『ホテル加宝の日常/洗濯/美人女子大生と話す』@ホテル加宝/ロサンゼルス(1989/10/05)

【ホテル加宝と4番街】
1989年10月5日、今日は特になにもすることがない、普通の日だ。
この日を例にとって、ホテル加宝の日常を語ろう。
10月1日に、宿泊者4人ですき焼きパーティをした。
結構盛り上がって、午後6時から午前2時までビールを飲み続け。
すき焼きパーティの費用は、頭割りで11ドル。
余った肉は翌朝食べて、残ったビールも朝から飲んだ。
つまり、2日間にわたって、大いに楽しめたわけだ。
若い男性なんて、肉を思いきり食ってビールを飲んでいれば、文句は言わないもの。
10月3日には、今度は(すき焼きに飽きたので)水炊きパーティをした。
水炊きパーティ(割り勘で一人10ドル)も盛り上がって、午後6時から翌朝午前6時まで飲み続けだった。

ただ水炊きパーティは、この時、締めの雑炊を作らなかったので、満足しなかった人もいたようだ。
問題点は、日本直輸入のポン酢が高価だったこと。

鶏肉は安いのだが、ポン酢でお金がかかった。
手配がうまくいかず(買い出しに出た若者が気が利かなかったので)何度もビールを買い出しに行ったしね。

真夜中に買い出しに行った人が、警察に逮捕されたという事件もあった。
でも、この件については、深く追及すると危ないので、あっさり流しておきましょう。
10月4日は、とにかく朝から昼までベッドで寝て、身体を休めていただけだ。
10月5日になって、ようやくホテル加宝の日常が戻ってきた。
ホテル加宝の日常とは何か、長期旅行者の一番大事な仕事とは何か。
それは「洗濯」だ。
長期旅行者は、ほとんど毎日下着を洗濯する。
これが基本ね。
一週間程度の旅行者だと、自分の古い下着を旅に持って行って、次々に旅先で捨てていくということも可能だ。
しかし年単位で旅をする本格的な旅行者は、もともと下着(パンツ、靴下、Tシャツ)を3つずつしか持っていかない。
だから常に手洗いをすることを考える。
海外ではだいたい、手洗いをして、水気けをそれほど抜かなくても、部屋干しで翌朝には乾いているものだ。
日本だと、手洗いした靴下を、室内に干したら、乾くまでに時間がかかる。
こういうことから日本は常に湿度が高い、と体感できるんだけどね。
しかし、ホテル加宝の場合には手洗いする意味はない。
洗濯場があって、コインランドリーと乾燥機があるのだから。
もちろん部屋のシンクで洗えないことはない。
でも誰も手洗いなんかしない。
近くのトイディストリクトに行けば、おもちゃの問屋だけではなくて、安い下着も売っている。
だから洗わないまま、洗濯ものを溜めておいて、時々一気にまとめ洗いをするわけだ。

だから僕は、ホテル加宝に戻った9月27日に、すぐに下着(パンツ、靴下)は、買っていた。
一週間程度たったので、パンツ、l靴下、それからTシャツ、ついでにジーンズなどを、まとめて洗ったんだ。
これですっきりした。
洗濯問題が解決すると、日本に絵葉書でも書こうという気になって、切手を買いに行く。
リトル東京にあった郵便局で、3ドルの切手セット(twelve 25cent special occasion stamps)を購入。
ちょっと面白そうだから買っただけで、特に連絡する相手もいないので、部屋の引き出しの中に放り込んでおく。
219号室にいた若者が、DVDプレーヤーを持っていたので、一緒にエッチビデオを鑑賞する。
これはただの暇つぶしです。
この日の食事は、自分で作るのも面倒なので、1番街の「末広」へ食べに行った。
昨日加宝に来た美人女子大生を誘って、話をした。
彼女は、某有名女子中から女子高に入り、そのままエスカレーターで女子大へ行くのが普通なのに、わざわざ受験をして、某国立大学の理系学部へ進んだ。
なかなか自立心のある立派な人だ。
彼女はこれから一か月程度、ロサンゼルスを起点にして、アメリカを周遊する予定。
この時代だから、もちろんグレイハウンドのアメリパスを使う。
美人で性格のいいお嬢様女子大生の一人旅は、ちょっと心配。
でも人間というものは、どういう環境にも耐えて、慣れていくものだ。
この日はだらーんと過ごした。
明日は少し頑張って、ちょっと気になっていたことを済ませましょうかね。

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上

world index [beach]

ホテル加宝物語 /加宝物語シーズン2 /「ホテル加宝物語第三部」


xxx