『朝6時から昼まで寝て、水炊きパーティの問題点を考えていると、アメリカ旅行の美人女子大生が来る。』@ホテル加宝/ロサンゼルス(1989/10/04)

【ホテル加宝と4番街】
1989年10月3日午後6時から、水炊きパーティをはじめて、10月4日の朝6時まで飲み続け、話し続けた。
朝6時まで飲んでいたので、部屋に戻ったらベッドに入ってすぐ眠る。

昼頃に起きだして、ロビーで昨夜のパーティ仲間と出会って、パーティ会場を片付けに行く。
「楽しかったですねー。またやりましょう。」と声がかかるが、しばらくはお休みしたい。

身体が疲れ果てているからね。
また新しい旅行者が来て、気分が乗ったときにでもやりましょう。

昨日10月3日の水炊きパーティの評価(ASSESSMENT)をしておこう。
話は盛り上がったが、それは若者がロサンゼルスで9人も集まって、安いビールを飲み続け、話し続けたのだから、当然。

しかも、ほとんどは日本を出てロサンゼルスに着いて、これからアメリカ一周や西海岸旅行、ラスベガスやグランドキャニオンへ旅しようとする旅行者ばかり。
旅の始まりの旅行者もいるし、旅をしてこれから日本へ戻るという人もいる。

旅行情報の交換もできたし、一緒に旅しようという仲間もできたようだ。
実際ロサンゼルスにいて、顔を見て話すのだから、話が早い。
「旅仲間募集」というのは、実際に旅に出て、旅先で出会って声をかけないと無理なんだよ。
日本にいて旅の計画を立てている段階で、旅仲間を募集したら失敗するに決まっているんだから。
実際に旅に出るかどうかわからない人と、一緒に海外旅行の計画なんて、立てられないよね。
信じて旅行計画を立て、相手と調整したら、ドタキャンされることはよくある話。
知らない他人と一緒に海外旅行に出るなどという計画は、絶対に止めた方がいい。
自分の旅がめちゃくちゃになってしまう。
旅は自分の弱さを克服して一人旅をするものなんだよ。
一人旅ができて初めて、自立した個人旅行者になるわけだからね。
また正直、人間同士には、気が合う人と気が合わない人がいるわけだ。
気が合わないというのは、どちらが悪いわけでもなく、そういうものなんだよ。
例えば、最近流行の「婚活」でも、年収や年齢は良くても、体臭がどうしても受け付けないということがあるらしい。
フェロモンが魅力的かどうか、相手を引き付けるかというのは、直接会って話をして(体臭を嗅いで)みないと決まらないんだ。
だからホテル加宝で旅人同士直接話をして、友達を作る機会を与えたのは、僕の喜びでもある。
ただ、「水炊きパーティ」自体の評価はまた別だ。

水炊きとは、骨付きの鳥の肉を鍋で炊くだけの簡単な料理(と僕は考えているが)。
そこに野菜とか、いろいろ入れたりするらしいが、僕は骨付き鳥肉に白菜を切って入れるだけ。
問題は味付けがないので、ポン酢で食べること。
このポン酢が日本からの輸入品で、かなり高かった(涙)。

最後に雑炊を食べてしめるのが常識だが、この時は、やらなかったような気がする。
若者が集まっていれば、ビールさえ飲み続けられれば、文句は出ないしね。
ポン酢が高かったので、割り勘にして一人頭10ドルということになりました。
満足度でいえば、やはり、すき焼きパーティの方が、良かった。

でもまあ、旅先では、どんな口実でも、いろんな人と出会い、興味深い人と話ができればいい。
旅に出ても出会いがなくて、ネットで募集している人もいるくらいだ。

最近は旅に出ても出会いがなくて、全く面白くないと感じる人が多いとか。
出会いはあっても、面白い人と出会わなければ、退屈だったり、うんざりしたりするだけだが。
この時代の加宝に僕がいて、声がかかれば、パーティをしていたのはいいことだったろう。
出会いがなければ、海外旅行なんて面白くもおかしくもないんだからね。
今日僕は、昨日から今朝までの飲み続けで、くたーっとしていた。
ホテル加宝がいいのは、自分からは何の行動も起こさなくても、いろんな面白いことが起きること。
午後に一人旅の女子大生がやってきた。
アメリカ一周をするという計画。
ちょっと会って顔を見て、話をしたらすぐわかる。
彼女は、頭もいいし、育ちもいい。
僕にぴったりの女子大生さんだ。
さて彼女と僕の関係がどう発展するのか、しないのか。
それは続きをお楽しみに。

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上

world index [beach]

ホテル加宝物語 /加宝物語シーズン2 /「ホテル加宝物語第三部」


xxx