができる。
例としては、東南アジア旅行をしていてつまらなそうにしている女性をチェンラ(シェムリアップ)で見つけて、バンコクへのバスに乗る数分で、日本人男性旅行者とくっつけてあげたこともある。
まあ、いま(2017年)とは違って、1989年は旅先での出会いも多くて、興味深かった。
ホテル加宝に泊まっていると、どんどん新しい旅行者がやってくるので、自分で努力しなくても、面白い出来事が次々に起きるんだから。
さて、ロックンローラーもいなくなって、静かなホテル加宝の日常が戻ってきた。






【この時代には、バギーパンツが僕の定番でした(2002)】

ニャン子クラブの「夕焼けにゃんにゃん」の最終放送が、1987年8月31日で、それを確認して、旅に出た。
成田からロンドンガトウィック空港へ飛んだのが、9月7日だったわけでね。
つまり、僕の頭の中には、内海和子の蒼いメモリーズ河合その子の青いスタスィオンが鳴り響いていたんだ。
その僕だから、「ガンズアンドローゼズ」などという名前は、それまで一度も聞いたことがない。
しかし、日本から革ジャンで決めた若者が、団体でコンサートを見に来るというのは、それなりの有名バンドなんだろうとはわかった。
ロックンローラーの団体の人数が、14〜15人はいたからね。
格好は近寄りがたく恐ろしい人たちだったが、同じ日本人なので、話せばそれほどの違和感はなかった。
ただ共通の言葉がなかったので、心が通じ合うこともなかったが。
ネットで調べたら「Los Angeles Memorial Coliseum」で、1989年10月21日に、Guns N' RosesThe Rolling Stonesがコンサートをやったみたいだ。
ということは、前座でガンズがやって、ストーンズがメインでやったのかな。
いくら僕が時代遅れのおっさんだとしても、ローリングストーンズの名前くらいは知っていた。
わざわざ日本からツアーを組んでやってきて、ホテル加宝に泊まるというのは、ツアーの主催者は、かなり頭の切れる人だったのだろう。
それともツアーで人を集めて、泊まる宿が安宿で有名なホテル加宝というのはかなり変。
ひょっとしたら、詐欺師だったのかもしれないが、コンサートは一応見られたようだ。
日本から来たファンは、このコンサートを見るだけの弾丸ツアーだった。
この文章を書くにあたって、やっとロックンローラーがホテル加宝に泊った理由がわかったよ(笑)。
彼らは、10月21日にコンサートを見て、その夜加宝に泊まって、22日に日本に帰ったのだと思う。
ロックンローラーの団体は、すぐにいなくなったからね。
ロックンローラーの団体の記憶はこれだけ。
僕はいつものように、自分の部屋で、フランス語とスペイン語の動詞変化を暗記した。
本屋で、モノポリーの解説本を発見して、興味を持って買ってきた。
わざわざスプーン付きフォーク付きナイフを買ったようだ(3.75ドル)。
これはただノートにメモしてある内容を、起こしてあるだけです。
この日のノートには、「fruit of the loomのTシャツ6ドル」とメモしてある。
近くの問屋街でTシャツを買ったはずなので、2枚か3枚のパックのやつだったと思う。
問屋街で買うと、下着のパンツも3つで4ドル程度だった。
海外旅行中はほとんど毎日下着や靴下を手洗いしていたが、安いものが簡単に手に入る状態だと、たくさん買って、2週間か3週間程度まとめて、洗うことになる。
これがホテル加宝の日常だったわけだね。
ロックンローラーの気合が入った団体が来ても、加宝仲間の日常は、このように穏やかに過ぎていくのでした。
さて明日は、何が起こるのでしょう。

乞御期待!

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上

world index [beach]

ホテル加宝物語 /加宝物語シーズン2 /「ホテル加宝物語第三部」


xxx