『インターネットができる前は、ロサンゼルスの日本人街でも、テレビやラジオ、新聞雑誌で英語を使っていたので、意味があったという話。』@ホテル加宝/ロサンゼルス(1989/10/20)

【僕の記憶はいつもここに戻る…ホテル加宝と4番街】
サンフランシスコ大地震(1989)の話題も過ぎ去った。
ロサンゼルスではたいした被害もなかったし(揺れたかどうかも記憶にない)。
毎朝の日本のニュース番組では、ちょっとの間取り上げられていたかな。
日本人観光客が炎上した建物の前で、ピースサインをして顰蹙を買ったという、日本発のニュースもあった。
これは、日本のフジテレビのニュースだったので、信用はできない。
だいたいアメリカ人や外国のメディアが、地震の後の日本人観光客の行動なんかを気にするはずがない。
僕は1987年から1990年にかけての僕の最初の世界一周旅行で、英字新聞を読み続けていたが、海外のメディアで、ほとんど日本のニュースを読んだことがない。
一つだけはっきり記憶にあるのは、「なだしお事件」だけだ。
日本がバブルの絶頂に向けて駆け上がっていた時期に、世界中の一般の人は、日本人や日本のことなんか、誰も気にしてなかった。
フジテレビに限らず、僕は、日本のニュース番組はほとんど信用していなかった。
僕が世界一周をしていた時、読むのは基本的に「International Herald Tribune」で、これは世界中で毎日発行される日刊英字新聞だ。
日本で買うとバカ高かったが、確か朝日新聞と提携してからは、内容が変化して(アサヒ化して)、信頼がおけず、読む意味もなくなった(涙)。
あと旅をしているときは、週刊誌の「NewsWeek」を見つけては買って、必ず読んでいたものだ。
その他にも、英語のペーパーバックを読み続けていた。
この時代が、僕の知的レベルは一番高かったのではないかな。
とにかく、日本のテレビは(朝のニュース以外)見なかったし。
部屋にはテレビがあって、(このころはテレビっ子だったので)いつもロサンゼルスのテレビを流していた。
午後6時から8時ごろまでは、各テレビ局で、クイズショーが多かった。
ホテル加宝宿泊者には、留学生崩れもいたし、自称東大中退という中年男もいたことがある。
僕は基本的に人を信用してないが、自分に害を及ぼさない限り、ウソを暴いたりはしない。
ある人が英語ができるかどうかは、一緒にテレビ番組を見ていれば自然とわかるものだ。
テレビニュースで画像付きで、英語ニュースが流れれば、英語がわからなくても、どういうことが起きたかはわかるしね。
それにしても、英語ニュースを見て、感想を語り合ったりするわけだから、英語を理解しているかどうかはわかる。
また、ゲームショーを見ているときは、正解を当てる競争をしたりする。
この状況ならば、アメリカに滞在してさえいれば、ある程度英語力が付くといえるだろうね。
ただ、今では世界中どこに滞在していても、インターネットの日本語環境で生活できるようになってしまった。
インターネットで、日本語で、世界中の情報が入るようになった。
日本と同じように、道に迷ったら、スマートフォンで地図検索してしまうらしい。
ロサンゼルスにいても、ネットで日本のニュースや音楽が日本と同じように入手できる。
こうなると、ロサンゼルスに滞在していても、英語に接することがなくても生活できるわけで、日本にいるのと同じだ。
日本人は、計画することだけは上手なので、旅を計画するときは、交通手段からホテル、現地のレストラン、現地のツアーまで予約する。
いまでは、現地の出会いまで計画し、予約しようとする(旅先で出会う人を募集して、会う約束をする)。
これだったら、お金のかかる海外旅行なんかに出ずに、日本で集まって、海外旅行のきれいなビデオでも見ていた方がいい。
エアコンの効いた部屋にいて、冷えたビールを飲んでいた方が、暑い中バックパックを背負って歩きまわるより、快適だよ。
まあ僕としては、ホテル加宝がなくなってからは、わざわざロサンゼルスに滞在する意味はなくなったわけだが。
時代も変わり、人も変わる。
僕はインターネットが世界中に広まる以前に、世界中を自分の足で歩いて、自分の目で見たということが、勲章かな。
英語の本を読み、フランス語とスペイン語の動詞変化を暗記した。
この日も、何人か集まって、モノポリーをして、水炊きパーティをしたと書いてある。
何人か集まって、鶏肉と野菜をお湯の中でぐつぐつ煮れば、安上がりだしね。
これだけでも加宝生活としては、満足できたわけだが、翌日、変わったことが起きた。
ロックンローラーの団体が、加宝にやってきたんだ(驚)。

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上

world index [beach]

ホテル加宝物語 /加宝物語シーズン2 /「ホテル加宝物語第三部」


xxx